【5/3のコーデ】デニムをフェミニン&涼しげに着こなすテクニック | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 365日コーデ
  5. 【5/3のコーデ】デニムをフェミニン&涼しげに着こなすテクニック

FASHION

2021.05.03

【5/3のコーデ】デニムをフェミニン&涼しげに着こなすテクニック

【5/3のコーデ】この企画では、働く30歳からの毎日のシーンに役立つコーディネートを365日ご紹介しています。

きれいめインディゴデニムでフェミニンな着こなし

ロマンティックな花柄ブラウスは、ノンウォッシュのインディゴデニムできちんとした印象に。センタープレス入りのテーパードシルエットなので、きれいめ派にも取り入れやすいデザイン。夏小物で抜け感をひとさじ加えて。

デニムパンツ¥23,100(ノーブル 有楽町マルイ店〈ジェーン スミス〉) ブラウス¥27,500(イウエン マトフ 横浜店〈イウエン マトフ〉) バッグ¥24,200(プラージュ 代官山店〈アラナズ〉) 靴¥5,990(ザラ カスタマーサービス〈ザラ〉) リング¥13,200(essence of ANAYI〈SOKO〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2021年Oggi6月号「きれいめ派にデニムの波(トレンド)がやってきた」より
撮影/渡辺修身 スタイリスト/川上さやか ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) モデル/滝沢カレン(Oggi専属) 撮影協力/BACK GROUNDS FACTORY 構成/堀 由佳
再構成/Oggi.jp編集部


< 2021年4月 2021年5月
SUN MON TUE WED THU FRI SAT

【5/1のコーデ】ビビッドカラー×スミ黒デニムで、今どきのマニッシュスタイル

1

【5/2のコーデ】ブルーデニムで切れ味のいいワントーンカジュアルを目指す

2

【5/3のコーデ】デニムをフェミニン&涼しげに着こなすテクニック

3

【5/4のコーデ】マーメイドスカートは、足元で女っぽさの引き算を

4

【5/5のコーデ】一枚でサマになる白ワンピがこれからの季節の最強の味方!

5

【5/6のコーデ】シンプルコーデを今っぽく見せるのは甲深デザインの足元

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

< 2021年4月 2021年5月

Today’s Access Ranking

ランキング

2021.05.06

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature