【シミ対策の化粧水】は成分にも注目! 美白有効成分やビタミンC誘導体の特性を知ってシミを防ごう | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. スキンケア
  4. シミ対策
  5. 【シミ対策の化粧水】は成分にも注目! 美白有効成分やビタミンC誘導体の特性を知ってシミを防ごう

BEAUTY

2021.08.07

【シミ対策の化粧水】は成分にも注目! 美白有効成分やビタミンC誘導体の特性を知ってシミを防ごう

紫外線が気になる季節は、夏だけじゃなく実は一年中! だからこそ、シミ予防の化粧品に含まれる有効成分のことをちゃんと知って、自分に合ったものを選ぶことが大切。今回は美白有効成分ごとにおすすめの化粧水を紹介します。

【目次】
シミ対策におすすめの化粧水の選び方
【美白有効成分】で選ぶシミ対策の化粧水
【ビタミンC誘導体】で選ぶシミ予防の化粧水
最後に

シミ対策におすすめの化粧水の選び方

シミの原因といえば、最初に思い描くのは紫外線ダメージ。実はそのほかにも、乾燥やストレス、ゴシゴシこするなど、肌への刺激がメラニンの生成につながります。実力派の化粧水は高保湿なだけでなく、美白ケア効果が高いものもあるので、シミ予防につながる成分が入っているものを選びましょう。

・メラニン生成を防ぐ美白成分入りのものを選ぶ
・本気でシミ対策するならライン使いも検討を

【美白有効成分】で選ぶシミ対策の化粧水

シミ対策に効果的な美白化粧水ですが、その効果は実にさまざま。メラニン生成を初期の段階から防ぐタイプの美白成分、過剰なメラニンの生成を抑制したり、シミを排出する効果など、成分によってアプローチも変わります。ここでは、美白有効成分のタイプ別におすすめの美白化粧水を紹介します。

【1】PCE-DP(ピース ディーピー)

・10年ぶりに新たに承認された、ポーラ独自の美白有効成分。
・表皮細胞でのエネルギー産生が高まり、メラニンを蓄積にくい肌に。

PCE-DP(ピース ディーピー)

▲ポーラ|ホワイトショット LX[医薬部外品]150ml

くすみ肌をクリアな肌に整える美白ローション。とろみのあるテクスチャーで、しっとり保湿も叶えてくれる。

美白もエイジングケアも叶える名品【化粧水】

【2】アルブチン

・シミ予防に効果的な美白有効成分。
・メラニンを生成するチロシナーゼを阻害して、過剰なメラニンの生成を防ぐ。

アルブチン

▲富士フイルム|アスタリフト ホワイト ブライトローション[医薬部外品]130ml

ナノ化した美肌成分と保湿成分が、肌奥のくすみを取り去り輝きを放つ肌に。真皮のくすみを引き起こすといわれる〝アルデヒド〟の分解酵素に着目。

え! まさかの通勤焼け?【シミ・くすみ問題】30代は過去ジミも深刻

【3】4MSK(ヨンエムエスケイ)

・サリチル酸の誘導体、「4-メトキシサリチル酸カリウム塩」の略称。
・メラニンの生成を抑えるだけでなく、溜まったメラニンを排出する効果もあり。

4MSK(ヨンエムエスケイ)

▲(右)資生堂 エリクシール ホワイト|クリアローション T Ⅱ [医薬部外品]170ml

透明感だけでなく、気になるハリ不足もまとめて解消してくれる美白化粧水。内側から輝くような肌に整えて、光を均一に拡散してシミを目立たなくしてくれる。

美容のプロ2名がおすすめする「本当に効く」アイテムとは?【30歳からの美白コスメ】

【4】トラネキサム酸

・アミノ酸のひとつで、炎症によるシミにアプローチ。
・美容皮膚科のシミのケアでも使われる有効成分。

トラネキサム酸

▲(左)アイビー化粧品|リ ホワイト クリアアップ ローション[医薬部外品]200ml

外的ストレスを受けた肌をリペアして、本来の美しさを引き出す化粧水。肌なじみよく、さっぱりした使い心地で、輝くような透明感のある肌に。

期待度大の医薬部外品【美白】コスメ! 肌本来の美しさをサポートして輝く肌へ

【5】プラセンタエキス

・プラセンタエキスとは、動物の胎盤から抽出された美白有効成分。
・メラニンの生成を抑制してシミを予防するほか、肌の代謝を高めてくれる。

プラセンタエキス

▲大正製薬|アドライズ アクティブローション[医薬部外品]120ml

乾燥シミやくすみに効果的な保湿&美白効果の薬用ローション。さらにアミノ酸、セラミドも入って、しっとり感が長続き。プラセンタエキスがメラニン生成を抑制して、透明感のある“澄み肌”に。

お値段以上の口コミ化粧水! 大正製薬【薬用ローション】で保湿&美白ケア|オフィス美人化作戦

【ビタミンC誘導体】で選ぶシミ予防の化粧水

美白有効成分のひとつでもあるビタミンC誘導体。肌をみずみずしくハリのある肌に整えたり、シミだけでなく肌悩みがある人にとってうれしい成分を配合しています。ここでは、その中でもメラニン生成を抑える効果のある化粧水を集めました。

【1】特製の異なる2つのビタミンCを配合

特製の異なる2つのビタミンCを配合

▲オルビス|アクアフォースホワイト ローション M[医薬部外品]180ml

紫外線を浴びる前に使いたい美白化粧水。速攻性×持続性の異なるビタミンC誘導体が、肌の中でビタミンCのブースト効果を発揮。つけた瞬間から肌の奥へと浸透し、美白をサポート。

U¥3,000の夏ベスコス|プロが推すコスパ優秀【スキンケア】ランキング

【2】アクティブビタミンCで新たなシミの発生を防ぐ

アクティブビタミンCで新たなシミの発生を防ぐ

▲(右)ファンケル|ホワイトニング 化粧液Ⅱ しっとり[医薬部外品]30ml

メラニンが蓄積するのを防ぐ薬用美白化粧水。独自成分のアクティブビタミンCが、酸化しやすいビタミンCを肌の奥までしっかり届けて、みずみずしい肌に整えながら頑固なシミをケア。

【3】肌の透明感をアップしてシミをブロック

肌の透明感をアップしてシミをブロック

▲(右)カネボウ化粧品 DEW|ブライトニングローション しっとり[医薬部外品]150ml

ビタミンC誘導体の一種、L-アスコルビン酸 2-グルコシドでメラニンの生成を抑える美白化粧水。たっぷりの潤い感でハリも取り戻し、肌表面の光の反射をコントロールして透明感をアップ。

【4】毛穴にたまりやすいメラニンをケア

毛穴にたまりやすいメラニンをケア

▲(右)コーセー プレディア プティメール|ミネラルコンク ローション ホワイト[医薬部外品]170ml

毛穴の入り口はメラニンがたまりやすいことに着目した美白化粧水。ビタミンC誘導体と海洋深層水が、なめらかで清潔感のある肌に。ビタミンC誘導体は、L-アスコルビン酸2-グルコシドを配合。

美容のプロ2名がおすすめする「本当に効く」アイテムとは?【30歳からの美白コスメ】

最後に

今回は肌の状態や成分の働きから、シミに効果的な化粧水を紹介しました。シミは放っておくとますます色が濃くなるので、気になり始めたら化粧水の段階からメラニン生成を抑えるものを選ぶのがおすすめです。今まで美白ケアに本腰を入れてなかった人も、できてしまったシミに悩む人も、ぜひ早めのケアを!


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.17

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature