Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. スイーツ
  5. 元銀行の金庫室で… カカオのフルコース!? 一体どんな体験? 全貌をレポート!

LIFESTYLE

2019.10.04

元銀行の金庫室で… カカオのフルコース!? 一体どんな体験? 全貌をレポート!

2018年1月、鎌倉発のアロマ生チョコレートブランド「ca ca o(カカオ)」を手掛けるジャーニーカンパニーがオープンさせた、新業態の「CHOCOLATE BANK(チョコレートバンク)」。こちらでは、『カカオ』が主役のコースを楽しめるんです。早速、レポートします。

チョコレートアドバイザー 西村裕子

カカオと向き合い、五感をフル活用して楽しむ!

「CHOCOLATE BANK(チョコレートバンク)」は、鎌倉駅西口すぐの御成通にある旧東日本銀行鎌倉支店跡地をリノベーションし、“チョコレートと魔法の世界へ”というコンセプトのもと、新たなチョコレート体験が楽しめるカカオ専門店。

CHOCOLATE BANK(チョコレートバンク) ガストロノミーレストラン「ROBB」

銀行跡地に店を構える「CHOCOLATE BANK(チョコレートバンク)」の中には金庫室として使われていた部屋があります。その金庫室内に2019年6月、ショップインショップとしてカカオが主役のフルコースが楽しめるガストロノミーレストラン「ROBB」がオープン!「ROBB」で楽しめるカカオフルコース体験についてご紹介します。

ガストロノミーレストラン「ROBB」

◆カカオの世界を体験

チョコレートは原料であるカカオから作られるわけですが、どのような工程を経てチョコレートになるんだろう? と興味をお持ちの方も多いはず。

「ROBB」では、まずコース料理に入る前にカカオからチョコレートになるまでの段階を味わい、より深くカカオの世界を知ることから始まります。

カカオ

右より:カカオ(発酵後に乾燥させたもの)、カカオニブ、ブリューイング(こちらのみハワイ産)、カカオパウダー、カカオバター、ビターチョコレート(サンタンデール産70%)

最初のカカオ豆は、発酵して乾燥させただけのもの。フレッシュな酸味がとっても印象的で、この状態のものを口にできるのはレア

次にローストして皮をむき砕いたカカオニブ、カカオ豆をニブにするときにでる外皮などのブリューイング、カカオ豆を粉末状にまでしたカカオパウダー、カカオの油脂分であるカカオバター、最後にカカオ分70%に仕上げられたチョコレートを味わいます。

「ca ca o」や「CHOCOLATE BANK」で使われるチョコレートは、コロンビアのカカオから作られ、新鮮なうちにクーベルチュールまで加工。コロンビアから日本に運び、さまざまな商品に使われています。なので、カカオ豆から味わうことができるのは、本当に特別なことなのです。

では、いよいよコースの始まりです! コースにはアルコールペアリングと、ノンアルコールのティーペアリングの2種から選ぶことができます。今回はティーペアリングでご紹介します。

◆湯葉のフライ、鰹節とブリューイングチョコと共に
ティー:京都一保堂のいり番茶

湯葉のフライ、鰹節とブリューイングチョコと共に/ティー:京都一保堂のいり番茶

まずサーブされた一保堂の煎り番茶のスモーキーな香りに驚き! 味わってさらに驚き! 何ともパンチの効いたお茶。カカオバターで揚げた乾燥ゆばに鰹節とブリューイング、塩をトッピングした1品目は、香ばしさと食感が楽しめる一品。

あんなにパンチの効いたインパクトある味わいのお茶が、料理を食べた後に飲むと、まるで違うお茶のようにマイルドな味わいになるから不思議。

◆鎌倉野菜のサラダ、カカオビネガードレッシング
ティー:さんぴん茶

鎌倉野菜のサラダ、カカオビネガードレッシング/ティー:さんぴん茶

オレンジ色のズッキーニ、ビーツ、紅芯大根、紅くるり大根など、旬の鎌倉野菜をふんだんに使った色とりどりのサラダには、カカオの果汁を贅沢に使用したカカオビネガー、オレンジピール、パルメザンチーズを合わせたドレッシングでいただきます。

野菜の味わいを引き立てる風味豊かなドレッシングと、カカオニブ入りのキャラメルチュイールがアクセントになった一品。

◆マッシュルームとベーコンのグリル、チョコレートバルサミコソース
ティー:カカオティー

マッシュルームとベーコンのグリル、チョコレートバルサミコソース/ティー:カカオティー

オーブンで焼いたジャンボマッシュルームに、黒にんにくのペーストを塗り、バルサミコ酢入りのチョコレートソースをかけたスモークベーコンが添えられた一品。

マッシュルームとベーコンのグリル、チョコレートバルサミコソース

絶妙な火加減でローストされ水分が閉じ込められたマッシュルームは、カットするとジュワリと溢れ出すジューシーさにニンマリ。口の中いっぱいに森や秋の風味を感じられます。それぞれ個性の強い素材が集まっているのに、どれと組み合わせて食べても美味しいし、カカオティーを飲むとフルーティーな後味にまとまるのがスゴイ!

◆焼きクレープ、カカオニブアイスと黒胡椒をのせて
ティー:カカオティー

焼きクレープ、カカオニブアイスと黒胡椒をのせて/ティー:カカオティー

カカオバターで焼いたもっちり食感のクレープに自家製ニブバニラアイスを添えた一品は、黒コショウのピリっとしたスパイスがアクセント。

◆黒のフォンダンショコラ
ティー:星野製茶園 玉露ほうじ茶

◆緑のチョコレートティラミス
ティー:星野製茶園 白折

黒のフォンダンショコラ/ティー:星野製茶園 玉露ほうじ茶 緑のチョコレートティラミス/ティー:星野製茶園 白折

デザートは2品用意されており、お好みの方を選びます

黒のフォンダンショコラ

コース料理の前に味見したサンタンデール産70%のビターチョコレートを使った「黒のフォンダンショコラ」は、生地の表面だけが焼き上がるギリギリの時間しか火を通さないため、ナイフを入れるとトロトロと溢れ出すチョコレートに歓喜! 添えられた山椒入りのライムソースとホワイトチョコソースで味の変化も楽しめます。

緑のチョコレートティラミス

抹茶スポンジの上に、シロップ、抹茶&ホワイトチョコのガナッシュ、マスカルポーネクリーム、抹茶クリームを重ね、乾燥メレンゲと抹茶をトッピングした「緑のチョコレートティラミス」は、口に入れた瞬間に消えてなくなるフワフワのクリームにビックリ!

表面に飾られたサクサクほろほろ食感のメレンゲとクリームの相性も絶妙! ホワイトチョコレートが苦手という方にぜひ食べていただきたいと思うほど、口当たりの軽さと口の中に残る香り豊かな余韻にずっと浸っていたい美味しさ。いずれのデザートも「ROBB」でしか味わえないスペシャルスイーツですよ。

鎌倉産の野菜やベーコンなどの素材や和洋のスパイスを掛け合わせたカカオのフルコース、いかがでしたか? いずれもカカオと向き合い五感をフル活用して楽しめるものばかり! このような形でカカオジャーニーが楽しめるレストランは初めてです。

『一体どんな味わいがするんだろう?』『いろいろなカカオの味わいを知りたい!』『チョコレートの奥深さを体感してみたい』と思った方、ぜひ「ROBB」で新しいカカオの可能性を体感してみて!

ROBB(ロブ)
所在地:神奈川県鎌倉市御成町11-8 CHOCOLATE BANK内
営業時間:1日2枠完全予約制(11:00スタート/13:00スタート)
コース:Cacao Course + Tea Pairing 5,000円(税別)/Cacao Course + Alcohol Pairing 6,500円(税別)
定休日:月曜・火曜
URL
※ご紹介したコース内容は2019年10月4日より提供されているものです。時期によって内容は変わります。

チョコレートアドバイザー 西村裕子

学生時代からアルバイトで稼いだお金で、海外ブランドの菓子類につぎ込むなど、ショコラ愛好歴は20年以上。2011年よりチョコレートに関する情報ブログを運営。

2014年、チョコレート鑑定家クロエ・ドゥートレ・ルーセル氏が講師をつとめた、日本コネスール デュ ショコラ協会認定のシニアアドバイザー(チョコレートアドバイザー)の資格を取得。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.22

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature