Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 美肌
  4. 7割の女性が誤解!「ファンデは肌に悪い」は、ホント? or ウソ?【5,000人に聞きました】

BEAUTY

2018.10.30

7割の女性が誤解!「ファンデは肌に悪い」は、ホント? or ウソ?【5,000人に聞きました】

資生堂は、女性5,000人を対象にファンデーションに関する意識調査を実施。その結果、7割の女性がファンデーションに対して「肌に悪い」という印象を抱いていることが判明。では、実際、どうなのでしょうか…?

【女性5,000名調査】ファンデーションに対する印象は!?

■約7割の女性が肌に悪いと思っている!

「ファンデーションは肌に悪い気がする」について、「そう思う(19.6%)」「ややそう思う(23.7%)」「どちらかというとそう思う(27.3%)」を合わせると、約7割の女性がファンデーションに対して「肌に悪い」という印象を抱いていることが判明。

ファンデーションは肌に悪い気がする 結果グラフ

■理由は「毛穴が詰まりそう」「肌呼吸しづらくなりそう」など

「ファンデーションは肌に悪いと思う理由や使いたくない理由」については、「毛穴が詰まりそう(66.2%)」「肌呼吸(※1)しづらくなりそう(52.7%)」といった声が目立ちました。

※1 肌呼吸とは、水分蒸散をしていること

ファンデーションは肌に悪いと思う理由や使いたくない理由 結果グラフ

「ファンデが肌に悪い」は誤解!? ファンデに関する実証結果は…?

では、本当にファンデーションは肌に悪いのでしょうか? 資生堂は実験を実施。

■実証実験1:ファンデ―ションは、本当に毛穴を埋めるのか?

【皮脂分泌実験】

実験内容:ファンデーション無塗布の肌と塗布した肌で、1時間後の皮脂の分泌を観察

テスト条件:男性の鼻部位にテスト用のリキッドファンデーション(※2)を塗布し経時での状態を観察
※2 資生堂のファンデーションは、皮脂による崩れ予防の対応をしています

実験結果:
・ファンデーション無塗布の肌 → 毛穴が目立つ

ファンデーション無塗布の肌→毛穴が目立つ

・ファンデーション塗布の肌 → 毛穴が目立たない

ファンデーション塗布の肌→毛穴が目立たない

・ファンデーション塗布後1時間の肌 → 毛穴から皮脂がにじみでている

ファンデーション塗布後1時間の肌→毛穴から皮脂がにじみでている

→ ファンデーションを塗布しても毛穴から皮脂が出てくる。よって、毛穴を埋めていないことを実証

■実証実験2:ファンデーションは、本当に肌呼吸を止めているのか?

【植物を用いた通気性実験】

実験内容:以下の条件のベビーリーフの種を暗室で水を与え3日後の発芽状態を観察
A:無塗布(種そのまま)
B:種にパウダーファンデーション塗布
C:種にリキッドファンデーション塗布
D:種に透明ラッカー塗布(種に覆う事で空気を遮断)

実験結果:

実験結果

→ ファンデーションを塗布した種も正常に発芽。ファンデーションは空気を通していることを実証

■実証実験3:ファンデ―ションは、本当に肌呼吸を止めているのか?

【水分蒸散実験】

実験内容:以下の条件で一定時間経過後の水蒸気の発生状況を観察
A:ゴム手袋をしてビニール袋で密閉した手
B:ファンデーションを塗布してからビニール袋で密閉した手

実験結果:

実験結果

→ ファンデーションを塗布しても肌からは蒸気を確認。水分蒸散を妨げない。

さらに、ファンデーションの肌への影響について、資生堂客員研究員の石田かおりさんは次のように解説。

「ファンデーションは肌に悪いことはなく、むしろ、塗ることによって紫外線や空気中のチリ・ほこり、乾燥などの肌トラブルの原因となる様々な外的環境から肌を守ることができます。

肌を密封して外と遮断するものではなく、肌の働きを邪魔せず快適に包み、使うたびに健やかな素肌を育む『人工のバリア』であると考えています。」(石田さん)


本当に体に良いのか悪いのかってなかなか見極めるのが難しかったりするもの。でも、できるだけ正しい知識を身につけて美肌を目指していきましょう!

トップ画像/(c)Shutterstock.com

調査/資生堂ジャパン株式会社

【調査概要】
・ 調査方法:インターネット調査
・調査期間:2018年6月1日~6月5日
・調査対象:女性5,000名
・対象地域:全国

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.22

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature