Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. モデル【朝比奈 彩】出身地・淡路島での撮影は「海のホテル 島花」で!

LIFESTYLE

2019.01.09

モデル【朝比奈 彩】出身地・淡路島での撮影は「海のホテル 島花」で!

〝淡路島で生まれ育ち、神戸で働く〟そんな女性が主人公の今月の1か月コーディネート。久しぶりに地元に帰った朝比奈ちゃんの素の表情もそのままお届けします! 今回は地元・淡路島編です。

Oggi2月号の「朝比奈 彩の淡路島&神戸で1か月コーディネート」企画の撮影舞台裏【ホテル編】

「朝比奈 彩の淡路島&神戸で1か月コーディネート」企画では、モデル朝比奈彩の地元・淡路島でのロケを行いました。

モデルとして地元でファッション撮影を行うのは初となった朝比奈ちゃん。リラックスしつつ楽しんでいた淡路島と神戸での撮影の舞台裏と共に、編集部おすすめのスポットを紹介します。

淡路島に泊まるなら「海のホテル 島花」

海のホテル 島花

淡路島のキレイな海やヨットハーバーを一望することができるのが淡路島の洲本にある「海のホテル 島花」。淡路島や神戸、京都、四国でグループホテルを展開するホテルニューアワジの別邸です。

地元の魚介や野菜などを使ったおいしい料理、温泉あり、広い部屋でリラックスもできる…淡路島に訪れたらぜひ泊まりたいホテルのひとつ。

その魅力をご紹介します!

■魅力1. 淡路島の自然を感じられるオープンテラス

オープンテラス

ホテル1階には、目の前にヨットハーバーが広がり、大きな空も仰ぐことができる、とても気持ちいいテラスが。

併設しているカフェでドリンクなどを注文することもできるので、朝の空気を感じたり、夕方にちょっと休憩したり、ふとした瞬間に訪れたい場所です。

■魅力2. 広い客室

広い客室

広い客室

こちらの部屋はグランデルーム。家族や友達との利用にぴったり。ツインのスタンダードルームもとても広くて過ごしやすいので、かなりおすすめです。アメニティや空気清浄機、アロマポットなど設備も女性にうれしいアイテムが豊富にそろっています。

■魅力3. おいしい食事

夕食はぜひ、ホテルでいただいてください!

ホテルには、「レストラン 海菜美(うさみ)」「炭火焼グリル 島宝(しまほう)」と2つのダイニングがあり、淡路島の食材をふんだんに使った季節の料理をいただくことができます。

レストラン 海菜美

朝比奈ちゃんも「おいしい♡」とご満悦。

■魅力4. 温泉

淡路島は温泉でも有名で、ホテルでは名湯「洲本温泉」を堪能することができます。6階の展望風呂はかなりの絶景で、このためだけにも泊まる価値あり!

明るい時間には紀淡海峡を一望することができ、夜には満天の星空も、朝には幻想的な朝陽を眺めながら、保温・美肌に効果のある美人の湯につかることができるため、朝と夕晩と、何度でも入りたくなる絶景温泉です。

■魅力5.約40種類の和洋朝食ビュッフェ

淡路島の野菜など旬の食材を使った朝食ビュッフェは、かなり人気なんだとか。朝比奈ちゃんも「どれもおいしそー!」と朝からテンションアップ。

朝食バイキング

朝食バイキング

朝食バイキング

朝食バイキング

洋食も和食もあり、種類もかなり豊富です。

■魅力6. 厳選された淡路島の特産品が揃う

お土産ショップ

ホテルの1階、入口のすぐ近くにはお土産などを買うことができるセレクトショップも。

朝比奈ちゃんが淡路島に帰ってくると必ず買うという「大江のり」など、たくさんのお土産が並びます。この「大江のり」、本企画担当編集もお土産に買って帰りましたが、とってもおいしかったです!

淡路島の特産・玉ねぎのお菓子やスープ、カレーなどはぜひ買って帰って、おうちでも淡路島を感じてくださいね。

その他にも、スパやキッズルーム、夏季にはプールも開放されていたりと楽しめる要素がたくさん。

また、ペットと泊まれる部屋やドッグランもあるため、愛犬と一緒に旅行できるといううれしいサービスも。

さらに、ボートで系列ホテルの温泉を回る「湯めぐり」などもあり、淡路島を満喫できること間違いなし! 淡路島を訪れるときには「海のホテル 島花」に宿泊するのがおすすめです。

海のホテル 島花

兵庫県洲本市小路谷1277番5
0799-22-2521(ホテルニューアワジグループ 予約センター)
公式HPはこちら

モデル/朝比奈 彩 撮影/倉本ゴリ、谷口巧(Pygmy Company) スタイリスト/渡辺智佳 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACEMONKEY)


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.03.26

編集部のおすすめ Recommended

Feature