ワキ汗対策が790円で叶うなんてありがたすぎ! 無印良品のコットンインナー | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. インフォメーション
  3. チームOggiのハマリモノ
  4. ワキ汗対策が790円で叶うなんてありがたすぎ! 無印良品のコットンインナー

INFO

2021.06.29

ワキ汗対策が790円で叶うなんてありがたすぎ! 無印良品のコットンインナー

毎日の生活の中で編集部員たちが愛するモノやコトを紹介する「チームOggiのハマリモノ」。今回は、肌に触れるものはコットン100%に限る! な編集田中が頼りにしている夏の相棒インナーのご紹介です。

無印良品の汗取りパッド付きインナーが快適すぎる! お値段なんと¥790!

接触冷感とか吸水速乾とか、優秀素材のインナーは星の数ほどあれど、やっぱり綿100%がいい! それが私のこだわりです。肌に直接触れるものは、なめらかすぎるものよりも、適度にざっくりとしたナチュラル感のあるものの方が心地よく感じます。同じ気持ちの方、いませんか?

そんな「コットンインナー」LOVERのみなさんにおすすめしたいのがこちら、無印良品の【汗取りパッド付きキャミソール/タンクトップ】です!

私は自分も他人もひく程の汗っかきで、学生時代は「私って代謝がいいんだな、いい体質だ!」と誇らしくさえ思っていたのですが、社会人になってからというのも、服の汗染みやにおいが気になるは、真夏の外回りでは訪問先のお相手に「外、雨降ってきました? 大変でしたね」と真顔で聞かれるは、この体質を恨めしく思うシーンが増えました。

そんなわけで私の夏は汗との戦い。スプレーとかお風呂の入浴剤とかいろんな制汗の対策をする中で、肌着を着るというのはベーシックでありながら、とても重要なことだなとつくづく思っています。そう、夏はトップス1枚のほうが涼しいと思われがちですが、肌に密着するインナーを着たほうがしっかりと汗を吸収してくれるから実は快適なんです。

二重のワキ汗パッドが服への汗の影響を軽減

先述したとおり、私は肌に触れるものは綿100%を選びたいタイプ。綿100%といえば、無印良品! というわけで、コットンインナーを探すときは真っ先に覗きます。こちらは昨年の夏に出合って、秋冬もカットソーやスウェットの下に着ていた愛用品。昔から愛用している方も多い名品だと思います。

ワキ部分には背の高いパッドが付いています。三日月のようなワキ部分が二重になっていて、そのさらに上部分にドラえもんのポケットのような生地がプラスしているデザイン。パッドというより、ワキ下の生地がやたらと広いデザイン、という言い方が正解でしょうか。

屈強な分厚いパッドが付属しているわけでもなんでもないですが、この背の高さと二重部分があるとないとでは大違い! というくらい、服への汗染みが軽減されるんです。分厚くないゆえにどんな服の下に着ても動きづらさがないですし、洗濯するとパッド部分の乾きが悪い… なんてこともなく、衛生面にも優れていると思います。

とにかく薄手の素材がいいんです

「綿でさらっと」「通気性が良い」というキャッチの通り、全体的にとにかく薄手。スッケスケの薄手です。ゆえに、暑くない。そしてこの一枚が肌の上にあるだけで、背中も胸元も、ちゃんと汗を吸い取ってくれるから、ほんとにありがたい存在だなあと思っています。

無印良品のインナーは価格タグも品質タグも無いのが好きです。品質表示がプリントなのは肌にガサガサしなくていいし、商品タグが無いからいちいちハサミで切る手間も省ける… ってそれを手間と感じていたのは私だけでしょうか(笑)。

無印良品でも定番中の定番だと思われるこの商品をあえていま声高におすすめしているのは、お店のPOPによると、今まで990円だったのが価格改定でこの先ずーっっと790円になったから! 毎日着る消耗品なので、200円の差ってありがたい! 肩紐が伸び切ったり、洗濯を重ねてもにおいがなんとなく取れなくなってきたら、潔く新調するタイミングかなと思います。

形はキャミソールとタンクトップ、色は白/黒/ベージュの展開。ちなみに私はキャミソールは紐が伸びるのでMサイズ、タンクトップはわりとピッタリするのでLサイズを選んでいます!

副編集長 田中ゆか

ファッションと美容の特集を担当。ゆるっと快適な生活を目指して「生活が楽になること」「即、気分が華やぐもの」を常に模索中。主食はラーメンです。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.01

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature