ペン先が緩まない! 書き心地抜群! シャープペンは「スマッシュ」で♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 文房具・ステーショナリー
  4. ペン先が緩まない! 書き心地抜群! シャープペンは「スマッシュ」で♡

WORK

2022.01.11

ペン先が緩まない! 書き心地抜群! シャープペンは「スマッシュ」で♡

ぺんてるから、シャープペン「スマッシュ」の新色モデルが2022年1月28日(金)に新発売!

グリップとペン先が一体化したシャープペン

図やアイディアなど書いては消してを繰り返すときに欠かせない「シャープペン」。とにかく書きやすいものを選びたい。

そんな人におすすめなのが、ぺんてるのシャープペン「スマッシュ」!

「スマッシュ」は、シャープペンでは珍しく「先金(さきがね)」と呼ばれるペン先部分と、グリップが一つのパーツでできているシャープペン。グリップとペン先が一体化しており、筆記中にペン先が緩まないところがポイント。

小さな四角のラバーが特長のグリップは、指先にフィットし、滑らずしっかり握れます。また、前軸全体が真ちゅう製で、ペン先側がやや重い低重心となり、バランスの良い書きやすさが魅力。

パイプは、製図用シャープペンに使われているプロ用の4mmパイプが採用されています。

そのほか、内蔵した芯の硬度が一目で分かったり、ラバーノックの押し心地が良かったりという使いやすい工夫も!

新色「レッド」と「ダークグレー」が仲間入り♡

この「スマッシュ」は1987年に発売され、シャープペンの名品として人々から愛される存在に。今回、発売35周年を機に、ユーザーが思う“スマッシュらしさ”を徹底的に掘り下げ、「どう書くかは自分が決める」という新キャッチコピーにすると共に、「書きたいように書ける」という“スマッシュらしさ”を体現した新たな定番色「レッド」と「ダークグレー」が2022年1月28日(金)に登場。既存のブラックを加え、3色展開になります。

新色「レッド」と「ダークグレー」は、ブラック軸同様、疲れ目の原因となる不要な光の反射を防ぐため、マット調に。

さらに、スマッシュのカラーリングをイメージした「スマッシュ×アイン替芯シュタイン」と「アイン×スマッシュ消しゴム」も同日に限定発売!「スマッシュ×アイン替芯シュタイン」は、「濃さ」と「強さ」を両立しつつ紙面にしっかり定着し、筆跡や手が汚れにくい替芯

一方、「アイン×スマッシュ消しゴム」は、お気に入りのスマッシュとペアで持てる、しっかり握れて消しやすい消しゴム。スマッシュのラバーグリップをイメージし、スリーブに特殊な印刷加工が施されています。

※「アイン×スマッシュ消しゴム」のブラックは定番品

* * *

書き心地抜群のシャープペンで、どんどん書き進められそう!! しかもオシャレなデザインで、ビジネスパーソンにぴったり♡ 日々、欠かせないシャープペンに♪

【商品概要】
価格:スマッシュ 1,100円、スマッシュ×アイン替芯シュタイン 220円、アイン×スマッシュ消しゴム 110円
販売場所:全国の文具取扱店
※価格はすべて税込表示


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.22

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature