Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. つけるとモテる♡ と噂になった、まつエクサロンAmelieのオーナー高山直子さん インタビュー

LIFESTYLE

2016.10.02

つけるとモテる♡ と噂になった、まつエクサロンAmelieのオーナー高山直子さん インタビュー

成功の秘訣は、人材の育成にあり

前回の記事でもご紹介した、注目のインフルエンサー高山直子さん
25才でまつエクの世界に飛び込み、26才で自身のまつ毛エクステサロンAmelie(アメリ)01を東京・渋谷に立ち上げました。そして27才のときにはなんと会社を設立!若くして起業し、成功し続ける直子さんに、サロンの立ち上げのきっかけや秘話などを伺います。

編集部:そもそもなぜ、まつ毛エクステサロンだったのですか?
直子さん:「女性に関わる仕事がしたかった、本当にそれだけなんです。25才のとき、将来が不安でこの先どうしよう…そう迷ったときに出会ったのがまつエクの世界でした。もともと、美容師を目指していたので、美容師免許は持っていたんです。当時、その国家免許を活かせるのって?と探してたまたま見つけたのが、まつ毛エクステサロンの仕事だったんです。これだ!と決めたその日には、『お店で働かせてください』と電話をかけていましたね」

編集部:その行動力、すごいですね!そこからどうやって、自分のお店をもつことになったのですか?
直子さん:「いくつかのサロンで働かせてもらったのですが、どこも接客も仕事内容も本当にひどくて。面接のときに約束した勤務時間や福利厚生などはまったく話が違っていました。スタッフが気持ち良く働け、そして何より女性が心地よく通えて、本当のキレイを手にすることができる、そんな自分がイメージするサロンに出会うことができなかった…だったら自分で作ろう!と(笑)」

編集部:実際にお店を立ち上げるとき、具体的にどんなことをしたのか教えてください!
直子さん:「基本的には出不精な私ですが、なぜかこういうときの行動力は昔からすごいみたいです(笑)。サロンを立ち上げるときは、友人にモデルをお願いしてサロンのビジュアル撮影、それからお店のメニューやホームページ作り、店内のインテリア、家具のセレクトなどなど…ありとあらゆる必要なものはすべて自分で行いました。 何かを参考にしたというよりは、頭の中にある好きのイメージをそのまま形にしていった感じですね。事務的な作業はわからないことばかりだったので、人に聞いたりアドバイスをもらいながら…なんとか。とにかくやることが多くて、当時は休むことなく働き続けていました」

編集部:直子さんの頭の中にある「好き」は、例えばどんなものですか?
直子さん:「私はパリの街が大好きです。パリを歩くたびに漂う街の空気が心地よくって、そんなパリのような心地よさを店作りにもいかしたいと思い、店内はパリのアパルトマンをイメージしました。あとは、是非、お店に来て見て感じていただけると嬉しいです♡」

02

▲サロンAmelieの入り口。

03

▲Amelieの店内には、直子さんセレクトの雑貨や食器なども販売しています。

04

▲パリのアパルトマンをイメージしたかわいくて、居心地の良い店内。

編集部:お店を立ち上げるときに、苦労したことはありますか?
直子さん:「すべてが初めてのことだったので、ゼロから常に手探りで進めていました。その中でも一番苦労したのは、人材の育成です。 自分だけが高みを目指していても意味がないので、スタッフのモチベーションや技術力の向上には、本当に力を入れました。何度もスタッフとミーティングをして、自分の気持ちや目標を話してきました。人材が育っていくのと同時に、サロンの経営もうまくいっていったんです。一緒に戦い抜いてきたスタッフは、本当に仲が良いですし、頼りあえるんです♡」

05

▲毎年ハロウィンには、スタッフと一緒に仮装を楽しみます♡

06

▲会社のスタッフが祝ってくれた30才の誕生日。

07

▲社員旅行は女子スタッフオンリーで沖縄やグアムへ。

編集部:最後に、まつエクサロンを立ち上げてよかったと思うことを教えてください。
直子さん:「お客様ひとりひとりのご来店、それが私の喜び。『まつエクがきっかけで、出会いに繋がり結婚しました!』と、通っていただいているお客様から報告を受けることもあり、本当にうれしかったです。オープン当時、Amelieでまつ毛をつけるとモテる♡という噂話もあったんです。これからもたくさんの女の子に恋するまつ毛を体験してもらえたらなと思います」

仕事もプライベートも順風満帆な直子さん。先日発売したライフスタイルブック『NAOKO balance』では、起業の話をはじめ直子さんの半生が詳しく書かれています。実際に手にとってチェックしてみてくださいね。

次回は、直子さんのファッションについてネホハホします。乞うご期待!

08

▲書籍『NAOKO balance』発売イベントで福岡へ行ったときの写真。初のトークショーは大盛況。

『NAOKO balance』(双葉社) ¥1,620

【SNSアカウント】
Instagram nao_70koro
twitter  nao_70koro
公式ブログ こちら

初出:しごとなでしこ

高山直子

大阪府出身。26歳のときに東京・渋谷にてまつ毛エクステ専門店「Amelie」を設立、現在は池袋・銀座・大阪など全国に計5店舗を構えるほか、自らがディレクターを務めるアパレルブランド『la Balance』を立ち上げるなど、起業家として注目を浴びている。一方で、MOREビューティーズ(集英社)として雑誌掲載やBS-TBS系の番組にも出演するなど、 “女性の美のトータルプロデューサー”としてのプレゼンスに磨きをかけている。ブログ、SNSなどのメディアでの影響力も抜群。SNSのフォロワーは11万人をこえるインフルエンサーでもある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.02.20

編集部のおすすめ Recommended

本誌3月号 P.109に掲載しているSHISEIDOのイベント開催期間が以下の通り、変更となりました。変更前)2/1~3/24、変更後)2/2~4/21。訂正してお詫び申し上げます。

本誌3月号 P.185 右上に掲載しているROPÉのツイードジャケットの値段が以下の通り、 変更となりました。変更前)¥26,000、変更後)¥36,000。訂正してお詫び申し上げます。

Feature