Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. いいことだけじゃない!「同棲」はプチストレスの温床にも!

LOVE & WEDDING

2018.05.13

いいことだけじゃない!「同棲」はプチストレスの温床にも!

大好きな彼氏といつでも一緒にいられる“同棲”は、いいことばかりじゃない! 今回は“同棲”を始めたことにより、プチストレスにぶち当たった働く女子たちの激白を紹介。

■1:「自由に“おなら”ができなくなり、お腹がパンパン!」(30歳/ネイリスト)

カツカレー
(c)Shutterstock.com

J里「去年から、3歳上の彼と一緒に住んでます。一緒に住み始めてから毎日朝ごはんを一緒に食べなくてはならなくて、太り始めました

編集部「ん? J里さんは、朝ごはんを食べない習慣だったとか?」

J里「そうなんです。彼は朝ごはんを食べないとダメなタイプ。しかも力仕事なので、ガッツリの朝食、たとえばカツカレーとかで1日をスタートさせないといけないんです。

朝ごはんを作るのは苦ではないけれど、一緒になって食べていただけで、同棲前より私だけ体重が4kg増えました」

編集部「朝ごはんは食べたほうがいいはずだけれど、朝からカツ食べて4kg増は確かに、悩ましいですね…」

■3:「電気を消せず、眠りにくくなりました」(33歳/エステティシャン)

L未「今年の2月から同じ年の彼と結婚前提で同棲を始めたんですけど、彼は寝るときに電気を消さず、小さめの電球をつけていないと眠れないタイプ

私は寝るときは真っ暗にしないとダメなのに、我慢して彼に合わせているため、一緒に暮らし始めてから寝つきが悪くなりました…」

編集部「寝るときの部屋の明るさに関する好みって、個人差ありますよね。慣れるとも聞くけど、全然ダメですか?」

L未「ダメですね…天井にある照明の一番暗いやつをつけて寝るんですけど、仰向けになると光が気になっちゃって…いつも彼に背を向けて、横向きになって寝ています」

編集部「それは確かにプチストレス…。彼が、真っ暗な部屋でも寝られるようになるといいですね!」


同棲は、彼とひとつ屋根の下で暮らせる喜びもあるけれど、ちょっとした苦悩を抱えることになった女子も。うーん、悩ましい!

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.23

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature