スタイリストが考えた【しまむら冬コーデ】30・40代の自分らしい服の選び方とは? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 冬ファッション
  5. スタイリストが考えた【しまむら冬コーデ】30・40代の自分らしい服の選び方とは?

FASHION

2020.11.29

スタイリストが考えた【しまむら冬コーデ】30・40代の自分らしい服の選び方とは?

安い! かわいい! と思って買ったけど、どうコーデしたらおしゃれ? …そんな風に迷うことってありますよね。レイヤードが増える冬に欲しいのは、本当に必要な物を選ぶ力。お気に入りアイテムは、その日の気分をもアゲてくれます。自分が納得するアイテムを選び、自分らしい着こなしを叶える【しまパトの5つのポイント】とは? スタイリストが選んで考えたコーデも合わせてご紹介します。

【目次】
アウターまで考えた【しまむら服】3コーデとは?
最後に

アウターまで考えた【しまむら服】3コーデとは?

目指すは、おしゃれなカジュアルコーデ。力みがないのにどこかきれいめで、どこかこなれ感のある“ナチュラルな洒落感”。理想ですよね。サラッと着ているようでいて、好バランスな3種のデニムコーデをご紹介します。『しまパト』したスタイリストの、自分らしいアイテムの選び方も必見!

≪しまパト5つのPOINT≫
1. 品数や安さに圧倒されない“冷静さ”が大切
2. “気になった物”にアンテナを張る
3. 日頃から自分の“好きな物”を熟知しておく
4. 何を買うか?より、どう選ぶか?
5. 着てみたときの“相性”を丁寧にとらえる

主役はこの3本のデニム

しまむらコーデを考えてくれたのは… スタイリスト:高橋裕美さん
(Oggi・Domaniでの活動を経て、各女性誌やゴルフ雑誌・TV・広告等で活躍中)

高橋さんの大好きなアイテムは【デニム】。

トレンドものからベーシックなものまで、とにかく種類が多いことにビックリしながらも、気になるワイド・フレア・スキニーなど12本くらいをはき比べ!

値段やシルエットを吟味した上で、この3本のデニムを選びました。

主役はこの3本のデニム

≪写真:右から≫
【デニム1】ややローウエストのダメージスキニー
【デニム2】ハイライズの細身ストレート
【デニム3】裾がフリンジのワイド

≪デニム試着時のポイント≫
・気になるシルエットを1種選ぶ
・自分に合いそうなサイズを2~3本試着する
(他のシルエットを選ぶ際は、同じサイズであっても必ず試着しましょう)

「こんなにお得なプライスのものでも、シルエットや素材感はお値段以上! 十分にトレンドを楽しめそう♪」(高橋さん)

<しまむら戦利品>トレンドデニムを500円で発見し、スタイリスト高橋裕美が歓喜

デニムに合うアウターを考える【ジャケット編】

次に選んだのは『ジャケット』です。

ダウンもチェックするも、「ちょっとカジュアルすぎるかな」という感覚が。トレンド感を求めてさらに吟味しました。

そして、購入したデニムに合いそう! と手に取ったのが、リバーシブルアウターです。

MA-1仕様のもこもこブルゾン。

≪選んだポイント≫
・白のもこもこがかわいい
・コーデしやすい配色
・渋めのメタリックファスナーがいい感じ
・シンブルジップですっきり
・光沢感があって大人っぽい
・袖の内側のタックで出るニュアンスがおしゃれ
・軽くて動きやすい

袖口や腰回りのリブも、表と裏で色が分かれているので、不自然に見えません。購入したどのデニムとも相性良さそう♪

“好み”を追求するのって、楽しいですね。

ファッションプロの<しまむら戦利品>デニムに合うモコモコ冬アウター!

デニムに合うアウターを考える【コート編】

次に、購入したデニムに合う『コート』を選びました。着こなしに“自分らしさ”を盛り込むには、自分の“好き”を意識することがとても大切。

高橋さんの好きな色は【カーキ】。どんなに色んなアイテムを見ても、何度も手にしてしまうのがカーキのコートでした。

好きな物ってつい目がいくもの。その“感覚”ってとても大切ですよね。

最終的に選んだのは、このモッズコート。

≪選んだポイント≫
・渋めのカーキ色が好み
・ファーのグレイッシュカラーも好み
・なめらかな手触りの素材
・落ち感があって大人っぽい
・ヒザくらいの丈で暖かい

紐で絞るドロスト部分や留め具の色、ファスナーを全部閉めたときの感じ、ファーの見え具合、袖口のリブなど、お気に入りポイントを丁寧にとらえてこのコートに。

それでは、しまむら購入服と私服を使った【デニム3コーデ】を見ていきましょう。

ファッションプロの<しまむら戦利品>モッズコート魅力解剖!

【デニム1】ローウエストのダメージスキニー

ややローウエストのダメージスキニーデニム。リバーシブルジャケットと合わせたコーデです。

このメリハリシルエットだけで、十分なトレンド感が! インナーは、ピッタリしすぎずに、スッキリさせることがポイントです。ショートブーツやハイカットスニーカーなど、足元重めで今っぽく。

もこもこ側で、冬のクリーミーグラデーション♪

「ボリューム×スキニーのシルエットバランスが、お互いの良さを引き立ててスタイルアップにもなるし、今っぽさがでます!」(高橋さん)

【デニム2】ハイライズの細身ストレート

きちんと感ただよう細身ストレートデニムと、カジュアルなモッズコート。テイストをミックスさせたメリハリコーデです。ざっくりニットと、コートのファーの配色がグラデーションに。真っ白なスニーカーを合わせて、洗練された雰囲気を出したい。

【デニム3】裾がフリンジのワイド

ワイドデニムと合わせたのは、エコムートンコート。ボリューム感のあるアイテム同士の、重×重コーデです。

全体がゆるっとして、リラクシーでカジュアルな着こなしに。コンパクトなリブニットをデニムにインすれば、ウエストラインのメリハリも加わって、女らしさが際立ちます。下半身が長く見えるのもポイント。足元は、フラットシューズやバレエシューズと合わせたい。

ファッションプロの全身<しまむら>コーデ3! スタイリスト高橋裕美が初挑戦

最後に

スタイリストが選んで考えた、しまむらアイテムを使ったコーデをご紹介しました。購入する洋服の選び方も参考になったのではないでしょうか? 「自分で見て・触れて・試着してみて、どう感じるかを丁寧にとらえる」… 洋服選びに限らず、とても大切なことなのかも知れません。次回の『しまパト』の際に、実践してみてくださいね♪

※商品情報は記事公開時の情報に基づくもので、最新の情報とは限りません。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.25

編集部のおすすめ Recommended

Feature