メイクがつかない愛用マスク&白ブラウスで秋出勤!〈Oggi専属読者モデルOL発〉 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 秋ファッション
  5. メイクがつかない愛用マスク&白ブラウスで秋出勤!〈Oggi専属読者モデルOL発〉

FASHION

2020.10.30

メイクがつかない愛用マスク&白ブラウスで秋出勤!〈Oggi専属読者モデルOL発〉

「早くふわふわなニットが着たいけれど、まだ暖かい日が多い…。そんなとき重宝するのがブラウスです」専属読者モデルオッジェンヌの大枝千鶴が日々のコーディネートや働く女子としてのリアルな私生活を紹介するブログです。

オッジェンヌ 大枝千鶴

季節の変わり目に重宝するブラウス

秋と冬の季節の変わり目、天気の良い日は日中20℃を超える日もあるので、体温調節の為にブラウス、朝晩はそこに羽織物を、というのが最近の私服です。

お洒落な人は季節を先取りして、早い人はもうコートなど買っていると思うのですが、実際にその季節になってみないと何を着たい気分なのかイマイチわからない私。まずは春先も来ていた服で本格的な秋が来るまで乗り切っています(^^)

ブラウス/apart by lowrys
スカート/martinique
パンプス/SEVEN TWELVE THIRTY
バッグ/VASIC

5,000円以下で買ったプチプラブラウスですが、ふんわりした袖とボートネックが気に入って、春と秋によく着ています。

LOWRYS FARMは女子大生の時にお世話になったブランド! という方多いのではないでしょうか。お姉さんブランドの「apart by lowrys」はアラサーでも着られる素敵なお洋服を見つける事ができるので、よくオンラインで物色。オフィスコーデにひと役買ってくれます。

マスクを少しでも快適に! 最近のお気に入りマスク

マスクとメイクの問題、みなさんはどうしていますか? とにかく息苦しい… そしてファンデーションがついてしまう。外出時はマスク必須な毎日なので少しでも快適なマスクを… といろいろ買っては試しています。

最近プラザで発見したマスクが、今までで一番つけていて楽なマスクだったので、紹介します。

マスクって、医療用みたいな四角いマスクより、顎がフェイスラインに沿ってフィットする形状のほうが輪郭が美しく見えるので、綺麗ですよね。でも布マスクはメイクがついてしまう汚れが気になったり、分厚くて苦しい。

紹介する、白元アースの「ビースタイル 立体タイプ ふつうサイズ プレミアムホワイト5枚入」は軽くて、使い捨ての紙のマスクなので、そういった問題を難なくクリアしてくれるのです。

そして一番気が利いてる! と思ったのがこちら。

鼻の部分に空洞ができるよう立体的になっていて、顔にマスクがつかないのです! だからメイクがつかない。そして苦しくない。リップがつくこともないのでとても良いです。

さらに耳にかける部分も柔らかくて平べったい形になっているのも嬉しいポイント。耳が痛くならないタイプです。紐でちょっとゴムが入っていると、長時間かけていると耳の後ろが痛くなってしまうので、負担のかからない平紐タイプはありがたいです。

気分もリフレッシュするマスクスプレー

長時間つけているとストレスを感じるマスク。私はリフレッシュのためにマスクスプレーをかけています。

パーフェクトポーションの「マスクスプレー ブリーズイージー」はコスメキッチンで発見しました。アロマの良い香りで癒やされます。マスクをつけて呼吸するのが楽になるので、ちょっとしたリフレッシュタイムに最適です。

いくつか香りの種類があったので、複数揃えて気分によって使い分けても良いかも…(^^)

マスクをしなきゃいけないのは辛いですが、必須なら少しでも快適に! という工夫をこれからもしたいと思います。

(※筆者注:掲載している画像は筆者の私物です。文中の効果は、筆者の個人的な感想です。)

オッジェンヌ 大枝千鶴

2015年からOggi読者モデル「オッジェンヌ」として活動。営業職という仕事柄、通勤服は好感度が最重要事項。最先端のIT企業で働きながらも歌舞伎と着物が大好きという古風な34歳。一級きもの講師。Instagramアカウントはこちら:@chizuruoeda


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.13

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature