Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. ジャニーズ
  5. 【ジャニーズWEST】「令和を盛り上げるグループに」デビュー5周年記念イベント囲み記者会見全文レポート

LIFESTYLE

2019.04.25

【ジャニーズWEST】「令和を盛り上げるグループに」デビュー5周年記念イベント囲み記者会見全文レポート

4月23日にデビュー5周年を迎えたジャニーズWEST。ファンを招待し開催された記念イベント「ジャニーズWEST 5周年やねん♪ よろしゅうねん♪」にOggiも潜入。爆笑に包まれた記者会見の様子を全文&ディテールまで細か〜くお届けします♡

【ジャニーズWEST】デビュー5周年記念イベント囲み記者会見全文レポート

4月23日にデビュー5周年を迎えた大人気アイドルグループ・ジャニーズWEST。同日、品川ステラボールで開催された1日限りのイベント「ジャニーズWEST 5周年やねん♪ よろしゅうねん♪」。イベント前に行われた囲み記者会見の様子を全文&ディテールまでどこよりも細か〜く! 完全レポートします♡

まずはフォトセッションから行われた記者会見。今、話題のジャニーズWESTがデビュー5周年を迎えるとあって、報道陣は会見場に収まりきらないほどの超満員…!

あまりの報道陣の数にジャニーズWESTのメンバーも少々、緊張気味です。入ってくるなり、先日放送され話題になった『しゃべくり007』でのキャッチフレーズを用いて「どうも! 崖っぷちアイドルでーす!」と報道陣を笑わせる、最年長・中間淳太さん。(この後、Oggiスタッフを見つけて笑顔で頷く中間さん。兄さん、さすがです…!)

フォトセッション中も「すごいわ、(報道陣が)こんなにギッチギチで!(桐山照史)」、「うれしいね(中間淳太)」「すごい…(藤井流星)」「ドキドキする(濵田崇裕)」と喜びに満ち溢れた様子のメンバー。あまりのフラッシュの多さに「ほんまにすごいな(神山智洋)」、「こんなん初めてや(重岡大毅)」、「記念や! 楽しんどこ!(桐山照史)」「ありがとうございます!(小瀧 望)」と緊張しつつもおめでたい日を楽しんでいる様子。

続いて行われた囲み記者会見。喜びを噛み締めながら、5年間の思いを語ってくれました。

―(レポーター)5周年おめでとうございます!

全員:ありがとうございます!

実感はありますか?

濵田:あっという間ですね。

小瀧:ほんまやね。

神山:もう、こんな経ったんかって思います。

重岡:(デビューからのこの5年は)早かったイメージはあるかもしれないですね。

藤井:それこそデビュー組の後輩ができたんが最近じゃないですか? キンプリ(King&Prince)が出てきたのが。だから、僕らは「デビュー組の一番後輩」という期間が長かったので、今5年経ってほんまにびっくりしてます。「あ、もう5年!?」って。(うんうんと頷くメンバーたち)

―ずっと新人感覚だったんですか?

藤井:そうですね、やっぱり。

神山:そら、もちろんそうですよ。

桐山:ありましたよ〜カウントダウンコンサートとか出させてもらった時に一番端のところに衣装があるのがWESTですから。

重岡:そうそう。

中間:(関ジャニ∞の)横山くんに至っては「WESTは国民の後輩やろ」って言ってくださいましたよ。

メンバー:おー!! ありがたい。

―おーいい表現ですね。

小瀧:そういうフレーズをつけていただけるとありがたいですよね。

神山:ありがたいね。

―でも後輩ができちゃったんですよね?

小瀧:そうやねー! (おどけて)ちょっとやりづらいっすよね(笑)

メンバー:笑い

桐山:勢いあるからね!

藤井:勢いある後輩が…!

桐山:勢いあるからな。でも(後輩がいることで)頑張ろうと思えますよね。それこそ、キンプリだけじゃなくて関西Jr.もね、Aぇ!groupとか、なにわ男子とか。他もいっぱいできてますから。俺らも頑張らなと思いますね。

メンバー:うんうん。

濵田:ほんまやな。

―5年振り返ってみて印象的なことはありますか?

神山:印象的なことはいっぱいありますけどね。色々やらしてもらったし。

中間:京セラドームのライブはみんなにとって大きかったんじゃないかな。

メンバー:あー!

中間:まさか3年目でやらしてもらえると思わなかったから。

―12月にね。

中間:そうですね、クリスマスに。やっぱり地元の京セラドームでできたっていうのがすごく大きかったですね。

桐山:そうやな。

重岡:大きかったねー! あれは大きかった。

桐山:この真ん中4人(小瀧・重岡・藤井・神山)は(関西Jr.時代)弟組だったのがジャニーズWESTになって呼び方が変わったんですけど、あれはちょっとした差やったと思うで。

藤井:いやーそうやね。

桐山:最初は(中間・桐山・濵田の年上組を呼ぶ時)みんな君付けやったやん?

神山:そうやねー。

藤井:照史くん、淳太くん、濵田くんってね。

メンバー:(頷きながら)そうそう。

重岡:そうやなー。

桐山:どこから変わった?

小瀧:えー?

桐山:小瀧からかな?

藤井:多分、小瀧。

小瀧:でも最初、濵ちゃんかな。濵ちゃんって言いやすいんです、(隣でニコニコしている濵田を見ながら)こんな感じなんで!

桐山:そんな空気感があるからね。

小瀧:グループとして、結構1年目とかは濃厚な時間というか。ホテルでも仕事でもごはんでもずーっと(メンバーと)一緒にいたんで自然と打ち解けていったんでしょうね。

藤井:そうやな〜。

桐山:徐々にな。覚えてるよ、「照史」、「淳太」になった時のこと。「照史!」って言ってちょっと目で確認する感じ(と横目で見る動作を再現)

メンバー:笑い

小瀧:ありました、ありました! 親しき仲にも礼儀ありなんでね。

重岡:あったな〜。

桐山:それは、グループとして一緒(の並び)になってくれたんやなって思いました。変な一線がなくなったというか、壁が壊れた感じがしました。お兄ちゃん組は嬉しかったですけどね。

濵田・中間:うんうん。

―淳太くんは?

中間:うれしかったです! 感覚的に同世代やと思ってるので、年の差をデビューしてからあんまり感じたことがないですね、おかげで。

藤井:年上組が心広かったっすね。

神山:そうそう。

藤井:最初はふざけて、いじりとして呼び捨てにしてたんですよ。

中間:うんうん。

藤井:「淳太!」とか言ったら、「お前なんで呼び捨てやねん」みたいな感じから、呼び捨てになっていったんですよ。

中間:そうですね。

重岡くんなんか特にそうですよね?

重岡:そうっすねー! 結構Jr.の時から中間はイケるなって思ってました!

中間:中間って! 年上やぞ!

メンバー:爆笑

桐山:せめて下の名前で呼んで!

小瀧:冷たいから、中間って(笑)

重岡:ほんまに優しいっすよ。先輩のこの3人がWESTの最初の空気づくりっていうのをしてくれたから、それはひとつ印象的な出来事ではあったと思いますね。

藤井:うんうん。

―この5年間で一番成長というか、変化した人は誰でしょうか?

中間:変化か、誰やろ?

桐山:誰やろな。

重岡:この5年経ったタイミングでデビュー当時の記事だったりとか映像を見ることが多くて。

濵田:そうやな。

重岡:意外と神ちゃんとか。

中間:そうやな、見た目が結構変わったね。

神山:そうですね、(当時は)髪の毛も伸ばしっぱなしでなんか毛量も多くて。

重岡:ハハハ

神山:そうなんですよ。写真見た感じ、「あーまだあか抜けてないな」っていうのが強かったです。

小瀧:ちょっと綺麗なジャガイモみたいな感じやったもんな。

メンバー:爆笑

桐山:ちょっと待って、なんて?(笑)

重岡:メークインやね。

神山:メークインみたいなんな。

藤井:でも本当にな今と昔の写真比べたらな。

神山:比べたら自分でも全然顔が違うなと思います。

桐山:あか抜けたな。

藤井:逆に若くなってるんすよ。

小瀧:めちゃめちゃ若くなってる。

―そうかもしれないですね。でも髪の毛の色は毎回違いますけどね。

神山:そうですね、結構。なんかリリースするタイミングとかライブするタイミングではいろんな色に染めたりはしてますね。

重岡:今は落ち着いてる方やもんね。

神山:そう。(今は)金髪なんで、(奇抜な)色で染めてたのを金髪に戻すじゃないですか? そしたら、メンバー誰も反応しないんですよ。だからもうそれで定着しちゃってんねやっていう。流星に至っては俺の方向かって「あれ? なんか…あれ? なんかちが…ん?(秀逸なモノマネ)」みたいな感じなんすよ。気づかないんです!

藤井:ハハ。なんか変わってることはわかるんですけど。

神山:そう、変わってることはわかるねんな。けど、「お?」みたいな感じ。

藤井:なんか変わった?っていう…

桐山:見た目だけじゃないよ、神ちゃんに至ってはやっぱりこうね、楽曲を提供してくれたり、振りをつけてくれたり。中身まで変わってるのはすごいっすよね。

小瀧:関西Jr.に提供したもんな?

神山:そうですね、今年の春は関西Jr.にも(提供)させていただきましたね。いい勉強になりました、ほんまに。刺激ももらいましたし。

桐山:すごいよ。

―じゃあ見た目的に一番変わらないのは?

神山:両サイド!(中間と桐山)

藤井:両サイドな!

小瀧:両サイド全然変わらへん!

重岡:いや、ほんまやな。

中間:もともとデビューしたのが26歳とかやったんでもう出来上がってたんですよ、(大人としての)見た目は。だからあんまり変わることはなかったかな。

神山:そうやな。

重岡:照史なんか生まれた時からこんな感じやったよな?

メンバー:頷きながら爆笑

桐山:誰がや!(笑)

重岡:いや、ほんまに! 小学生の時から顔変わってなくない!?

桐山:お父さんが誕生日やからちょっと物を作ろうと思って昔の写真ちょうだいって言ったら今の俺の顔(にそっくりな写真)が送られてきためっちゃ似てたんですよ。

濵田:めっちゃ似てた! びっくりした!

―じゃあ(桐山さんは)これからも変わらないってことですね?

桐山:まぁ、そうですね。変わらずに居たいですけどね、ルックスは。

メンバー:うんうん。

ジャニーズWEST

―WESTとしてはどうですか? デビュー当時からずいぶん変わったなと思うことは?

桐山:グループとして?

重岡:(メンバーを見渡しながら)変わってます?

藤井:グループとしてかぁ。

小瀧:えーどうやろう。

濵田:変わってる?

藤井:関係性はもちろん変わってますもんね、呼び捨てやったり。

神山:あとなんやろうね?

桐山:でもまあ色々とやらしてもらったり、お笑いをやらさせていただいてる部分は変わってないですね。

中間:ファンとの関係性は本当に変わりましたね。ライブで一緒に踊ってくれるようになって、声を出してくれたりとか。どのグループよりも一番やなと思いますし。

桐山:そうやなあ。

藤井:今年からツアーの開演前にファンの子が歌ってくれてるんですよ、BGMで僕たちの曲が流れてるのに合わせて大合唱してくれてて。そういう光景は他のグループのライブでも見たことないですし、僕たちも初めての光景で。それを濵ちゃんが…(と濵田を覗き込む)

濵田:…ん?

藤井:あれ? 寝てた?

濵田:寝てない(笑)。

小瀧:ずっと気張ってたからな。

桐山:出番ですよ!

濵田:ごめん、ごめん!

藤井:その歌ってくれてるファンの子たちの行動に、濵ちゃんが名前をつけたんですよ。

―なんてつけたんですか?

濵田:ジャスミングアップ!

―あー。

メンバー:(レポーターの微妙な反応に)爆笑

神山:まあまあ。

濵田:気に入らないっすか?(笑)

―いやいや!

小瀧:思ったより普通やな!って?(笑)

―なるほどね。

重岡:まあ自由に。

濵田:ジャス民っていうファンの人たちの名称があるんですけども、それが(ライブに備えて)アップしているという。ウォーミングアップ=ジャスミングアップ。以上です!

メンバー:笑い

―聞こえてるんですね? 楽屋まで

メンバー:聞こえてます!

神山:聞こえてますよ!

藤井:めちゃくちゃ聞こえてます。

桐山:テンション上がりますね。

―すごい歌ってるから、あれは感動しますね!

中間:感動しますね!

―今日はそのファンの皆さんとのイベントです。こだわりがあるんですよね? 5?

中間:そうです、だからスタート時間も5:55から始まって、コントも披露するんですけど、5にまつわる内容のコントになってますし、5都市で見られるライブビューイング。

―なるほど!

中間:(ライブビューイングは)ジャニーズWESTとしては初です。

濵田:やったー!

中間:うれしいな。全部5にかけて。

濵田:ほんまや。

―コントは誰が中心になって考えたんですか?

桐山:関西Jr.の時から携わってくださってる作家さんとも話し合って一緒に決めましたね。

小瀧:あんまりやったことない種類の笑いです。

桐山:そうやな! 今までは体を使ってワーッてやってましたけど今回はちょっとシュールに。

小瀧:そうやな。

中間:そうですね、ライブビューイングで映画館で見てくださってる方もたくさんいるので画面に収まりやすいコントを意識して。

メンバー:うんうん。そうやな。

中間:僕らも反応が見られないじゃないですか、各会場の(ライブビューングで各地にいるお客さんの)。だから映画館がどうなってるかすごい気になりますね。

神山:いや、わからんよな。

小瀧:札幌、めちゃ滑ってたでとか。

藤井:ねー。

中間:ポップコーン食べる音が響き渡るくらいの感じやったらマジで怖いな。

桐山:そこだけ心配ですね。

藤井:頑張るしか。

女装とかもなしですか?

中間・桐山:なし!

藤井:オープニングがデビュー発表をオマージュしてるんです。日生劇場でのデビュー発表の時の感じを完全に。まあ完全ではなく、今風にやってますけど、オマージュされてるので、そこもファンの方的にはグッと来てもらえるかなっていう。

―オープニングから号泣って感じでは?

メンバー:いや、まあどうですかねー。

小瀧:5年前の2月5日、デビューを発表した時のそれをもう一回するので。

藤井:フラッシュバックしたよな。

小瀧:僕たちもさっきリハーサルを終えて。フラッシュバックしましたね。そんときの舞台裏の空気感とか照明の感じがもう再現されすぎてて。なんか改めて初々しい気持ちになったというか。スタートを思い出しましたね。

―初心にかえるみたいな?

小瀧:初心にかえりましたね。

神山:衣装もその当時の衣装をまた着ているので。

藤井:サイズ感も変わっているのでそれぞれ大きくしたりしましたけど。

―誰が一番大きくしたんですか?

中間:重岡です! パツパツやったんです。

―意外ですね。

桐山:意外でしょ?

重岡:プラス僕何センチかな。

濵田:何センチくらい?

桐山:結構あげてたで? 今日も最後、採寸ちょっとあげてたで。この筋肉回り大きくなってたから。

神山:胸囲な。

重岡:そうなんすよ。体つき変わってきたので。

桐山:そうそうそう。

―桐山くんは?

桐山:あっ僕? もともと大きかったので!

中間:キープオンね!

桐山:キープオン! ゆとりもってつくってますんで。

濵田:OK! OK! キープオン!(拍手しながら)

重岡:フーフー!(拍手)

桐山:現状維持!

重岡:ゆとりもってつくってんねや!(笑) 中学生の入学式みたいや! 先直しで買うみたいなね!

桐山:ありがとう! 今回ちょっと僕的に楽しみにしてるのはファンの人から見てWESTのイメージをアンケートとったんです。「ジャニーズWESTを一番愛しているのはどのメンバーですか?」とか。これはファンの人が思ってるのと、僕らが思ってるのは違うかもしれないので今日それを答え合わせできるのが楽しみですね。

神山:そうやね。

重岡:怖いわぁ。

―さらにファンとの距離が縮まりそうですね!

桐山:そうですね。それがいちばんの目的というか、目標ですね。

―5周年という大切な節目の年ですけども令和になります。どんな活躍がしたいですか?

神山:令和ですか。

中間:安倍総理がね、「新しい若い世代に新しい時代をつくって欲しい」という意味を込めて令和にしたとおっしゃっていたのですが、僕たちはまさにその世代やと思うんですね。King&Princeとかいろんなグループがいるんですけど、時代をつくっていく手助けができるグループになれればいいなと思いますけどね。僕らはお笑いとか笑顔をつくるほうなんでしょうね。ジャニーズが新しくなるきっかけになれるグループでありたいですね。

桐山:ほんまやな。オリンピックも、大阪万博も絡みたいですね!

小瀧:絡みたい!

桐山:何かこうWESTも!

小瀧:絡みたいっていうかもうしがみつきたい!

桐山:しがみつきたいっすね!

藤井:ちょっともう2秒くらいのVTRでもいいから出してもらいたい!

重岡:どんなVTRや!

桐山:頑張りたいっすね。

濵田:ほんまやな。

―具体的な目標は?

桐山:濵ちゃん、あったもんな?

濵田:具体的目標? いや、ちょっとさっきからずっと気になっていて…。この(記者のレコーダー)置いてるじゃないですか? 誰かの携帯に着信があってレコードモードがオフになってんすよ!

メンバー:笑い

桐山:めちゃくちゃ優しいな、お前! いやいや、目標言う時間やん!

小瀧:今、君の番やで!

藤井:おいおいおい。

濵田:結構序盤から切れててどうしようと思って!

藤井:ほんまやな。

桐山:優しい子なんです! 大丈夫、もう1個持ってはるから! メモってはるし、大丈夫や!

濵田:目標ですね。

桐山:濵ちゃん何したい? WESTとして。

小瀧:5にかけてね。

濵田:5にかけて!?

中間:かけんでも大丈夫ですよ。

重岡:(小瀧に向かって)悪いなあ(笑)

濵田:まあなんかたくさん! こう。たくさん!

小瀧:(小声で濵田に囁く)5にかけて5大ドーム

濵田:5大ドーム! あった!

メンバー:爆笑

桐山:あった! やあらへんで!

濵田:5大ドームでもね、ほんまそうやね! 今年! というわけではなくても絶対にいずれやりたいと思ってる夢のステージやね

藤井:そうやね。

濵田:あそこに絶対に行くと! 僕らも思ってます。目標というか絶対にやるぜ!

桐山:おう!

濵田:Yeah!

小瀧:だれをノセてんの?(笑)

桐山:でもそうやな!

濵田:ほんまに頑張ろう!

ジャニーズWEST

―最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします!

藤井:重岡さん。

重岡:いやーもう本当にこの5周年っていうタイミングで本当にたくさんの方に祝っていただきまして。本当に僕たちのパワーになりますし、このタイミングで新時代の「令和」に切り替わりますから。この「令和」を代表…2番目くらいに代表?

メンバー:いや!(笑)

桐山:胸張っていこう! 謙虚! 謙虚やね〜!

小瀧:頑張ろうぜ! 謙虚なんか? これは。

重岡:2番目くらいになれればな〜!

藤井:一応、1番目指そう?

重岡:せめて2番! できたら1番!

桐山:そうしましょ。

小瀧:控えめやなー!

重岡:そんなアイドルになれればいいかなと思いますんで、これからも応援よろしくお願いします!

メンバー:お願いしまーす!! ありがとうございます!

と、深々と報道陣にお辞儀し帰って行くどこまでも謙虚で礼儀正しいジャニーズWESTさんでした。

そんな素敵なジャニーズWESTの皆さんが全員揃って、浴衣姿で登場するOggi6月号も要チェックです! 誌面では大人気企画「ジャニーズWESTホールディングス」の社員になりきって、屋形船での納涼会を開催♡ ときめき&大爆笑のジャニーズWESTらしい納涼会をお届けしてますので、ぜひご覧ください! 今回で10回目を迎える中間淳太さんの連載「中間地点。」もお楽しみに!

合わせて読みたい♡


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.05.26

編集部のおすすめ Recommended

Feature