化粧水はコットンでつける!? それとも手!? 肌を傷つけないためには… 冬の肌ケアpoint3 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. スキンケア
  4. 乾燥肌対策
  5. 化粧水はコットンでつける!? それとも手!? 肌を傷つけないためには… 冬の肌ケアpoint3

BEAUTY

2019.11.14

化粧水はコットンでつける!? それとも手!? 肌を傷つけないためには… 冬の肌ケアpoint3

敏感肌の人必見! 今回は、敏感肌向けの「冬のスペシャルスキンケア」の3つのポイントを紹介します。

効果を最大限に引き上げる♡ 3つの「冬のスペシャルスキンケア」

常に乾燥が気になる季節…。とくに、敏感肌の人にとっては辛い時期。筆者も敏感肌で悩みが尽きません。

そこで、今回、スキンケアブランド「Cure」に敏感肌向けの化粧水の効果を最大限の引き上げる「冬のスペシャルスキンケア」の3つのポイントを教えてもらいました。

◆POINT1「Tool」

肌を刺激から守るためにまず気を付けてほしいのが、化粧水をつけるツール。一般的にコットン、もしくは手で付ける人が多いですが、肌の傷つきやすい冬におすすめなのは、断然“”を使った方法がおすすめ。

(c)Shutterstock.com

刺激に肌が敏感になる季節は、コットンによる擦れなどもダメージの原因に。乾燥に加え、外敵刺激を与えてしまうことで、気になる赤みなどのトラブルが悪化する恐れもあります。また、手で化粧水を付けると、顔の凹凸にフィットしやすく、隅々までケアできます。

◆POINT2「Amount」

次に気を付けたいポイントは、つける化粧水の量。乾燥が気になるからこそ1度に大量の化粧水を使いがちですが、肌になじむ量には上限があります。そこでおすすめなのが、2度塗り

まずは、500円玉大を目安に満遍なく塗り、しっかりと肌になじませてから、同様の量を上から2度塗りします。そうすることで2層の膜となり、触ったときに柔らかく吸いつくような肌に。

◆POINT3「How To Attach」

仕上げにしてもらいたいのが、両手で顔全体を包み込む顔パック。キメの奥まで化粧水を浸透させるイメージで、ぬるま湯で軽く温めた両手で押し込みます。温めることで肌の浸透率を高めるイメージ。より一層化粧水が持つ効果を高めてくれますよ。

(c)Shutterstock.com

◆肌荒れ予防におすすめなのは… 2in1美容液&化粧水「モイストセラムローション」

肌をみずみずしく保つ「アラントイン(※)」が配合されている、2in1美容液&化粧水

7種類の植物性ひきしめ成分と天然セラミドで毛穴が気になる肌をキュッとひきしめ、ハリと潤いのある肌へ導いてくれます。セラミドは肌にもともと存在し、高い保湿・保護効果をもつ成分で、バリア機能が低下した乾燥敏感肌へアプローチ。

また、”ひきしめ”と聞くと、さっぱりしたイメージがありますが、とろみのあるテクスチャーが肌になじんで密着。天然セラミドや海洋性コラーゲン、ヒアルロン酸が肌の角質層までしっかり浸透し、潤いを与えることで肌を乾燥から守ります。

※細胞増殖作用があり、表皮組織を形成し、傷を治癒するため、やけどなどの手当てや湿疹などにも用いられます。乾燥などによって傷ついた肌を修復し、安定した状態にキープ。

モイストセラムローション
内容量:180ml
販売場所:全国のドラッグストア、バラエティーショップ、スーパーマーケットなど約2,000店舗
価格:2,500円(税抜)

乾燥しやすい季節だからこそ、「スペシャルスキンケア」をして肌の潤いを保ちましょう♡ 肌荒れを予防するために「モイストセラムローション」を使うのも手!

情報提供/Cure

TOP画/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.27

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature