全室オーシャンビュースイート! 暮らせるリゾート【HIYORIオーシャンリゾート沖縄】滞在記 #1 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. 全室オーシャンビュースイート! 暮らせるリゾート【HIYORIオーシャンリゾート沖縄】滞在記 #1

LIFESTYLE

2021.08.12

全室オーシャンビュースイート! 暮らせるリゾート【HIYORIオーシャンリゾート沖縄】滞在記 #1

「暮らせるリゾート」として2021年3月にオープンした【HIYORIオーシャンリゾート沖縄】へ行ってきました。ホテル内のプールやお部屋でのんびり過ごした沖縄旅をレポ! Oggi専属読者モデル 篠原菜月さんが詳しくレポートします!

オッジェンヌ 篠原菜月

全室オーシャンビュー! 沖縄のリゾートホテルで優雅な旅♡

少し前の休暇に、沖縄へ行ってきました! 私にとっては20代の時に訪れて以来、6年ぶりの沖縄。真っ青な海と太陽が恋しい…! 毎日仕事を頑張るご褒美に、感染対策をしっかりして弾丸1泊2日で沖縄へ。

30代半ばになった今は旅先でのホテルの時間も大切。ちょっとリッチな非日常空間が味わえて、お部屋が綺麗で、お食事が美味しくて…♡ と期待しちゃいます。

今回宿泊したのは2021年3月にオープンしたばかり&大人女子が好むポイントを押さえた【HIYORIオーシャンリゾート沖縄】。

HIYORIオーシャンリゾート沖縄は「暮らせるリゾート」をコンセプトに、客室にはキッチンと乾燥機付き洗濯機が完備。Wi-Fi環境も整っていて長期滞在もできるリゾートホテルです。広くて綺麗なHIYORIオーシャンリゾート沖縄から一歩も出ずにとにかくのんびり過ごした今回の旅行。

滞在中ずっと快晴で食事も美味しく、沖縄から帰ってきた私のエネルギーは充電満タンです♪

そんなHIYORIオーシャンリゾート沖縄の魅力を2回に分けてたっぷりレポートします!

東京からHIYORIオーシャンリゾート沖縄へ!

東京・羽田空港から約3時間で到着する那覇空港。

HIYORIオーシャンリゾート沖縄は那覇空港からバスで1時間ほどの恩納村にあります。

あっという間に到着!

HIYORIオーシャンリゾート沖縄の入口ではシーサーがお出迎えしてくれます♡

沖縄ならではの入口にもうワクワクが止まりません…!

昨日の夜まで都心のオフィスで忙しく働いていた私は、沖縄のゆったりと流れる空気感にまず感激。

まるで海外のリゾートに来たような感じ! と思いながら歩いていくと…

開放感のあるエントランスが♡ 目の前には広い海と空が広がっています。

心地よい風と青い空! 沖縄に来てよかった~! と思える最高の景色です。

1階奥にはコンシェルジュカウンター、セレクトショップ、ヒルサイド バー&ラウンジ、ヒルサイドグリルレストランもあります。こちらで検温と消毒を済ませてからチェックイン。

チェックイン時にウェルカムドリンクの南国フルーツマンゴーを使用したジュースをいただきました。濃厚なマンゴーでとっても美味しい。レセプションロビーからも海が見えます♪

チェックイン後、いよいよメインエレベーターから客室へ。こちらは12階建て全203室あり、なんと全室スイートルームでオーシャンビュー!

サンセットビューも最高と聞いていたので楽しみ♡

豪華なスイートルームで贅沢時間を♡

HIYORIオーシャンリゾート沖縄は部屋タイプが5種あります。ラナイスイート、スイート、デラックススイート、プレミアスイート、ラグジュアリースイート。

今回私は9階のスイートにステイ。テラスを合わせ70㎡を超える広々空間です♡

ドアを開けると、ずっと楽しみにしていた客室の光景が♡

私の写真ではうまく伝わりきらないのが残念なほど、大きい窓一面に青い海と空が広がっています。

ロングステイに活躍するIHキッチン、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯乾燥機も備えられています。

鍋、フライパン、食器、カトラリーもフル装備。調味料レンタルセット(有料)もあるのだそう!

今回はショートステイでしたが、いつかここにファミリーで長期滞在したら楽しいはず… と夢が広がります。

こんな家に住みたい~♡ と思うような高級感あるインテリアでお部屋に到着した時からテンションマックス!

滞在中、少し仕事をしたのですが快適なお部屋で仕事もはかどります…!

ワイヤレスのBluetoothスピーカーもあるので、室内では好きな音楽をかけたり…。

冷蔵庫にはさんぴん茶とオリオンビール、さらに冷凍庫にはブルーシールのアイスクリームも!

沖縄といえばブルーシールのアイス。絶対に食べようと思っていたので、ホテル内でいただけるのは嬉しい♡

これらすべて無料でいただけるんです。嬉しすぎるサービスですよね。

毎日家でドリップコーヒーを飲むので、HIYORIオリジナルのドリップコーヒーが部屋でいただけるのも最高。

洗面台は広々、アメニティも充実していて持参の必要もありません。

ヘアアイロンもお部屋にありましたよ。ヘアアイロンってけっこう荷物になるので旅先に置いてあるのは嬉しい♪

大浴場「日和の湯」もありますが、部屋にもしっかりバスタブがあります。

さらに着心地のよいパジャマも。個人的に脚がすぐ冷えてむくみやすいのでボトム付きのパジャマはかなり高印象!

イタリアのオーガニックブランドのアメニティ♡ クレンジング、洗顔、化粧水、乳液なども完備されています。

携帯はOFFにしてテラスでほっと一息♪

恩納村の海を一望できる絶景を見ながら何とも優雅な時間! いつもはダイエットのため控えているスナック菓子とビールもせっかくのリゾートだし解禁! 至福の時間を過ごしました♡

青い海と空、サンセットにうっとり。景色が素敵すぎる♡

▲インフィニティテラス

とにかくここから美しい景色が最高なのです。

都心で過ごしていると空をゆっくり見上げるということもしていなかったような…。

テラスからぼーっと美しい海と空を眺めて心身ともにリフレッシュ。私はここからの景色が好きで、滞在中何度も時間と共に移りゆく空の色を見ていました♡

夕陽だけでなく、太平洋から昇る朝日も見ることができます。

なんだかうるっと泣きそうになるくらい、オレンジ色の美しいサンセットを見ることもできました。

▲オーシャンテラスプール

気持ちいい風がそよぐプールサイド。オーシャンテラスプールでは朝の時間にヨガや太極拳のアクティビティを開催。

私も朝ヨガに参加しましたが、太陽を浴び青い海を見ながらのヨガ、最高に気持ちよかった♪

▲屋内インドアプール・フィットネスジム

日焼けを気にせず泳げるインドアプールも。ジャグジーもあったので泳いだ後に体をリラックスさせることもできます。

インドアプールの近くにはオーシャンビューのフィットネスジムも完備。ホテルの食事やデザートがどれも美味しくたくさん食べていたので、滞在中フィットネスジムで軽くランニングもしました!

ヒルサイドグリルレストランでの食事も美味しい!

太陽を浴びてお腹が空いたところでランチへ。

▲ヒルサイドグリルレストラン

モーニング、ランチ、ディナーはすべて1階のヒルサイドグリルレストランで。

沖縄の美味しい食材を使ったメキシカンやイタリアンをベースにした料理はどれも最高に美味しくて感激。

せっかくなので、テラスでランチをいただきました。

コースをチョイスしたのですが、メニューには他に単品でHIYORIバーガーや沖縄フィッシュタコスなどもあり、それらも美味しそうで… 決めるのにかなり悩みました(笑)。

コースは、恩納漁港より鮮魚のセヴィーチェ、美崎牛すね肉とラグー タリアテッレのパスタ、鮮魚のメキシカンスパイシーグリル、デザート、コーヒー。

前菜からとってもボリューミーで美味しくて大満足! パスタのお肉は、口の中でとろけました。ライムを絞っていただくお魚は適度に脂があってぷりぷり。デザートはバスクチーズケーキ、HIYORIプリン、ティラミスから選べて、HIYORIプリンを選択。

私がランチの中で特に印象に残ったのはデザートのHIYORIプリン。バニラ系クリームプリンのアクセントに海ぶどうがのっていて、キャラメルソースをかけて食べるんです…!

ぷちぷちとした海ぶどうとプリンとキャラメルがとってもマッチしていて、何度でも食べたい斬新な一品でした。

今回のステイ中に感激したことが、もう一点。HIYORIオーシャンリゾート沖縄のホテルスタッフの皆さんの接客が素晴らしく、心地よく過ごせました。どなたに接客していただいてもすごく丁寧だったのが印象的です。

次回はサンセットを見ながらいただいたディナーや夜ヨガ、朝食についてレポートします。

HIYORIオーシャンリゾート沖縄

オッジェンヌ 篠原菜月

1986年生まれ。AneCan専属読者を経て2017年よりOggi専属読者モデルとして活動。通勤はパンツ派。フルマラソンを完走するなどアクティブな一面も。最近は、ファッション、コスメ、旅など幅広い記事を投稿中。身長165センチ。インスタグラムは@natsukishinohara


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.09.18

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi10月号P.60に掲載のフォークバイエヌのピアスの価格に誤りがありました。正しくは¥13,200になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature