【女友達と会う日コーデ】優しげなブラウントーンにネイビーを効かせてエッジを少々 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 365日コーデ
  5. 【女友達と会う日コーデ】優しげなブラウントーンにネイビーを効かせてエッジを少々

FASHION

2017.09.17

【女友達と会う日コーデ】優しげなブラウントーンにネイビーを効かせてエッジを少々

働くアラサー女子の毎日のシーンに合わせたコーディネートを365日毎日紹介しています。さぁ、あなたの今日のご予定は? あなたを素敵に見せてくれるのはどんなコーディネート? ぜひ参考にしてください♥

優しい気分で過ごしたい日は、ブラウン系のワントーンコーデで♪

優しげに、かつ休日にふさわしいラフさが漂うよう、全身をブラウン系×ネイビーで統一。

コーディネートの基本アイテムは、コレ!

モカ色の揺れ感ワンピース

大人な長め丈でアウターとしても活躍

しなやかなとろみ素材のシャツワンピースは、そのまま着るのはもちろん、ボタンを外せば薄軽アウターに早変わり。マットなツヤが美しいモカ色シルクで、リッチ感もパーフェクト。ワンピース¥34,000(Liesse〈Liesse〉)

ネイビーのリブカットソー

今季の名品との呼び声高い〝エイトン〟のリブTシャツ。上品リッチ系は知的なネイビーを。カットソー¥8,100(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)

ベージュのチノ風パンツ

ハリのある素材で、メリハリのあるシルエットを実現。ほんのりピンクがかった発色も素敵。パンツ¥16,000(エストネーション〈エストネーション〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2017年Oggi9月号「4大OLミニマムワードローブで1か月コーディネート」より
撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company/モデル)、魚地武大(TENT/静物) スタイリスト/縄田恵里 ヘアメイク/笹本恭平(ilumini.) モデル/林田岬優(Oggi専属) 構成/小林桐子・木村 晶(Oggi)
再構成/Oggi.jp編集部


< 2021年4月 2021年5月
SUN MON TUE WED THU FRI SAT

【5/1のコーデ】ビビッドカラー×スミ黒デニムで、今どきのマニッシュスタイル

1

【5/2のコーデ】ブルーデニムで切れ味のいいワントーンカジュアルを目指す

2

【5/3のコーデ】デニムをフェミニン&涼しげに着こなすテクニック

3

【5/4のコーデ】マーメイドスカートは、足元で女っぽさの引き算を

4

【5/5のコーデ】一枚でサマになる白ワンピがこれからの季節の最強の味方!

5

【5/6のコーデ】シンプルコーデを今っぽく見せるのは甲深デザインの足元

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

< 2021年4月 2021年5月

Today’s Access Ranking

ランキング

2021.05.06

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature