懐かしの「リンプ-」ってわかりますか? 時短でもこんな艶髪って、時代は変わったな~♪ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. インフォメーション
  3. チームOggiのハマリモノ
  4. 懐かしの「リンプ-」ってわかりますか? 時短でもこんな艶髪って、時代は変わったな~♪

INFO

2021.06.28

懐かしの「リンプ-」ってわかりますか? 時短でもこんな艶髪って、時代は変わったな~♪

毎日の生活の中で編集部員たちが愛するモノやコトを紹介する「チームOggiのハマリモノ」。今回は「時間がない!!!」を言い訳にズボラ道を突き進む私が、使って2日で美容師さんも気づくほど「髪変」した、超実力派ヘアケアアイテムを紹介します!

「ちゃんと、リンスもできる、シャンプー」がトレンド大賞を受賞したのは、1988年

その昔、私がまだ中高生だったころに大流行したリンスインシャンプーといえば、資生堂「リンプー」。Oggi読者の方々はご存じないかもしれませんが… ワンアイテムでシャンプーもリンス(今ではコンディショナーと言いいますね…)もできるそれは、ものすごく画期的なアイテムだったのです。薬師丸ひろ子さんのCMでの「ちゃん リン シャン」というフレーズが今でもよみがえる、というアラフォー世代の方も多いはず。当時、思春期真っ盛りを迎えていた私は文字通り「毛づくろい」にうつつをぬかし、もちろんリンプーにも手を出していましたっけ。

時は流れて令和の自分。仕事に育児に毎日は目まぐるしく過ぎゆき、文字通り「髪を振り乱す」日々、毛づくろいなんて二の次三の次、いや十の次。忙しない日常の中で、正直コンディショナーは今日は飛ばす! なんて日もありまして。翌朝のゴワゴワ髪に、前夜の自分を呪うなんてことも数知れず…。

キャッチフレーズは“ほかに何もいらない、ヘアマスクで泡立てず優しく洗うから、カラー長持ち”。

そんな中、かつての「リンプー」ほどのインパクトを私にもたらしてくれたのが、この、エルゴン「マスクインウォッシュ」だったのです! 「美的」の現編集長が、数年前におすすめと言ってサンプルをくださったのが出合いでした。そのサンプルを数日使ってあまりにも髪の調子がよく、すぐに購入していたのに、なぜかそのことをすっかり忘れたまま、先日ストック引き出しから出てきまして…(なので、現在はこのチューブタイプの容器ではないようです)。

久々に使ってみて「ああ、コレコレ♡♡♡ 私にはコレがあった♡」と感涙

キャッチフレーズで謳われているとおり、形状はマスクというのがピッタリ。クリーム状なのです。なので、泡立ちはありません。それでも、しっかり汚れが落ちている実感があり、すすぎもラク。本当に手軽。時短。しかも実力は折り紙つきです。これを使い始めて2日目で美容院に行ったのですが、担当のカリスマ氏から「お! あんちゃん、シャンプー変えたね? いい感じ」と褒められたのですから。

さらにさらに。一緒に入浴している娘が「いい匂いだから使わせて♡」と言うので使ってみたところ、5歳児のもとから絹糸のような髪ですら、さらにしっとり輝く髪になったではありませんか!(おかげで「あなたはプリキュアシャンプーに戻りなさい」とは言い渡せず。なんなら坊主頭の小4男児もこっそり使っている様子ですが、こちらはさすがに目立った効果は確認できておりません… 笑)

なにはともあれ、梅雨時のじめじめシーズンにこんな逸品に出合えて、いろんなプチストレスから解放されたのは事実です。

副編集長 安藤奈津

主にファッション担当。お笑いと魚卵、本が大好物。プライベートでは一男一女の母。よって洋服は「動きやすさ・洗いやすさ」が優先になるため、小物で自己主張を試みる日々です。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.07.28

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature