【マニア絶賛】成城石井でしか買えない「desica」シリーズおすすめ菓子3選 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. スイーツ
  5. 【マニア絶賛】成城石井でしか買えない「desica」シリーズおすすめ菓子3選

LIFESTYLE

2021.10.11

【マニア絶賛】成城石井でしか買えない「desica」シリーズおすすめ菓子3選

日本各地のみならず世界中のおいしいお菓子がそろう成城石井。なかでも成城石井でしか作り出すことのできないこだわりの味が楽しめる「desica(デシカ)」シリーズはハズせません。今回は365日成城石井でお買い物を楽しむヘビーユーザーの朝岡真梨が秋の夜長に買い置きしておきたいお菓子を3つピックアップして紹介します。

成城石井の最高峰の証!「desica(デシカ)」とは?!

首都圏を中心におよそ190店舗を展開するスーパーマーケットの成城石井。筆者が成城石井に通いまくっている理由のひとつが成城石井でしか買えない商品があるから。

◆「職人の技」×「商品調達力」から生まれた「desica(デシカ)」シリーズ

「Delights Seijo Ishii Chef Approved」=「成城石井の職人が認めたおいしさ」の頭文字を取った成城石井オリジナルブランド「desica(デシカ)」。自家製のデザートなどを生み出している職人さんたちが、自社輸入のメリットを最大限に生かして調達している高品質な原材料をたっぷり使って開発しているから、リーズナブルなのに逸品ぞろいなんですよ。

今回はそんなdesicaシリーズのお菓子のなかから、アーモンドフロランタン(左)、和三盆ポルボローネ(中央)、有機イチジクと有機アプリコットのマクロビクッキー(右)の3つを実食レポートします。

個包装されてて食べやすい「アーモンドフロランタン」

▲アーモンドフロランタン422円

ビスキー生地にキャラメルコーティングされた香ばしいスライスアーモンドが乗った焼き菓子です。成城石井のアーモンドフロランタンの特徴はフランス産の小麦粉や有機ココナッツシュガー、アカシア純粋蜂蜜が使われているところ。成城石井らしさが光る材料がたっぷり。

一口サイズで個包装になっていて7個入り。好きな時にちょこちょこつまめるのが気に入っています。

口に入れた瞬間にほろほろとける♡「和三盆ポルボローネ」

▲和三盆ポルボローネ486円

ポルボローネとはスペインのアンダルシア地方に伝わる伝統的なお菓子で、クリスマスやお正月によく食べられているんです。成城石井のポルボローネの特徴は、マーガリン・ショートニングを使用しないで、香り豊かなバターをたっぷり使っているところ。成型できるぎりぎりの30%までバターの配合比率が高めているからおいしさ抜群。

ポルボローネにもフランス産の小麦粉とアカシア純粋蜂蜜が使用されているんですよ。口のなかにいれたときにほろほろ崩れるような繊細な食感とコクのある味わいがたまりません。

desicaシリーズがスタートした2017年当初からある人気の定番お菓子で、今は「宇治抹茶」や「有機ほうじ茶」、「北海道えびすかぼちゃ」などいろんな味が登場しているんですが、実はフレーバーごとに形が少しずつ違っている点にもご注目ください。

私は紅茶にもコーヒーにも緑茶にも合う和三盆が、今でも一番大好きです。本場を超えた成城石井らしいお菓子だと思います。

ヘルシーな毎日におすすめ「有機イチジクと有機アプリコットのマクロビクッキー」

▲有機イチジクと有機アプリコットのマクロビクッキー486円

いくら食べても罪悪感が残らないギルティーフリーなおやつといえば、成城石井の有機イチジクと有機アプリコットのマクロビクッキー。マーガリンや動物性原料、白砂糖不使用なんです!

小麦粉も全粒粉が使われているから腸活にも一役買ってくれるし、ゴロゴロしたイチジクやアプリコットも有機のものが使われていてとても健康的。

食べ応えがあるので、おやつはもちろん、小腹が減った時の夜食にもおすすめです。

今回ご紹介した商品はすべて災害復興支援の対象となっており、商品の収益の一部は被災地の復興支援の基金に組み入れて活用されるそう。食べることで被災地の応援ができるのは個人的に嬉しいです。

成城石井

※文中の表示価格は、税込価格です。
※記事内容は公開当時の情報に基づくものです。
※記事中の感想は筆者個人の感想です。

朝岡真梨

世界50か国200都市を超える海外旅行の経験をもとに、各地のグルメや観光スポットの魅力を紹介している。最新のIT機器に関する取材も多く、女性目線からの分析が得意。キャラクターや英語にも明るく、コピーライティングの分野では他業種に関わっている。旅行先ですったもんだした体験や主婦業をラクして乗り切るヒントを綴っている「遊んでばかりのスナフキン」が人気。Instagram:@yans_publisher Twitter:@Yans_Publisher


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.17

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature