Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ヘアスタイル
  4. 時間がない朝、前髪で困らないための意外な裏技

BEAUTY

2017.12.11

時間がない朝、前髪で困らないための意外な裏技

時間のない平日朝にササっと前髪を立ち上げるために、アレを使っています! というのは仕事をする女性の気になるアレコレを試して報告する「なでしこリポーターズ」の柿崎万葉。朝が弱い人、必見です。

こんにちは! なでしこリポーターズの柿崎万葉です。

元々朝が弱いわたし、最近寒くてベッドから出るのもしんどいし、週の後半になるとだんだん蓄積されてくる疲れもあいまって起きるだけで一苦労です。朝活なんて夢のまた夢…

そんなわけで平日朝の身支度はいつも一分一秒を争っているのですが、毎朝大活躍してくれているのがアホ毛やおくれ毛の撃退用に販売されているマトメージュ まとめ髪スティックなんです。

マトメージュ まとめ髪スティック

でもわたしは髪をまとめることはめったにありません。では何に使っているかというと、前髪を立ち上げるために使っています!

使い方はとっても簡単!

何もしていない状態の前髪です。

使い方1

ただの真ん中分けは、おでこの狭いわたしにはあまり似合っている感じがしませんし、ぺたんとしていてちょっと残念な感じですよね。

ここでマトメージュ まとめ髪スティックが登場。分け目にしたいあたりの前髪の生え際をメインに、前髪の根元を持ち上げるようにしてまとめ髪スティックを当てていきます。

使い方2

分け目沿いのところは生え際だけでなく分け目そのもの部分にも少しまとめ髪スティックをつければ髪がふわふわ戻って来づらくなるので安心。

使い方3

完成!

使い方4

ながーい前髪が自然な感じで立ち上がってくれて、夜まで長持ちするので、仕事中はもちろん季節柄増えてきた飲み会の時も邪魔になりません。

また、なによりも嬉しいのはまとめ髪スティックを使えば手が汚れないこと。ワックスでも同じようなことはできると思うのですが、ワックスを手に取って、揉み込んで、手を洗って…という作業の時間が惜しくなるくらい朝は戦いなのです。

前髪を立ち上げたい時の注意点

夜のお風呂上がり、髪を乾かしてから寝る時に気を付けていることがあります。それは翌日分けたいところ以外で髪を分けて寝ること。

今回、わたしは自分から見て左側で分け目を作りました。寝る時から左側で髪を分けて寝ると、翌朝には左分け&ぺったんこの状態の髪ができあがってしまいます。

分け目

明日絶対にここでは分けないな~、と思ったところで分けておくことで、翌朝セットする時には分けたいところの髪の毛が寝ている間にできた「ぺたん」の力に逆らってふわっと立ち上がってくれるのです。

わたしは左右どちらでも分けられるように、真ん中分けにして寝ることが殆どです。

もちろん、朝きちんとブローをすることのできる素敵女子の方々にはこんな小手先の技はまったく要らないかもしれませんが、わたしのように朝ギリギリまでベッドから出られない人間には必ず欠かせない寝る前のひと手間です。


いかがでしたでしょうか? なんだかわたしのズボラ具合が露呈しただけのような気もしますが(汗)、少しでも朝弱い女子の皆様のお役に立てていたら嬉しいです。

毎日寒くて嫌になっちゃいますが、今年もあとわずか! 今日も頑張りましょう♡

マトメージュ まとめ髪スティック

初出:しごとなでしこ

なでしこリポーターズ 柿崎万葉

都内の通信会社勤務。趣味は筋トレで、小顔とヒップアップを目指してトレーニングに励む日々。最近は30歳を過ぎたということもあり、美容医療に興味津々。美容代を捻出するため、コスパグッズのリサーチに余念がない。今後は、今すぐ手に入って今日からバッチリ役立つお役立ちグッズやコスパ◎なグッズを探してはレポートしていきます。
Instagram:@n081161


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.23

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature