Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 女子欲ハワイ
  4. ゆるゆる可愛いハワイを感じる雑貨ならカイムキ“sugarcane”が絶対♪【女子欲ハワイ71】

LIFESTYLE

2018.08.20

ゆるゆる可愛いハワイを感じる雑貨ならカイムキ“sugarcane”が絶対♪【女子欲ハワイ71】

個人商店の多いオールドタウン、カイムキの街をリポート♪ ハワイ(オアフ島ワイキキ)と東京、ふたつの都市に自宅をもち、旦那さんと行ったり来たりのデュアルライフをエンジョイするエディター武田麻衣子さんのハワイライフから。

オールドハワイのムードでいっぱい♪ 優しく温かい雑貨Love♡

ほんのり心がときめくアロハな雑貨。“sugercane(シュガーケーン)”に行くと、そういう小物がざくざく見つかります。ハワイらしさがあって、しかもお土産屋さんにあるものとはちょっと違う、ちゃんと愛を込めて作られたおしゃれなアクセサリーや小物たち。そういうものを探すのって意外とハードルが高いものだけれど。

sugercane(シュガーケーン)

“シュガーケーン”があるカイムキという街がとっても魅力的♡ 住宅街に囲まれ、古くからのお店が多く、カハラからもほど近いからか、素朴なんだけれど素敵な空気感。私が好きな個人商店が集まる街。

ダイヤモンドヘッドに近づくにつれ、気持ちの良さが高まってくる感じってなんだろう。ワイキキからカイムキ方面に車を走らせると、どんどんクリーンな気分になってくる♪

Hale Vietnam Restaurant(ハレベトナムレストラン)

“シュガーケーン”は、美味しいフォーが頂ける老舗のベトナム料理店“Hale Vietnam Restaurant(ハレベトナムレストラン)”がある12th ave.と11th ave.の間にある駐車場の一角にあります。向かって右隣は人気の飲茶レストラン“Happy Days(ハッピーデイズ)”。左隣は話題のサンドイッチ屋さん“EARL HAWAII SANDWICH EXPERIENCE(アール ハワイ サンドイッチ エクスプレス)”

ha3

このあたりでランチを頂いて、“シュガーケーン”をのぞくのがいつものコース。

写真集

写真集がいっぱい! 眺めているだけでハワイを感じられるハワイLOVER垂涎のものがずらり。日本に持って帰りたい。日本で買うよりずっとお手頃だから大好きな人へのお土産にも。

ボディソープ

ハワイのお花やフルーツの香りを閉じ込めたボディソープやローション。甘い香りもボトルデザインも素敵だから、どれもパケ買いしたくなる♪

ヴィンテージグラス

お花や草木のエッチングがいかにもなヴィンテージグラスや食器も。

ミッドセンチュリー感

愛らしい赤を効かせたグラスたち。ミッドセンチュリー感いっぱい。かわいい!

ハンドメイドジュエリー

ローカルデザイナーによる繊細なハンドメイドジュエリーも。写真見にくくてごめんなさい(汗)。

ストール

色のきれいなストールやヴィンテージウェア、ポーチ、カードなど、ハワイを感じる柄づかいのアイテムが店内にぎっしり。店内はいつもお客さんがひっきりなしに訪れて、活気があるのがいいんですよね。人を避けて撮影するのが大変なぐらい(笑)。

古くて素敵ないいものを、オーナーさんが世界中から集めてきたというヴィンテージインテリアグッズコーナーもあります。小さなお店の中に、ひとつひとつオーナーさんが納得のいくものだけを大切に選んだと感じられるラインナップ。これは手ぶらじゃ出られないー♪

ランチとセットで、シュガーケーンをメインに、カイムキタウンをゆるゆるお散歩してみてね!

12th ave.付近には、チーズケーキの“OTTO CAKE(オットーケーキ)”や、スコーンが美味しい“Sconees Bakery(スコニーズベーカリー)”、さっぱり甘すぎないジェラート屋さん“Via GELATO(ヴィア・ジェラート) ”もあります。

さらに凝った朝ごはんが頂ける“KOKO HEAD Cafe(ココヘッドカフェ)”、評判のアサイーボウルやスムージーがある“Jewel or Juice(ジュエルオアジュース)”、カルアポーク屋さんの“The Surfing Pig(ザ・サーフィンピッグ)”なども点在。グルメ通りとしても名高い楽しい場所ですよ♡

c5tgc00

TOP画像/(c)Shutterstock.com

初出:しごとなでしこ

武田麻衣子/Maiko Takeda ファッションエディター

大学在学中よりファッション雑誌の編集者としてキャリアをスタート。以降、Oggi、Domani、Precious、和楽などで活躍。ゴルフ、歌舞伎鑑賞、ドライブ、クッキングなど、趣味を生かしたカルチャーなページづくりにも定評あり。遊びや仕事で訪れるたびにハワイ愛が膨れ上がり、3年前、ついにオアフにコンドミニアムを購入。行ったり来たりのデュアルライフをエンジョイ中。
instagram→@maikotakedaogawa


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.23

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature