Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. 秋ファッション
  4. 買い物シーズン到来!「シーズン頭買いアイテム」あなたは何から買いますか?

FASHION 秋ファッション

2017.10.15

買い物シーズン到来!「シーズン頭買いアイテム」あなたは何から買いますか?

「ひと目ぼれ」買いしたら飽きない? 「定番」アイテムって何から買う? 失敗も後悔もしない「シーズン頭買い」のポイントをエディターM&Aがあれこれ考えてみました!

エディターのMとAが「定番orひと目ぼれシーズン頭買いはどっちから!?」をお題に、ぶっちゃけトーク!

エディターM
ファッション担当歴14年。バッグ選びはファーもの&カゴに目がない「ひと目ぼれ買い」派。

エディターA
ファッション担当歴6年。シーズン頭は「毎日でも使える定番もの」に投資したい慎重派。

トレンド重視? それとも定番狙い撃ち?
失敗も後悔もしない「シーズン頭買い」のポイント

A 今季も魅力的な小物が多くてどれから買うか迷いますね。特に冬物は値が張るから失敗したくない…。

M わかるよ〜! でも吟味しているうちに売り切れるというのは最も悔しいパターン。だから私はひと目ぼれしたらわりとすぐ買っちゃう。特にファーバッグに弱くて。ここ最近、冬でもカゴを持ったり真夏でもファーバッグを持ったり、小物がどんどんシーズンレス化している気がする。昨年買った〝ステラ マッカートニー〟の部分ファーの〝ミニ ファラベラ〟は冬しか使えないかなぁと迷ったけど、実際7・8月以外はかなり使えたからむしろコスパよかったかも。ひと目ぼれでも好きなテイストがブレなければ飽きることはないし大丈夫だなって思った。Aはどう?

A 私、シーズン頭は慎重派です。「来年こそは」とか「いつかは」と考えていた名品を厳選して買います。たとえば〝ペリーコ〟の黒ブーツ。毎日でも使えそうな定番ものを売り切れる前にチェックしに行きます。

アマン〈ペリーコ〉 靴

▲チャンキーヒールの安定感、エレガントなスエード、キレのいいポインテッドトウ。どこをとっても完璧!
靴[8]¥69,000(アマン〈ペリーコ〉)

A あとリピート買いもシーズン頭のうちに。〝ジョンストンズ〟の指ぬき手袋は5本指バージョンのグレーを使っていてすごく暖かいの。スマホもお財布を扱うときもノンストレスで、手袋の指先っていらないのかぁと思ったくらい(笑)。ベージュも絶対欲しい!

リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉 手袋

▲スマホもノンストレスの指なしタイプ。上質カシミアなので格別の温かさ&極上の肌触り。
手袋¥8,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)

M 私も〝J&M〟のカーニバル買おうかなぁ…。これも年中、どんなシーンでも使えるよね。

A で、季節が進んでいくにつれてアクセント小物が欲しくなります。でもそのときには売り切れてたりするんですよねぇ。〝PIPICHIC〟のパンプスを何店舗もハシゴして探したことあったなぁ。

M 今季はチェックとビジューの靴、すぐ売り切れそうだね。

PIPPICHIC 靴

▲チェックトレンドが足元にも! ほのレトロなスクエアトウと相まって、クラシカルな雰囲気が今っぽく洒落ている。
靴[8.5]¥29,000(PIPPICHIC)

A Mさんはいつも素敵なピアスをしていますよね。アクセサリーはどんなふうに選んでいますか?

M アクセ感覚ということで〝メゾン ボワネ〟のゼブラ柄のちびバッグにひと目ぼれ! XSサイズはパーティシーンにも夏カジュアルにも絶対活躍すると思う。

ANAYI〈MAISON BOINET〉 バッグ

▲パリ発の老舗ベルトブランド作のモードなアニマルちびバッグ。
バッグ[ショルダーストラップ付き/15×14×9]¥42,000(ANAYI〈MAISON BOINET〉)

A 結局、「シーズン頭買い」は好きなものをはっきりさせておくことが失敗しないコツってことかなぁ。

M 「定番買い」はワードローブになじんで毎日でも使いたくなるものを、「ひと目ぼれ買い」はシーズンレスで使いたくなるものを、というのがひとつの判断基準かもしれないね。

この他にもOggi11月号の誌面では、「定番orひと目ぼれシーズン頭買いはどっちから!?」として、さらに詳しくご紹介しています。本誌または電子版をチェック!

Oggi最新号の試し読みはこちら

※この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。
2017年Oggi11月号「定番orひと目ぼれシーズン頭買いはどっちから!?」より。
本誌掲載時スタッフ:撮影/渡辺修身 構成/木村 晶(本誌)
再構成:Oggi.jp編集部


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.11.22

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

●Oggi12月号で値段の間違いがありました。236ページ掲載の”パーカー”のボールペン(下)の値段は、正しくは¥20,000です。訂正いたします。

Feature