Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. 海外
  5. 素敵すぎるハノイのオペラハウス。ドレスアップはZARAのロングワンピで

LIFESTYLE

2022.05.25

素敵すぎるハノイのオペラハウス。ドレスアップはZARAのロングワンピで

ハノイに駐在する旦那さまに帯同して、4月からベトナム・ハノイでの新生活をスタートさせた神谷さん。今回は、ハノイでのオペラ鑑賞についてご紹介します。

オッジェンヌ 神谷成美

ハノイでパリ気分!? オペラハウスへ行ってきました!

ベトナムの中でも歴史的な建造物が多く残されているハノイ。

今回は、市の中心部にあるハノイ歌劇場、通称「オペラハウス」を紹介します。

オペラハウスは、ベトナムがフランス領だった時代に、パリのオペラ座にならって建設され、1911年に完成しました。

当時は上流階級の人たちがオペラや室内劇を楽しんだのだとか。

この辺りは、今なお「フレンチクオーター」として親しまれ、高級ブランドの路面店や外資系ホテルが点在するエリアです。

そのおしゃれな街並みから「インスタ映え」する場所としても大変人気で、いつも多くの人で賑わっています。

この日はベトナム出身の若手指揮者&ピアニストの演奏会!

この日は、週末を利用してベトナム国立交響楽団の第141回定期演奏会へ行ってきました!

ベトナム出身の若手指揮者&ピアニストをゲストに招いて、「ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番」と「ベートーベンの交響曲第7番」を演奏していました♪

長い歴史を持つオペラハウスでは、演劇やオーケストラの演奏はもちろん、政府関係の式典が行われるなど、文化的な拠点として幅広く利用されてきました。

正面エントランスから中へ入ると、大理石の大階段と深紅のじゅうたんが目を引きます。

アンティークのランプが輝き、劇場に入る前からすでにゴージャスな気分になれました。

オペラハウス内へ入るのは初めてだったので「演奏会? オペラハウス? 何を着ていけばいいの?」と困りつつ、豪華なオペラハウスにふさわしい装いをということで、ドレスアップをして参加してみました。このワンピースは、ハノイのZARAで現地調達。ブルーが華やかなロングドレスを選びました。

コンサートホールは天井が高く、3階席まで用意されています。

座席は600席ほどで、ステージとの距離が近く感じられるため、オーケストラの演奏を目の前で楽しむことができるんですよ。

二度目の演奏会は、スカーフを巻きフレンチシックな装いで

幸運にも、先日二度目の演奏会の機会があったので、このときは少しフレンチシックを意識して、白のトップスとフレアスカートに大判スカーフを合わせてみました。

この日は「ベートーベンの第九」でした! なんと指揮者は日本人の方。ベトナム国立交響楽団(VNSO)の指揮者は長年日本人の本名徹次氏が務めています。

VNSOはまだ発展途上の楽団で、レベル的に言うと日本のアマチュアオーケストラと同じくらいなのだそう。観客側もゆる〜い感じなので、上演後に遅れて入ってくる人もちらほらいました。

堅苦しくなく良い意味で敷居が低いので、クラシック初心者の私的にはありがたかったです…!

オペラハウスでは毎月様々な作品が上演されていて、演目により多少上下するものの、チケットは40万ドン(=約2,400円)前後で購入可能だそうです。

110年の歴史を持つハノイオペラハウスは、東洋と西欧がミックスされた美しい空間でした。ハノイを訪れる際にはぜひ足を運んでみてほしいスポットです。

ハノイオペラハウス(hanoioperahouse.org.vn)

公演チケット販売の情報はこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.16

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature