Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. 白コーデ
  4. スタイリストの技に学ぶ白の着こなし【ホワイトワントーンコーデのルール】

FASHION

2018.01.18

スタイリストの技に学ぶ白の着こなし【ホワイトワントーンコーデのルール】

どの季節よりも白の着こなしに憧れる冬。ニュアンスある白のワントーンの着こなしって素敵ですよね。うまく行くコツは「ニュアンスカラーの差し色」を丁寧に組み合わせることにありました! スタイリスト高橋リタさんが教える白スタイルの作り方をマスターして憧れのスタイルを自分のものにしましょう!

ルール|ニュアンスカラーの差し色で繊細グラデーションをつくる

目指すのはこのスタイル!

目指すスタイル

「ホワイトワントーン」にニュアンスカラーを加えるなら、まずは小物で、というのも手。今回は足元でニュアンスカラーを取り入れます。

特に白のスカートの場合、黒やグレーのタイツではコントラストが強すぎに。そこで、グレージュのラメ入りソックスで全身ホワイトに抜け感や今っぽさ、ニュアンスを加えつつ、春の先取り感までクリアしようと考えました。

基本アイテムはボックスプリーツ白スカート!

ボックスプリーツ白スカート

ふんわりフレアやタイトだと、白ゆえにややフェミニンすぎるかも。そこでトラッドなムードを感じさせるAラインのボックスプリーツスカートを選択。ウールツイル素材もほどよくカジュアル。

■STEP1|ふっくらボリュームのタートルを合わせて、冬のリッチカジュアルに方向づける

ふっくらボリュームのタートル

タートルのボリューム感が魅力のニットは、今回の軸になるスカートのトラッドな魅力を引き立てつつ、今季らしさを表現。しなやかでふくらみのある素材感が、シンプルさにリッチ感やさりげない女らしさを宿してくれます。

【other choice♪】オイスター色のタートルなら凛とした印象に

オイスター色のタートル

ほんのり影色をおびたオイスター色のニットなら、白の分量が減るぶん締まって見えるので、シャープな方向にシフト。オールホワイト初心者にもトライしやすい。ニット¥29,000(スローン〈スローン〉)

■STEP2|肌なじみのいいグレージュのラメ入りソックスでニュアンスカラーを投入

グレージュのラメ入りソックス

白のクリーンさを生かし、奥行きをもたらすグレージュのソックス。ラメ入りならより肌色になじみ、旬度もアップ。足元は辛口なスエードサンダルを。少量のモードな黒で引き締めつつ、トラッドなスカート&ニットのはずしに。

【other choice♪】モードな黒ヒール合わせでコンサバ感を払拭

モードな黒ヒール

きれいめシンプル靴より少しだけモードなさじ加減が欲しいので、上のサンダルのほかこんなチャンキーヒールの黒パンプスもおすすめ。艶めいたベロア素材が品格をキープ。靴¥33,000(FUN Inc.〈CHEMBUR〉)

■STEP3|バッグをプラスして全身の配色&甘辛バランスを最終調整し、着こなしの精度をアップ!

バッグをプラス

『相反するものをミックスする』のがスタイリングのカギ。今回は足元が女っぽいので、端正でメンズライクなコートやニュアンスカラーのバッグで仕上げるのが正解。甘すぎないようバランスと配色をコントロールします。バッグはソックスと同じ色味を厳選し、効かせる差し色ではなく「白の着こなしにニュアンスを添えるための差し色」としての機能を補強しつつ、全身の統一感をアップ。

さらにニュアンスを与える使えるテクニック

「ティファニー」のピンクゴールドジュエリー

肌になじんで華を添える〝ティファニー〟のピンクゴールドジュエリー

クリーミーであたたかみのあるトーンの白と着る人の肌色に〝ティファニー〟のピンクゴールドが優しくなじんでくれます。

Finish★ニュアンスホワイトワントーンコーデの完成!

ニュアンスホワイトワントーンコーデ

トラッド&ベーシックなアイテムの組み合わせなのに、「ホワイトワントーン」で仕上げれば、こんなに今っぽく新鮮! 小物でニュアンスカラーを差すぶん、服は白のトーンを統一してノイズをなくすのが、完成度の高さのポイント。

コート¥79,000(Theory luxe〈Theory luxe〉) ニット¥27,000(ビームス ハウス 丸の内〈エーケー ワン バイ エッフェ ビームス〉) スカート¥56,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) リング¥565,000・バングル[ひじ側]¥1,560,000・バングル[手首側]¥920,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉) バッグ¥169,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) ソックス¥1,000(Tabio〈タビオ〉) 靴¥95,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉)

Oggi最新号の試し読みはこちら

Oggi2月号「この冬こそ、『ホワイトトーン』にデビューする」より
撮影/白川青史(モデル)、佐藤 彩(静物) スタイリスト/髙橋リタ ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/矢野未希子(Oggi専属) 構成/須藤由美
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.08.22

編集部のおすすめ Recommended

6月28日に発売したOggi8月号P.100掲載の“Teva”のサンダルのライン名に誤りがありました。正しくは「ミッドフォーム ユニバーサル」です。お詫びして訂正いたします。

Feature