常にポジティブに自身の可能性を広げていく! Oggi専属読者モデル・神谷成美さんの素顔♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. モデル
  3. オッジェンヌ
  4. 神谷成美
  5. 常にポジティブに自身の可能性を広げていく! Oggi専属読者モデル・神谷成美さんの素顔♡

MODEL

2021.03.02

常にポジティブに自身の可能性を広げていく! Oggi専属読者モデル・神谷成美さんの素顔♡

積極的に新しいことに挑戦しながら、真摯にキャリアを積み重ね、かつ自分磨きにも余念がないオッジェンヌ6期生たち。今回は、外資系エアラインでCAとして働く神谷成美さんの魅力を深掘りします。

アナウンサーから外資系エアラインのCAへ!
国籍や言語の違う仲間とチーム一丸となって働けるのが魅力!

好奇心旺盛で、常に自分磨きを怠らない神谷成美さん。新型コロナで世の中の流れがストップしてしまい、身動きが取れない状況でも、今何ができるかを考え、前向きに行動していく姿は、まさに働く女性の鏡。そんな彼女の仕事への向き合い方、趣味やライフスタイルを通じて魅力を深堀していきます!

神谷成美さん(30歳・客室乗務員)
Instagram:@narum_i_muran

語学堪能で世界中を旅することが大好きな神谷さんは、アナウンサーからCAに転身! 国籍の異なる仲間たちとも、協力し、ポジティブな空気感で機内を充たすことを目標に働いているそう。

「今のCAのお仕事は、国籍や言葉の違うクルーとひとつのチームになれるところが好きです。仕事はタフですが、忙しい中でもクルー同士でお互いを労りあって、言葉をかけ合う場面が多いので、働きやすいです。お客様に安全で快適な旅を提供することを目標に、『ポジティブな空気感で機内を充たそう!』とみんなが一つになれる点にやりがいを感じます」(神谷さん)

また、新型コロナ前は世界中を飛び回っていた、旅行好きの神谷さん。旅行に行けない時間も、海外ドラマや映画で、旅気分を高めていました!

「『コロナが明けたらここに行きたいな~♡』と、気持ちが高まるような映画や海外ドラマを見たり、小説を読んだりして前向きに過ごしています。Netflixの『Emily in Paris』や、『梨泰院クラス』にハマって見ていたので、往来が再開したら、パリをお散歩したり、ソウルの居酒屋で美味しいものを食べたいです」(神谷さん)

知的で落ち着いた雰囲気を持ちながらも、ひとり旅で知らない土地を訪れたり、知らないことは積極的に質問していくというフットワークの軽さ、常に新しい知識を開拓していく姿がかっこいい神谷さんですが、意外にも抜けているところもあるよう。

「自分の性格を一言で表すと『知りたがりな冒険家』。気になる疑問を解決したり、知らないことを教えてもらったときの満足感が好きです。初めての土地を訪れたり、一人旅をする時のワクワク感は何物にも変えられません。周囲からは『落ち着いてる』とか『知的』と言ってもらうことが多いですが、割とポンコツな部分もあるので、それを悟られないように実は毎日必死です(笑)」というギャップの多さも彼女の大きな魅力!

朝ゆっくりと飲むコーヒー、お気に入りのインテリアでおうち時間も充実♪

「早朝、温かいコーヒーを飲みながら、その日の計画を立てるのが好きです。最近はまっているのは、猿田彦コーヒー。いちょう並木ブレンドは完全にパケ買いだったのですが、口当たりがまろやかで、酸味と甘味のバランスが良く、お気に入りのコーヒーになりました!

インテリアは、IKEAで購入したミニテーブルがお気に入り! ベットサイドに設置して、ハーブの香りのディフューザーや、アロマオイルで癒されたり、お花や季節ごとの飾りなどを置いたりして、楽しんでいます」(神谷さん)

あこがれの女性の本で、前向きなパワーをチャージ!

「あこがれの女性は、詩人の茨木のり子さんです。詩やエッセイを通して、みずみずしく凛とした方という印象を受け、『こんな女性になりたい、こんな年齢の重ね方をしたい』と思いました。物事が思うように行かなくなったり、スランプに陥ったときは、彼女の代表的な作品、『自分の感受性くらい』を読んで自分に喝を入れています」(神谷さん)

「2020年は、一時停止ボタンを押されたような年でした。そんな中で、この期間を活かすにはどうしたら良いかと前向きに考え、オッジェンヌ6期生の応募や、FPの資格取得に取り掛かりました。

オッジェンヌのオーディションでは、服やメイクの見直しだけでなく、キャリアや人生観について、自分の中で漠然としていた部分を言語化することが大切だと気づけました。また、FP取得のために久しぶりに真剣に勉強をして、合格という結果も得られ、自信に繋がりました。2021年も前向きな挑戦を欠かさず、自分の可能性を探っていきたいです!」(神谷さん)

【神谷さん着用】
コート¥13,090・デニム¥11,272・バッグ¥14,909(バナナ・リパブリック〈バナナ・リパブリック〉) ブラウス¥9,000(オンワード樫山〈ハッシュニュアンス〉) 靴¥6,900(ランダ〈ランダ〉) イヤーカフ¥16,000・ピアス¥35,000・ネックレス¥39,000・バングル¥21,000・リング¥38,000(ココシュニック〈ココシュニック〉)

撮影/目黒智子 スタイリスト/槇 佳菜絵 ヘア&メイク/後藤若菜氏(ROI) 構成/正木 爽・宮田典子(HATSU)

●商品は在庫がない場合もございます。ご了承ください。

オッジェンヌ 神谷成美

沖縄県出身。NHK沖縄放送局のキャスターから外資系航空会社のCAに転職。世界を飛び回る旅好きで、特技は英語。30代のお金の上手な管理法を身につけるため、AFP取得を目指し猛勉強中!

インスタグラムはこちら:@narum_i_muran


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.15

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature