【暗めアッシュブラウンを明るさのレベル別に紹介】地毛の色に合わせてお気に入りを | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ヘア
  4. ヘアスタイル
  5. 【暗めアッシュブラウンを明るさのレベル別に紹介】地毛の色に合わせてお気に入りを

BEAUTY

2021.11.01

【暗めアッシュブラウンを明るさのレベル別に紹介】地毛の色に合わせてお気に入りを

アッシュカラーの中でも圧倒的人気の「アッシュブラウン」。日本人の髪になじみやすい色で、自然に髪色を整えてくれます。ただ一言で「アッシュブラウン」と言っても、明るさ・髪型によって見え方が違いますよね。どんなニュアンスがイメージなのか、理想なのかを確認しましょう。

【目次】
【人気の理由】アッシュブラウンの魅力
【6レベル】地毛の色味に透明感をプラス
【7レベル】ほんのり明るくやわらかな質感
【8レベル】髪の長さによっても違って見える
【9~10レベル】だとどのくらい明るくなる?

【人気の理由】アッシュブラウンの魅力

◆質感とレベルをおさらいしよう

グレーみのあるアッシュカラーが大人の女性に人気。日本人の髪色になじみやすく、品のいいやわらかな印象を与えてくれます。中でも「アッシュブラウン」は、髪の赤み・黄みをナチュラルにカバーしてくれる王道カラー。

■質感とレベルをおさらいしよう

髪の明るさを調整する『レベル』は、数字が小さいほど暗い色味になります。

日本人の髪色レベルは3~6くらい。人それぞれのもつメラニン色素によってもさまざまですが、地毛の色味をキープするダークなニュアンスが理想なら、6~8レベルくらいがおすすめ。

それでは、レベルごとに髪色のニュアンスをチェックしていきましょう。紹介するカラーリングはすべて『ブリーチなし』の落ち着いた色味です。

逆三角形りんかくを柔らかい印象に。長めバングの大人ショートボブ

【6レベル】地毛の色味に透明感をプラス

◆気になる赤みをカバー

気になる赤みをカバー

6レベルで髪色をキープしつつ、くすみや赤みをカバー。品のいい洗練された印象に。

ダークカラーでもお洒落! 軽やかミディアムレイヤー

【7レベル】ほんのり明るくやわらかな質感

◆ハイライトで動きをプラス

ハイライトで動きをプラス

ハイライトを7レベルのアッシュブラウンで。明るさが加わり、動きのある軽やかな雰囲気に。

やっぱり王道ボブが好き! 今っぽいセルフアレンジ

【8レベル】髪の長さによっても違って見える

◆ショートヘア

ショートヘア

髪が透けにくいショートヘアは、明るめの8レベルでも落ち着いた雰囲気に。赤みもしっかりカバーします。

人気のショートヘアを女性らしく洒落るコツは?

◆ミディアムヘア

ミディアムヘア

細めのハイライトを入れてから、8レベルのアッシュブラウンをオンカラー。ツヤ感&透明感をプラスします。

ローレイヤーでふんわりお洒落ミディに

【9~10レベル】だとどのくらい明るくなる?

◆9レベル

参考までに9~10レベルも確認しておきましょう。

9レベル

ほのかにカラーリング感のある9レベル。それでも落ち着いた雰囲気をキープできるので、軽やかさが欲しいときにおすすめです。

大人ナチュラルにぴったりな美人ショート

◆10レベル

質感がやわらかく見えることで、重たさを排除できる印象。

10レベル

さらにやわらかな質感が加わる10レベル。地味だったり硬く見えがちな直毛タイプにもおすすめです。

※もともとの地毛の色味によって仕上がりの見え方が異なりますので、美容師さんにイメージを伝えてレベルを決めましょう。

“若見え”を叶える美人ショート! 大人かわいくマスク映えも


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.18

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature