Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. LOVEニュース
  4. 彼女の部屋でドン引きしたこと… 3位 年齢不相応な部屋、2位 汚い水回り、ならば1位は?

LOVE

2022.02.02

彼女の部屋でドン引きしたこと… 3位 年齢不相応な部屋、2位 汚い水回り、ならば1位は?

ウェブスターマーケティングは、全国の男女500人を対象に「彼氏彼女の部屋でドン引きしたこと」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から「彼女の部屋でドン引きしたこと」の調査結果を紹介します。

男性139人に聞いた! 彼女の部屋でドン引きしたことは?

楽しいおうちデートのはずが、恋人が部屋に来たあと急によそよそしくなった、二度と部屋に来てくれなくなった… そんな経験をしたことはありませんか?

もしかしたら恋人は、あなたの部屋に「ドン引き」したのかもしれません。

今回、ウェブスターマーケティングが運営するLoveMAは、全国の男女500人を対象に「彼氏彼女の部屋でドン引きしたこと」についてアンケート調査を実施しました。その中から「彼女の部屋でドン引きしたこと」の調査結果を紹介します。

彼女の部屋でドン引きしたことランキング!

男性139人に「彼女の部屋でドン引きしたこと」を聞いたところ、回答は以下のようになりました。

トップ3をランキング形式で紹介します。

3位:年齢不相応な部屋

(c)Shutterstock.com

・ぬいぐるみなどが多く、ファンシーすぎる部屋だった(20代・男性)
・足の踏み場もないくらいの部屋に敷きつめられたぬいぐるみ(20代・男性)
・30代の女性の部屋だったのですが、ぬいぐるみや人形で部屋中が埋め尽くされ、どう見ても「幼い子どもの部屋」という印象だった(40代・男性)

3位は「年齢不相応な部屋」。部屋に飾ってあるぬいぐるみや人形にドン引きしたという回答が目立ちました。

「子どもっぽいところもかわいい」「普段はキリッとしてるのに、ギャップがあってかわいい」と感じるのではなく、引いてしまう男性もいるようです。ただ、ドン引きしても、個人の趣味なので口には出さないという男性が多くいました。

内装については「部屋がピンクすぎた」「白で統一されていた」など、色に引いたという男性もいました。

部屋に飾るものや内装は趣味なので、引かないで! と言いたくなる気持ちになりますが、それで相手の気持ちが離れてしまうのは悲しいことですね。部屋の雰囲気が、恋人の趣味とあまりにかけ離れているようなら、少し抑え目にするなど工夫をしても良いかもしれませんね。

2位:水回りが汚い

(c)Shutterstock.com

・トイレの備品が全然なくて、異臭や汚れにひきました(30代・男性)
・キッチンのシンクがものすごく汚くてドン引きしたことがあります。水道レバーは水垢だらけ、排水口もヌルヌルでした(40代・男性)

第2は「水回りが汚い」でした。

特にトイレの汚さを挙げた男性が目立ちました。トイレの便座を挙げて用を足す男性が多いため、便座裏の汚れも目に付きやすいようです。

他にもキッチンなどの水回りが不潔だと冷めてしまうという男性が複数いる結果となりました。

​掃除が大変な水回りではありますが、恋人への印象だけでなく、普段の生活を良い気分で過ごすためにも、定期的に掃除をする方が良さそうですね。

1位:部屋が汚い

・室内に下着が散乱して、よく見ると穴が開いていた(20代・男性)
・掃除しておらず、ホコリが積もっていた(30代・男性)
・部屋がとても汚くて、冷蔵庫の中にあるものが腐ってた(30代・男性)

1位は「部屋が汚い」でした。

部屋が汚い女性は、男性から「だらしない」「掃除以外のことも苦手そう」と思われやすいようです。来るとわかっているんだから片付けてほしい、と感じる男性も多いのかもしれませんね。

ただ「綺麗な部屋だったが、洗濯物や片付け物が押入れに投げ込んであった」という回答も。その場しのぎで片付けても、普段は汚いとバレてしまうこともあるようなので、こまめに片付ける習慣をつけておくことも大事かもしれませんね。

* * *

4位以降や、彼氏の部屋でドン引きしたことなど、詳細をもっと知りたい方はこちらをチェック!
【彼氏彼女の部屋でドン引きしたことランキング】男女500人アンケート調査

【調査概要】
調査対象:全国の男女
調査日:2021年12月23日~28日
調査方法:インターネットによる任意回答
調査人数:500人(女性361人/男性139人)
調査対象者の年代:10代 0.8%/20代 31.8%/30代 42.4%/40代18.2%/50代 6.8%

LoveMA

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.28

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature