働く女性必見! 南青山の瞑想スタジオ【Medicha|メディーチャ】でできる非日常なメディテーション体験 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. 働く女性必見! 南青山の瞑想スタジオ【Medicha|メディーチャ】でできる非日常なメディテーション体験

LIFESTYLE

2020.09.24

働く女性必見! 南青山の瞑想スタジオ【Medicha|メディーチャ】でできる非日常なメディテーション体験

南青山に昨年オープンしたメディテーション(瞑想)スタジオ「Medicha」に行ってきました! Oggi専属読者モデル 篠原菜月さんのブログです。

オッジェンヌ 篠原菜月

南青山にあるお洒落な【メディテーションスタジオ】へ

毎日忙しく働いて、体は疲れていなくても心と頭がいっぱいになっている時ってありませんか? 毎日たくさん情報が入ってくるため「脳が疲れる」感覚を覚える人も増えてきていますよね。情報過多で私自身もちょっと疲れているのかもと思う時があります。

ただただぼーっとした時間を過ごしたい… そんなちょっとお疲れモードの時に南青山に昨年オープンしたメディテーション(瞑想)スタジオ「Medicha」を教えてもらい、さっそく行ってみることに!

ニューヨークやロサンゼルス、ロンドンなどでは早くから取り入れられ、日本でも耳にすることが多くなったメディテーション(瞑想)。「Medicha」はメディテーション(瞑想)プログラムをベースに日本ならではの要素も取り入れたメディテーションスタジオです。「自分に余白をつくる贅沢な時間」をコンセプトにメディテーションにアートと煎茶文化を融合しています。

洗練された非日常空間で五感全てを開放するメディテーションを体験してきましたのでレポートします!

瞑想スタジオ【Medicha|メディーチャ】

表参道駅から徒歩5分。南青山の落ち着いた環境に「Medicha」はあります。

どんな空間なんだろうとワクワクしながら階段を下りていくと… コース料理のような80分間を楽しめる4つの空間が広がっています。ロッカーに荷物を預けて、いざ体験へ。

【光・音・香り・お茶】五感を開放する4つのステップ

1|Tune In チューンイン~オープンアイ・メディテーション~

まず最初のステップ。説明を受けて部屋へ入ります。ドアを開けると… まぶしい! 天井も壁も真っ白な空間。まさに初めての体験でした。時の流れが止まっているようでした。そして青白い光を見ているとなんだか前向きな気持ちに。

こちらのお部屋は気づきを得るステップ。真っ白に統一されたミニマルな空間で、日常を忘れて特別な時間を過ごします。

2|Open Up オープンアップ~サウンド・メディテーション~

真っ白な空間から暗闇への移動。

こちらは絵画のように音を空間に散りばめたイマーシブサウンド。星空に包まれるような解放感のある空間で、何もしない贅沢。寝っ転がりながらただぼーっとしました。ふわふわ眠くなり、とてもリラックスできます。

3|Shift シフト~ガイダンス・メディテーション~

とてもリラックスしたところで「Shift」のお部屋へ。木や竹といった自然素材に囲まれたドーム型の空間です。

スタッフの方の案内でアロマオイルを手首に付けてみました。そしてメディテーションのガイダンスがスタート。ガイダンスを聞きながら、徐々に深い瞑想状態に。

もやもやしていることなど、雑念が取り払われて、本当に自分にとって大切なことがはっきりとしました。

4|Align アライン~ティーメディテーション~

メディテーションの後はお茶室へ。木を基調とした茶室で自分自身のためにお茶を淹れ、セッションの効果を落とし込む空間です。

こちらの茶器の中から自分好みの一つを選ぶことができます。

メモとペンがあり、気づきを書くこともできるんです。上質な茶器、お菓子に囲まれて自分自身と向き合う時間…。

線香の香りが心地よくて雑念が取り払われていきます。体験後は頭も心も本当にスッキリしていました。

毎日多くの情報に触れていて、何かしなきゃと心がざわざわしたり、焦ったりしがちなのですが、体がリセットされた気がします。まさに時間やタスクに追われる日常生活からリトリートできる場所。

マインドを安定させてくれて、また明日頑張ろうと思える場所でした。毎日頑張る自分へのご褒美に定期的に通いたいです。

Medicha

オッジェンヌ 篠原菜月

1986年生まれ。AneCan専属読者を経て2017年よりOggi専属読者モデルとして活動。通勤はパンツ派。フルマラソンを4回完走するなどアクティブな一面も。コスメや美容が好き。身長165センチ。インスタグラムは@natsukishinohara


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.25

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature