「あるある〜」の連続!「今のままでいい?」と悩む女性に刺さる『A子さんの恋人』 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 雑誌・書籍
  5. 「あるある〜」の連続!「今のままでいい?」と悩む女性に刺さる『A子さんの恋人』

LIFESTYLE

2022.01.03

「あるある〜」の連続!「今のままでいい?」と悩む女性に刺さる『A子さんの恋人』

書評家の石井千湖さんが、「女性のお守り」になるような本を紹介してくれる人気連載。今回は、心に迷いを抱えている女性はきっと「あるある〜」を連発してしまうコミック!

今のままでいいのかな? と悩むアナタへ

年齢を重ねるにつれ、「私、このままでいいのかな…」と悩むことが増えてきた。そんな女性へ、今回書評家の石井千湖さんがおすすめするのは『A子さんの恋人』。

恋人や友達、家族と絡まりあう29歳主人公のリアルな日常に、思わず共感してしまうこと間違いなし!

29歳の女性の日常描写に励まされ、癒される

『A子さんの恋人』

このままでいいのか、変わるべきなのか。29歳は何か選択を迫られている気がしてしまう歳なのだろう。近藤聡乃の『A子さんの恋人』は、29歳の人はもちろん、これからその年齢を迎える人にも、通り過ぎた人にも手にとってほしい。心に「迷い」を抱えている人ならきっと刺さるコミックだ。

主人公のA子は29歳の漫画家。3年間住んでいたニューヨークから帰国したばかりだ。A子にはふたりの恋人がいる。ひとりは大学時代の同級生A太郎。もうひとりはニューヨークで知り合った翻訳家のA君。かっこよくてみんなの人気者のA太郎は、別れたつもりだったのに、再びA子の懐に入り込もうとする。頭がよくてちょっと意地悪だけど甘やかし上手のA君は、A子がニューヨークに戻ってくるのを静かに待っている。どちらかをパートナーに選ぶのか、それともひとりでいたいのか。日本で暮らしたいのか、アメリカにまた行きたいのか。A子は自分の気持ちがわからない。だから1年間かけて考えていく。

主人公がタイプの異なる男性の間で揺れる物語はありふれている。A子の優柔不断ぶりに苛立つこともあるかもしれない。でも次々とページをめくってしまうのは、A子を取り巻く29歳の女たちがすばらしいからだ。真面目で仕事はできるけど全然モテないK子、恋愛経験豊富だけど何事にも無頓着なU子、かわいくてチヤホヤされるけど本命のA太郎には片思いをこじらせているI子。A子と同じ美大に通っていた3人が、お互いのダメな部分にツッコミを入れるところは面白くて痛快だ。欠点がある人間同士の友情だからこそ尊いと感じる。

「地味」と言われるA子の魅力もだんだんわかってくる。「アイ・ラブ・ユー」という言葉の意味を巡って、A子とA太郎が語り合う最終巻がとてもいい。読み終わった後、だれかと感想を交換したくなる。

『A子さんの恋人』全7巻(KADOKAWA)
著/近藤聡乃
恋愛、仕事、人生について、「そろそろ決めなくてはいけない」ことが山積みの29歳、A子。すぐに答えが出る問題でもなく、右往左往しながら思い悩むA子の日常がリアルに描かれる。半人前の大人たちが繰り広げる、問題だらけの恋愛模様に、自分自身や周囲の人を重ねることができる。

2021年Oggi3月号「働く30歳からのお守りBOOK」より
構成/正木 爽・宮田典子(HATSU)
再構成/Oggi.jp編集部

TOP画像/(c)Shutterstock.com

石井千湖

いしい・ちこ/書評家。大学卒業後、約8年間の書店勤務を経て、現在は新聞や雑誌で主に小説を紹介している。著書に『文豪たちの友情』、共著に『世界の8大文学賞』『きっとあなたは、あの本が好き。』がある(すべて立東舎)。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.20

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature