シュウ ウエムラ「シュウ トウキョウ メイクアップ ボックス」今春オープン | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. feature(beauty)
  4. ビューティニュース
  5. シュウ ウエムラ「シュウ トウキョウ メイクアップ ボックス」今春オープン

BEAUTY

2021.04.13

シュウ ウエムラ「シュウ トウキョウ メイクアップ ボックス」今春オープン

日本発のメイクアップ アーティストブランド『シュウ ウエムラ』が、4月16日に世界初のグローバル フラッグシップ ビューティブティック「シュウ トウキョウ メイクアップ ボックス」を東京・表参道にオープン。

noriko SATO

“メイクアップ ボックス”から着想を得た外観

ブランド創始者の植村 秀が愛用したアイコン的存在のメイクアップ ボックスから着想を得たシュウ ウエムラの新しいグローバル フラッグシップ ビューティブティックが誕生。アーティストのクリエイティビティを五感で感じ、日本特有の高品質の限定品を手に取りながら、オフラインとオンラインで自由に楽しめる空間です。

外観のデザインは、ブランドアイコンであるメイクアップ ボックス。漆黒のファサードとネオンレッドの鳥居を入口に構え、店内には、ここでしか味わえない“4つの体験”を各部屋に用意しています。足を運んで驚きの体験をぜひ。

新しいシンボルは「コケシ」の“shu shu”!

伝統的な日本の人形である「コケシ」は、職人技の象徴であることから、シュウ トウキョウ メイクアップ ボックスの創造性と芸術性のシンボルとして、黒と金色の筆書体で装飾が施されたコケシ“shu shu”を採用。店内にはいたるところに“shu shu”が。オープンを記念して、日本の書道家、万美氏とのコラボレーションも実施します。

和を感じさせるギフトラッピング サービスも

日本の着物や折り紙からインスパイアされた、ラッピングアイテムもご用意。しかも、お正月、バレンタインデー、ホワイトデー、母の日、父の日…… と、シーズンや記念日、贈る相手に合わせて自由にカスタマイズが可能。職人が手作りした赤・黒・白といった和紙のひねりの効いたラッピングは、年齢を問わず喜んでもらえるモダンなデザインです。

また、対象製品に限り、刻印サービスも。特別な日のプレゼントを製品からラッピングまでこだわりたい人にぴったり!

「shu=秀」のシグネチャーを施した限定品

グランドオープンを記念して、ここでしか手に入らない限定製品も販売。伝統的でありながらも、エッジの効いたシックなモダンさを兼ね備えたブランドの魅力を反映した、日本製の傑作品を多数展開します。

筆書きによる「shu=秀」のシグネチャーが施されたフラッグシップコレクションは、植村 秀氏のプロフェッショナル メイクアップの芸術性と卓越した技術の精神を表現。限定品を手に入れるには、シュウ ウエムラ フラッグシップ公式アプリのウィッシュリストに製品を追加し、そのスマホを持ってカウンターへGO!

(写真:左から順に)シュウ トウキョウ ボックス マスク(¥1,980)、シュウ トウキョウ ボックス タンブラー(¥3,520)、シュウ トウキョウ ボックス ポーチ(¥3,080)、シュウ トウキョウ ボックス コケシ(¥11,000)
※すべて税込価格

また、目元をドラマチックに彩る3種の限定版プレミアム アイラッシュも登場。最高級の素材を使用して、一つひとつ手作りされたアイラッシュが、瞬く間に目元をドレスアップします。

(写真:右上から順に)オモテサンドウグリーム プレミアム アイラッシュ、ウォーブンインオリガミ プレミアム アイラッシュ、トウキョウ アンダーグラウンド プレミアム アイラッシュ(各税込¥11,000)

2021年4月16日(金)オープン
シュウ トウキョウ メイクアップ ボックス
[住所]東京都渋谷区神宮前5-11-2 B-SIDE
[営業時間]11:00~21:00(不定休)

シュウ ウエムラ


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.05

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi1月号P.120に掲載のUNIQLO and White Mountaineeringのニットに誤りがありました。正しくはUNIQLOのニットで、カシミア100%になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature