Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 女子欲ハワイ
  4. 日本未上陸のアスレジャーブランド“トリー スポーツ”がオープン|ハワイ最新情報

LIFESTYLE

2017.07.30

日本未上陸のアスレジャーブランド“トリー スポーツ”がオープン|ハワイ最新情報

ハワイ(オアフ島ワイキキ)と東京。ふたつの都市に自宅をもち、旦那さんと行ったり来たりのデュアルライフをエンジョイするエディター武田麻衣子さんがハワイの今をお届けします。

待ちに待った“トリー スポーツ”がついにハワイ初上陸!

久々に気分が盛り上がるショッピングをしました♡今年アラモアナS.C.にオープンした“トリー バーチ”の新しいスポーツ系カジュアルブランド“トリー スポーツ”のお店へ。いや〜、かわいかった! 欲しいものだらけ♫ ゴルフウエアもあるし、ヨガアイテムもあるし、普段に街で着られるカジュアルウエアもおしゃれ。色もきれいで上がる上がる!

▲赤、オレンジ、ネイビー、イエローなどなどハッピーな原色がズラリ! 小物なんかも豊富です。目がウロウロしちゃう!

“トリー スポーツ”は世界中のおしゃれインフルエンサーから大人気!

2014年にニューヨークのノリータ地区に初のショップをオープンして以来、世界中のおしゃれ女子から大人気のこのブランド。テニス、ゴルフ、ヨガ、ラン、スイム…、いろんなスポーツで着られるアスリートウエアや、そのままタウンで着られるカジュアルアイテム、またスニーカーやワークアウトの行き帰りに活躍する大きめバッグなどの小物たち。どれも、鮮やかでメリハリのある配色と、キレの良いデザインが印象的。機能性の高いハイテク素材とイマドキシンプルなデザインがブレンドされ、なんだかすごく新しい!

▲テニスボールのマネキンちゃん! このゆるさがイマドキ♡クラシックなデザインスタイルがカジュアルなのに女らしい感じ。

華のあるアクティブ感、とでもいいましょうか。エネルギー溢れる元気なオンナにふさわしい、まさに今大人気のアスレジャーを代表する注目ブランド。ネットでは買えるもののまだ日本未発売なので、このハワイ進出は嬉しすぎる!!

やはり、今みんな何がしかのスポーツを趣味にしている人が多いから、アスレジャーって本当にライフスタイルにフィットしていると思います。楽しむことや、心地よさ、ゆるっと自由に、といったさわやかなマインドがいいのですよね!

▲ちょっとシワっぽくてごめんなさい。ポロシャツのポイントは胸のハートのみ。ブランド名がこれ見よがしじゃないのもおしゃれ。ゲットしたゴルフウエアはドライ素材だから快適!

▲シワ知らずの通年はけるニットスカートは優秀すぎる! 旅アイテムとしても鉄板かもと思って購入。

▲ウエットスーツみたいな素材でできた濡れてもOKなポーチ。今まで“トリー バーチ”はまったく興味がなかったけれど、このブランドは大好きです。

ハワイを訪れるたび、アラモアナS.C.の進化ぶりに驚きが!!!

それにしても昨今のアラモアナS.C.の進化ぶりは目ざましい。行くたび、あちこちに新しいお店ができ、敷地内に超高級コンドミニアム“パークレーン”が徐々に建ち始め、もう駐車場のつくりも目まぐるしく変わるものだから、どこに停めたら目的地からいちばん近いのか、まったくわからなくなってきています。ぐるぐる回遊しちゃう…。

ノードストロームが以前あった場所の1Fには、この5月アメリカのデパート“サックス・フィフス・アべニュー”のアウトレット、“サックスオフ・フィフス”がオープン。その上の2F、3Fにはこの秋、ついに人気のスーパー“ターゲット”がオープン予定です。また“オールドネイビー”のそばには“ロス・ドレス・フォー・レス”がオープンしていました。昨年オープンした“ザラ”も大盛況だし、ファストブランド勢力がすごいことに。

今までアラモアナでいちばんの私のお目当ては“J・クルー”だったのですが、今年、社長兼クリエイティブ・ディレクターでブランドアイコンでもあったジェナ・ライオンズが退任して以来、も〜まったくかわいくなくなってきているので、ほんと毎回のぞくたびにガッカリ。盛り下がる…と思っていたところに“トリー スポーツ”の進出。アラモアナへの楽しみがこれでまた増えました♡

▲夏のハワイの日差し。抜けの良い太陽が気持ちいい! 蒸し蒸ししないだけでもハワイってすごいと感じます。

▲ゴルフやヨガは生涯スポーツだと思うので、長くいつまでも楽しみたいなーと思う今日この頃です♫

初出:しごとなでしこ

武田麻衣子/Maiko Takeda ファッションエディター

大学在学中よりファッション雑誌の編集者としてキャリアをスタート。
以降、Oggi、Domani、Precious、和楽などで活躍。
ゴルフ、歌舞伎鑑賞、ドライブ、クッキングなど、趣味を生かしたカルチャーなページづくりにも定評あり。
遊びや仕事で訪れるたびにハワイ愛が膨れ上がり、3年前、ついにオアフにコンドミニアムを購入。行ったり来たりのデュアルライフをエンジョイ中。
instagram→@maikotakedaogawa


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.22

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature