Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. ベージュコーデ
  5. 【MILANOベージュ】の着こなし5TIPS|お手本は大人の余裕あるミラネーゼ!

FASHION

2019.02.25

【MILANOベージュ】の着こなし5TIPS|お手本は大人の余裕あるミラネーゼ!

【MILANOベージュ】な着こなし5TIPSをお届け! ベージュを着るなら、エレガントに着こなすミラネーゼをお手本にして♪

【MILANOベージュ】で色気のある大人の風格をまとって!

ドゥオーモやガレリアなどベージュの建造物がアイコニックでシックな雰囲気のミラノ。その街並みに溶け込むように、女っぷりの上がるエレガントな着こなしで魅了するミラネーゼ。彼女たちのように肌見せを意識した、ヘルシーな色気を加えたベージュ使いこそが、「MILANOベージュ」。

ミラノ

ミラネーゼ

【1】定番のベージュトレンチは柄やジェニック小物で上級な味つけを!

ベージュトレンチ

ときに大胆な、女っぽさ漂うアクセントがMILANOベージュのカギ。トレンチコートからのぞかせたレオパード柄のスカートや、起毛感のあるひとクセバッグで、洒落た味付けを。ベージュをまとうからこそ、シックにまとまる。

コート¥135,000(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉) カーディガン¥69,000・スカート¥23,000(フィルム〈ソブ〉) ニット¥30,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) バッグ¥7,315(ベネトン ジャパン カスタマーサービス〈ユナイテッド カラー オブ ベネトン〉) 靴¥40,000(THE GRAND Inc.〈LAURENCE〉) ネックレス¥4,000・イヤリング¥1,350(ジューシーロック〈JUICYROCK Original〉) ソックス¥1,200(Blondoll 新丸の内ビル店〈17℃〉)

【2】白のハイネックニットがこなれたベージュグラデ配色を叶えてくれる

ハイネックニット

グレージュやモカベージュなど、人気のベージュ系グラデーションはときに地味に傾きがち。抜けのよい白をのぞかせることで、クリーンで奥行きのある印象に導いて。足元は、パイソン柄のパンプスで、女っぽさと抜け感が加わる。

コート¥16,000(ケービーエフ プラス ルミネ有楽町店〈ケービーエフプラス〉) ニット¥15,000(CELFORDルミネ新宿1店 〈CELFORD〉) 中に着たタートルニット¥30,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)パンツ¥30,000(アングローバル〈イレーヴ〉) バッグ¥44,000(フルラ ジャパン〈FURLA〉) 靴¥21,000(Dhyana.〈Dhyana.〉) サングラス¥49,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) リング¥95,000(KAORU ルミネ有楽町店〈KAORU〉)

【3】注目カラーのオレンジにひと足先にトライするならベージュで受け止めて

オレンジ

ジューシィなオレンジはベージュともなじみがいいので、取り入れやすいカラー。ブラウンの小物でトーンを合わせた、まとまりのある着こなしに挑戦して。バイカラーのコートからのぞいた赤が、スパイシーなアクセントに。

コート¥45,000(ローズ バッド〈mici〉)「スピック&スパン」のニット¥16,000・「イアクッチ」のバッグ¥34,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店) スカート¥23,000(フィルム〈ソブ〉) 靴¥17,000(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店〈ル タロン グリーズ〉) イヤリング¥16,000(アガット〈agete〉)

【4】アクリルのべっ甲イヤリングで軽やかさと抜け感を補って

べっ甲イヤリング

V開きのベージュニットの大人っぽさは格別。アクセサリーはなじみのよいゴールドで統一したいところを、あえて、アクリルパーツのイヤリングを選択。その茶目っ気あるセレクトこそが、働く30歳からのベージュとの向き合い方には必要。

ニット¥89,000・スカート¥33,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) イヤリング¥8,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈アレクサンドリン〉) リング¥75,000(KAORUルミネ有楽町店〈KAORU〉) 時計¥49,000(アガット〈agete〉)

【5】女っぽさ漂うウール地のシャツの着こなしで、ジャケットスタイルを制する

ジャケットスタイル

ジャケットスタイルは、ベージュならではのドライな雰囲気を損なわない、風合いのある素材のシャツ選びが肝。ボタンは大胆に開けて、タイトスカートにIN。そんなミラネーゼ的アプローチで女っぷりよく着こなしたい。

ジャケット¥69,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈Couture d’Adam〉) シャツ¥42,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) スカート¥35,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョンスメドレー〉) バッグ¥60,000(フルラ ジャパン〈FURLA〉) ネックレス¥72,000(ザ ストア バイシー代官山店〈GIGI〉)

Oggi2月号「『MILANOベージュ』VS『NYグレー』」より
撮影/酒井貴生(aosora/人物)、渡辺修身(静物) スタイリスト/金子 綾 ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) モデル/矢野未希子(本誌専属)、飯豊まりえ 撮影協力/AFLO デザイン/髙橋桂子 構成/堀 由佳
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.15

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature