『鬼滅の刃』作曲家・梶浦由記氏の“梶浦語”には、こんな意味があった… | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 映画・テレビ
  5. 『鬼滅の刃』作曲家・梶浦由記氏の“梶浦語”には、こんな意味があった…

LIFESTYLE

2021.06.13

『鬼滅の刃』作曲家・梶浦由記氏の“梶浦語”には、こんな意味があった…

今回ご紹介するのは、作曲家・梶浦由記(かじうら ゆき)さん。人生観を映し出すドキュメンタリー番組「7ルール」を振り返り、働く女性たちへのヒントを探る連載。

梶浦由記さんってどんな人?

今回ご紹介するのは、アニメ『鬼滅の刃』の音楽を椎名豪さんと共同で手掛け、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』では、主題歌『炎』をLiSAさんと共作した作曲家・梶浦由記さん

『機動戦士ガンダム SEED』のエンディングテーマや、『魔法少女まどか☆マギカ』の劇中音楽など、アニメを中心に多くの話題作を生み出し、北野武監督『アキレスと亀』、NHK 連続テレビ小説『花子とアン』など、映画やドラマの劇伴でも活躍。

今年3月には、「日本アカデミー賞最優秀音楽賞」を連名で受賞した。

ーー作曲家になった理由とは……

彼女の音楽の原点は、幼少期を過ごしたドイツで、オペラ好きの父親のために弾いたピアノ伴奏。日本に帰国後もピアノを続け、27歳で「See-Saw」としてメジャーデビューしたが、鳴かず飛ばずの日々だった。

その頃、レコード会社からの依頼で書いたインストゥルメンタル曲が、映画監督・市川準さんの耳に留まり、映画『東京兄妹』の劇中音楽を任されることに。

これを機に、アニメにも活躍の場を広げた彼女は「大好きだったオペラや歌曲の世界がここで表現できる」と劇中音楽の魅力に気づいたという。

梶浦由記さんの「7つのルール」

さて、そんな彼女が「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」とは…?

■1. メモは五線譜ノートに

彼女がどこに行くときにも必ず携帯しているというのが、五線譜ノート。スタッフとの打合せ中や、歩いているときにメロディが浮かぶことも多いから、その場でメモを取れるようにするため。

■2. BGMは読書感想文だと思って書く

主役はBGMではなく、あくまで作品だと考える彼女。そのため台本を何度も読み込み、読書感想文を書くような心持ちで曲をつくりあげていくそう。

■3. 作業中の食事はスープ

作業が佳境に入ると、食事は基本的にスープ一択。余計なことを考えず、曲づくりに専念するため。

■4. 歌詞に意味を持たせたくないときは造語を使う

歌詞を書く際、意味を持たせなくていい場合は、造語を使うのが彼女のスタイル。歌詞の意味は、聞き手の想像に任せたいという。

■5. リテイクはきちんと理由を伝える

レコーディングのリテイク(録り直し)では、なぜダメなのかを伝えることを心掛けている。心を込めて曲を奏でるプレイヤーへのリスペクトを忘れない。

■6. ライブは全員を主役に

ライブでは、歌い手だけでなく、演奏してくれるプレイヤー一人ひとりが主役に見えるように配慮。全員の演奏に目を向けたほうが楽しめると、観客に伝えたいそう。

■7. 人のせいにしない

過去には、結果が思わしくなかった際、他人のせいにしていたことがあったという彼女。そんな自分への反発として彼女が決意したこと、それは自分が生み出す音楽に責任をもつこと。だからこそ、妥協をせず、自分自身が納得がいくまで追求し続ける。

* * *

次回の「7ルール」の放送は、6月15日(火)よる11時30分〜(予定)。主人公は、全国でも数少ない、野山に咲く花だけを売る京都の専門店「花屋みたて」店主・西山美華さん

子どもの頃に故郷・広島で見て感動した「自然に咲く花の美しさ」を独自の方法でお客さんに届ける彼女のルールとは……。

Oggi.jpでは、番組を振り返りながら働く女性たちへのヒントを見つけていきます! ぜひチェックしてみてくださいね♡

セブンルール(カンテレ/フジテレビ系列 全国ネット)

【放送日時】毎週火曜よる11時~11時30分
番組は“今最も見たい女性”“最も見せたい女性”に密着し、7つのルールを手がかりに、その女性の人生観を映し出すドキュメントバラエティ。スタジオでは、YOUさん、芥川賞作家の本谷有希子さん、俳優の青木崇高さんに加え、「クリープハイプ」の尾崎世界観さん、元欅坂46の長濱ねるさんの5人が縦横無尽な人生観トークを繰り広げます!
【7RULES(セブンルール)オフィシャルWeb site/SNS】
オフィシャルWeb
Twitter
Instagram


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.08.04

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.30・31に掲載しているアイテムのクレジットに誤りがありました。正しくは、P.30/イヤーカフ(上)¥22,000・リング¥19,800、P.31左上/タンザナイト→IOL・ピアス¥24,200、P.31右上/ピアス¥30,800・ネックレス¥35,200になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature