Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 一度行ったら絶対リピーター♪ 全面リニューアル「宮崎フェニックス・シーガイア・リゾート」で贅沢女子旅

LIFESTYLE

2018.03.22

一度行ったら絶対リピーター♪ 全面リニューアル「宮崎フェニックス・シーガイア・リゾート」で贅沢女子旅

旅好きエディター武田麻衣子による宮崎の旅レポート。2回目は新生シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートにステイしたお話。

武田麻衣子

食も遊びもスポーツも♡ “楽しい”が詰まった新生シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート「クラブフロア」に宿泊♪

ジェットスターが就航し、より気軽に行けるようになった宮崎。その宮崎が誇る大型リゾート施設フェニックス・シーガイア・リゾートは、昨年、開業以来、最大規模のリニューアルが完了。広大なリゾートエリアの中心に位置するシーガイアのフラッグシップホテル、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートも美しく進化を遂げました。

すべてのお部屋が海に面し、雄大な太平洋の絶景を誇るこのホテル。なかでも、贅沢女子旅にいちばんのおすすめは、36階以上に新設されたワンランク上のプレミアムカテゴリー「クラブフロア」に宿泊すること。

「クラブフロア」のお部屋は36階以上なので眺望抜群。マンゴーや日向夏など、さんさんと降り注ぐ太陽に育まれた宮崎のフルーツを思わせるイエローを取り入れた明るいインテリアで広々とした空間が快適です。

▲南北に果てしなく続く海岸線を目の前に、太平洋から昇る朝陽や夕景がこんなふうにお部屋から見えるのが素敵♪ どの時間帯も海や空が美しく、眺めているだけで幸せな気持ちに。

▲大きな窓に明るいイエローのインテリア。こんな贅沢な「クラブフロア」のお部屋が¥21,800〜とは驚きです。自在に回転するソファはクラブフロアだけの特注品。海を見たり、TVを観たり、自由自在に動かせるのが心地よい。

そして「クラブフロア」宿泊者専用ラウンジ「シェラトンクラブ」が自由に使えるのがこのお部屋 タイプの大きなメリットです。

広々と静かで落ち着いたラウンジでは、朝食には宮崎野菜をふんだんに使用した洋食ビュッフェを、ティータイムには猿田彦珈琲監修の珈琲やスイーツ、夕方のカクテルタイムではシャンパンやアペタイザーなどをフリーで頂けるのがうれしい。

いつでものんびりゆったり優雅に時間を過ごせるラウンジ。チェックインやチェックアウトをこちらでできるのも特別感満点。

▲ラウンジの朝ごはんビュッフェは洋食系。ほかに冷汁など宮崎の伝統食をはじめ、多彩なメニューがたっぷり頂ける和食&洋食の朝ごはんビュッフェは「パインテラス」で、また和定食も選べるルームサービスも。自由に選べる朝ごはんの充実はこのホテルの大きな魅力。

▲ティータイムにはスイーツやフルーツ、デニッシュなどが自由に頂けます。

▲クラブフロアの宿泊者は優先的にレストランやアクティビティの予約を受け付けてくれるのもポイント。また2Fの「ピローギャラリー」では、ひとりひとりの後頭部から首までの頚椎ラインを計測し、最適な枕をフィッティング。シェラトンオリジナルのベッドと合わせて最上の睡眠環境に。これもクラブフロアだけの特典!

宮崎の自然に触れるアクティビティで癒される1日を♪

こちらのホテルが力を入れているのは、アクティビティーと食事です。

滞在中は、隣接している有名なゴルフ場「フェニックスカントリークラブ」、「トム・ワトソンゴルフコース」でのラウンドや、夏場は水辺のリビング「THE LIVING GARDEN」でのプール遊び、クロマツ林に囲まれた広大な敷地内を巡る「セグウェイツアー」、「乗馬」、「レンタサイクル」、「ノルディックウォーキング」など自然を楽しめるアクティビティーがいっぱい。

▲神話の国として有名な宮崎。シーガイアのそばにも、国生みの神とされるイザナギノミコトとイザナミノミコトをご神体とする「江田神社(えだじんじゃ)」や、そのイザナギノミコトが禊を行ったとされる「禊池(みそぎいけ)」があるので、そこまでウォーキングやレンタサイクルで行ってみるのもお薦めです。パワースポットならではの気の良さが心地いい!

特に注目は1時間の「セグウェイツアー」。インストラクターの方が最初に乗り方を教えてくれるので誰でもすぐに乗りこなせる上、黒松林をスイスイ移動するのはとっても楽しい! インストラクターがリゾートの自然環境や宮崎の神話の話をしながらの1時間はあっという間です。

これらのアクティビティーについては、ホテル2F「アクティビティーセンター」へ。シーガイア内のことはもちろん、宮崎の観光情報のアドバイスやレンタカー手配などさまざまなお手伝いをしてくれます。ここもおしゃれな雰囲気!

▲「アクティビティーセンター」隣の宿泊者専用のテラスラウンジ「風待ちテラス」には、旅をテーマにした本がいっぱい。煎れたてのコーヒーやカフェメニューを頂きながら、宮崎旅のプランを練ったり、奥のレタールームにあるシーガイアの魅力を表現した多彩なポストカードで旅の思い出をお手紙に残したり。ソファも快適で居心地抜群。ずっとここにいたくなっちゃうかも♪

▲レタールームがすごく素敵。文房具好きにはたまらないラインナップ。自由に使える万年筆や色鉛筆、スタンプは、SNSが当たり前の今だからこそとても新鮮。「未来へ」「大切な人へ」「あてのない手紙」3つのポストが用意され、未来の自分への手紙は最長20年間ホテルで大切に保管されます。

ホテル内だけで完結するほど施設充実の、まさにパーフェクトパッケージな「シェラトン・グランデ・オーシャン・リゾート」。絶対行ってみてほしいホテルです。

次回は、こちらの美味しいスポット、癒しのスポットをご紹介します。

武田麻衣子/Maiko Takeda ファッションエディター

大学在学中よりファッション雑誌の編集者としてキャリアをスタート。以降、Oggi、Domani、Precious、和楽などで活躍。ゴルフ、歌舞伎鑑賞、ドライブ、クッキングなど、趣味を生かしたカルチャーなページづくりにも定評あり。

遊びや仕事で訪れるたびにハワイ愛が膨れ上がり、3年前、ついにオアフにコンドミニアムを購入。行ったり来たりのデュアルライフをエンジョイ中。
instagram→@maikotakedaogawa


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.12.19

編集部のおすすめ Recommended

Feature