2020年秋冬【女度UPのエレガントファッション】旬を狙える3つのパターン | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. きれいめコーデ
  5. 2020年秋冬【女度UPのエレガントファッション】旬を狙える3つのパターン

FASHION

2020.11.03

2020年秋冬【女度UPのエレガントファッション】旬を狙える3つのパターン

甘さも堅さもいらない。凛とした女性像を叶えるエレガントな着こなしは、一歩間違うと“古見え”に。力みなく気品漂う、今年らしいコーデ【3パターン】をご紹介します。どのパターンもポイントは、女性のもつ特性を品よく表現すること。嫌味のないナチュラルな着こなしで、本来の美しさを。

【目次】
【1】今年らしさをまとう“プリーツスカート”
【2】好感度UP! “清楚”な着こなし
【3】“きれい色”で私らしさを演出
最後に

【1】今年らしさをまとう“プリーツスカート”

女性らしさを感じるニュアンスの一つ『揺らぎ』。アクセサリーにも目がとまりますが、大きく揺れるフレアスカートのインパクトは印象に残ります。フェミニンすぎず大人っぽく着こなすなら、広がり抑えたプリーツスカートを選んで。今季のトレンドとしても注目度大! です。

【POINT】
・プリーツは“細め”がマスト
・落ち着きのある配色を選ぶ
・シンプルなアイテムでまとめる

スカートは長め丈で品よく

スカートは長め丈で品よく

定番のタートルは、きれいめに合わせるのが今流。

≪コーデのポイント≫
・タックインすれば、プリーツの質感と相まってメリハリUP!
・秋らしいグレージュとのなじませ配色
・淡トーンに赤を投入して華やぎをプラス

秋の【女っぽフレアスカート】をテイスト別に着回し!

“ハンサムさ”が凛とした女性像を加速

“ハンサムさ”が凛とした女性像を加速

ハンサムさを散りばめるも、ドラマティックな着こなしに。

≪コーデのポイント≫
・重さやハリのある秋冬素材
・ドライな質感で甘さを払拭
・ナチュラルな“揺れ感”をレイヤード

【フレアスカート】を甘くならずに着こなすコツは素材選び!?

ニットのあたたかみで優しい印象に

ニットのあたたかみで優しい印象に

ニットやウールのあたたか素材が、女性らしさを格上げ。

≪コーデのポイント≫
・ふっくらしたニットでメリハリを実現
・対応力の高いニットは、急なお呼ばれも◎
・さらさらと揺れるスカートが洗練さをキープ

会社帰りに予定がある日は【薄軽プリーツスカート】が使える

素材感を楽しむ大人コーデ

素材感を楽しむ大人コーデ

フェミニンなピンク調も、気品をまとって大人っぽく。

≪コーデのポイント≫
・マットなスウェードスカートが甘さを封印
・ロングカーディガンとのタッグでIラインを強調
・華やぎがありつつ、落ち着きのある印象に

【フレアスカート】を甘くならずに着こなすコツは素材選び!?

“程よいフェミニン”がエレガント

“程よいフェミニン”がエレガント

より広がりを抑えた、ランダムなプリーツスカートでモダンに。

≪コーデのポイント≫
・黒で引き締めて、大人っぽい華やぎ
・白コートで洗練さをUP!
・冬に映えるトーンで視線を集めて

会社帰りに予定がある日は【薄軽プリーツスカート】が使える

【2】好感度UP! “清楚”な着こなし

さらに品のよさを格上げする、清楚なエレガントコーデを目指すなら。『地味になりすぎないモノトーンコーデ』を意識して。アクセントになるのは、差し色と、自分らしさ。コーデの主張を抑えることで、本来の美しさが輝きます。

【POINT】
・スカートの“揺らぎ”はマスト
・“アクセント”どころを押さえる
・控えめなのに華やか

白シャツで清楚さを演出

ウエストコンシャスな、品のいい着こなし。

≪コーデのポイント≫
・太めウエストマークでメリハリを強調
・美脚に見せるアシンメトリー裾のフレア
・ブルーのバッグがアクセント

アシメ裾のフレアスカートが使える! 秋の最新着回しコーデ

立体感のあるブラウスでスタイルアップ

立体感のあるブラウスでスタイルアップ

ブラウスは、甘くなりすぎないストイックなデザインを。

≪コーデのポイント≫
・タイトなナローフレアが上品
・裾が揺れるスカートだから、地味にならない
・足元のグリーンがアクセント

甘くならない【ふんわりフレアスカート】の着こなし5TIPS

“大人ワンピ”を選ぶ時のポイント

“大人ワンピ”を選ぶ時のポイント

ワンピースを選ぶなら、広がりすぎないロング丈で!

≪コーデのポイント≫
・黒ワンピは、レースなどの柄で表情をON
・カーデやジャケットを合わせやすい、ノースリーブが◎
・小物の色でアクセントを

程よいフレアシルエット&長め丈なら1枚で今っぽくキマる♪

【3】“きれい色”で私らしさを演出

「そうは言っても、鮮やかな色も楽しみたい」… そんな女性におすすめの“きれい色”コーデもご紹介します。大人の落ち着きをキープしつつ、華やぎあふれた着こなしとは? 色を取り入れるだけでトレンド感UP! シーンに合わせて参考にしてみて♪

【POINT】
・“きれい色”は、印象を残すインパクトカラー
・スカートは、色が鮮やかなほど広がりは抑えめで
・“大人顔”も意識しつつコーデする

鮮やかさをまとうミモザイエロー

鮮やかさをまとうミモザイエロー

「華やかできれいな人」を印象づける、フレッシュなイエロー。

≪コーデのポイント≫
・鮮やかカラーの投入で、今っぽい着こなしに
・しなやかに揺れるとろみ素材なら、子どもっぽくならない
・スカートが明るい分、黒で大人顔に引き締めて

フェミニン派必見! 朝比奈 彩が着こなす【フレアスカート】コーデ

“自分らしさ”が映える大人の赤

“自分らしさ”が映える大人の赤

カラースカートで完成させる、ジェニックコーデ。

≪コーデのポイント≫
・広がり抑えたナローフレア
・ブラウンを合わせれば、キツくならない
・今年らしい“レオパード柄”のバッグでアクセントを

カラースカートのジェニックコーデでお出かけ♪

落ち着きのあるきれい色

落ち着きのあるきれい色

鮮やかな色味でも、深いパープルなので派手にならない。

≪コーデのポイント≫
・ディープカラーは、フレアでも落ち着きキープ
・長め丈なので品がいい
・首元のスカーフでアクセントを

タートルネックにスカーフインでワントーンコーデのアクセントに!

最後に

大人の女性にぴったりな、エレガントファッション【3パターン】をご紹介しました。古くなりつつある、きちんと感&かっちり感。気負わず、力まず着こなすことで、好感度を生み出す“今どきコーデ”に。ハズしすぎないきれいめスタイルで、大人のエレガントを楽しんで♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.16

編集部のおすすめ Recommended

Feature