Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. 【カナール島】ニューカレドニアの無人島で気ままな大人のバカンス

LIFESTYLE

2019.09.09

【カナール島】ニューカレドニアの無人島で気ままな大人のバカンス

旅好きOggi読者モデルの松田涼華さんが、仕事の疲れを癒しに選んだ旅先はニューカレドニア! 松田さんが詳しく、その魅力や情報をお届けします。

オッジェンヌ 松田涼華

ニューカレドニア|カナール島

私がヌメアで宿泊したホテルは、シトロン湾とアンスバタ湾の間に位置するオーシャンビューのホテル。

朝起きてベランダへ出ると、向こうに見える小さな島。カナール島という島で、アンスバタビーチから出ているタクシーボートでたったの5分で行けると聞いて遊びに行ってきました!(ボート往復1250XPF)

予約不要でその日の気分でふらっと気軽に行けるアクセスの良さと安さが魅力! のんびり気まぐれ旅行にちょうど良い~! 天候に左右されるビーチリゾートへ行くときは、ガチガチに予定を決めないほうが、ストレスフリーで楽しめます♪ さっそく水着に着替えて、ビーチタオルとシュノーケルセット、ランチだけ持ってGO! こちらがアンスバタ湾の全体図。地図右上がカナール島です。

ボート乗り場は、【1】プラージュロワジール(地図左下)と、【2】コリンエクスカーション(地図右下)の2か所。

プラージュロワジールは、メラネシアの伝統的な屋根飾りが目印。特徴的なデザインはニューカレドニアの国旗にも描かれています。

カナール島は小さな小さな無人島。島の中央に広々したレストラン、パラソルとビーチチェアがあるのみで、とっても静か。優雅に読書やお昼寝をしたい人にオススメです。

島に着いたら、さっそくレストランのバーカウンターでビーチチェアをレンタル(1600XPF)地ビールのマンタビールやナンバーワンもオーダーして、海を眺めながら飲むのもいいですね~。私はシュノーケルを全力で楽しむためアルコールは我慢。

ヌメアからボートでたった5分離れただけでこの透明度!! 浅瀬に珊瑚がいるので、沖へ行かなくても色鮮やかな魚がたくさん見れました。もう、水族館並みにお魚天国です!! 波がない穏やかなビーチなので波酔いもしないし、小さな子どもでも楽しめます。

シュノーケルってどう楽しめばいいのか分からないという人は、ブイに沿って泳いでみてください。このカナール島にはシュノーケルコースがあり、シュノーケルスポットをまわれるようになっています。シュノーケルセットはレンタルできるので、ぜひ海の世界を覗いてみてください♪

※浜辺も水中も珊瑚だらけなのでマリンシューズは必須!

泳ぎ疲れた体には塩のきいたおにぎりが食べたくなるはず! と日本からお米を持参しました。ホテルで炊いたおにぎりに韓国のりを巻いていただきました。

海がしょっぱかったから塩なしでもよかったかも(笑)。

大きな屋根のある解放感抜群のレストランでは、サンドイッチ、ハンバーガー、ポテトなどの軽食のほか、ニース風サラダとフランスパンに冷えたワインなんてプチフランスな大人なランチも楽しめます。

リゾート開発されてないニューカレドニアのなかでもバカンス気分を味わえる、そんなカナール島でした♪

↑トイレは水洗ではなく、トイレットペーパー持参推奨。

オッジェンヌ 松田涼華

Oggi専属読者モデル〝オッジェンヌ〟の3期生。金融関連会社に勤めながら、休日は旅行やスポーツなど、アクティブに過ごしている。長期休みのたびに計画を練って旅をするのが趣味。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.11.21

編集部のおすすめ Recommended

Oggi12月号 P183に掲載のバナナ・リパブリックのコートの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥25,818 →(正)¥27,637

Oggi12月号 P242に掲載のイレーヴのジャケットの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥66,000 →(正)¥72,000

Feature