泉 里香が着こなす! 王道ハンサム的【秋の先取りトレンド】4コーデ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 秋ファッション
  5. 泉 里香が着こなす! 王道ハンサム的【秋の先取りトレンド】4コーデ

FASHION

2020.08.27

泉 里香が着こなす! 王道ハンサム的【秋の先取りトレンド】4コーデ

この秋、知的で上品な【王道ハンサム派】におすすめのトレンドアイテムを使ったコーディネートをご紹介。シンプルベーシックなワードローブで「きれいなお姉さん」を目指して!

〝キレイなお姉さん〟を目指す!
トレンドの4アイテムを使った秋の最新コーデ

TREND ITEM1|ツイードの「セミフレアパンツ」

▲パンツ¥29,000(ホワイトオフィス〈Couture d’Adam〉)

裾のあしらいがほんの少しフレアに変化するだけで女性らしく華やかな印象に。シルエットから美人度をアップさせるきれいめパンツの新定番は、辛口に見えて女っぽい、逆説のフェミニンがハンサム派のワードローブにぴったりはまる。

トラッドなムードのツイードを選べば、きちんと感が備って。Iラインが際立つ太めのボトムはスタイルアップにもつながるのもうれしい。

一枚でサマになるパンツはシンプル派の強い味方

ツイードも秋のトレンドキーワード。厚すぎない軽めの生地なので夏場からしっかり活躍する。CPOジャケットと組み合わせた一見ハンサムな着こなしも、フレアの裾&華奢なヒールの足元が女性らしさを引き立てる。

パンツ¥29,000(ホワイトオフィス〈Couture d’Adam〉) ジャケット[共布ベルト付き]¥21,000(FRAY I.D ルミネ新宿2店〈FRAY I.D〉) タンクトップ¥6,500(ボウルズ〈ハイク〉) バッグ¥98,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) 靴¥44,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉) ネックレス[短]¥35,000(ヴェルメイユ パー イエナ 青山店〈モダン ウェービング〉) ネックレス[長]¥20,000(ショールーム セッション〈マリハ〉)

TREND ITEM2|「チェック柄」のタイトスカート

▲スカート¥52,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉)

柄のトレンド大本命の「チェック」は上品で女性らしくタイトスカートで取り入れるのがOggi世代向き。中でも、よりクラシカルでシックな印象を与える「大柄」と「ダークカラー」が選びのポイント。

真夏はTシャツ、秋にかけてはニットと、シンプルなトップスと合わせるだけでサマになる。コーディネートの手軽さも魅力。

気張らないクラシカルはシーン問わず〝いい女度〟急上昇

ウール100%、地厚でハリ感のあるスカートは、サイドスリット入りなので美シルエットを保ちつつ足さばきがよい。こっくりとした秋カラーのTシャツを合わせて、新シーズンの気分を先取り。いつものタイトスカートのコーディネートがこんなに新鮮。

スカート¥52,000・肩に巻いたシャツ¥62,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) カットソー¥9,000(ebure〈ebure〉) バッグ¥46,000(フルラ ジャパン〈FURLA〉) 靴¥41,000(THE GRAND Inc.〈LAURENCE〉) 時計¥9,800(コモノ 東京〈KOMONO〉) ピアス¥88,000(ホワイトオフィス〈GIGI〉)

TREND ITEM3|「オートミールカラー」のニットジレ

▲ジレ[共布ベルト付き]¥42,000(ebure〈ebure〉)

やわらかなワントーンに気分が向きそうなこの秋。コーディネートに奥ゆきを加えてくれ、全体の色バランスを 整えやすいロングジレが一枚あると重宝しそう。

はおるだけで洒落た雰囲気が漂う〝オートミールカラー〟なら さりげなさと清潔感があってベーシック好きにも刺さるはず。そのニュアンシーな魅力を引き立てるニット素材で取り入れて、キレのよさとトレンド感を両立。

辛口の着こなしに優しげカラーが今どきの〝しなやかさ〟を加える

Iラインを強調し着こなしがすっきり見える本来のジレの効果に、ふんわりとしたニュアンスカラーの抜け感が加わることで、一辺倒にならない軽やかさが手に入る。ノースリーブのカットソーにジレを重ねて、今の時期だけの「素肌×ニット」の女性らしいコントラストも楽しんで。

ジレ[共布ベルト付き]¥42,000(ebure〈ebure〉) カットソー¥6,200(エミ ニュウマン新宿店〈エミ アトリエ〉) デニムパンツ¥23,000(GUEST LIST〈upper hights〉) バッグ¥132,000(J&M デヴ ィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥19,000(ダニエラアンドジェマ) ネックレス¥22,000(ショールーム セッション〈マリハ〉) バングル[2連]¥19,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈レディー グレイ〉)

TREND ITEM4|センシュアルな「シアーブラウス」

▲ブラウス¥27,000(フレーム ワーク ルミネ新宿店〈ロエフ〉)

春夏からブーム継続となった〝透け〟素材は、これからはより上品で洗練度を高めて取り入れたい。そこで、ちょうどいい塩梅となりそうなのがボウタイブラウス。

美人度が上がるクラシカルなブラウスをシアーな生地で選べば、真面目すぎず清潔感のある〝きれいなお姉さん〟の完成ボトムはほんのりマニッシュに、カラッと辛口に仕上げたい。

シンプルなのに目を引く〝シアー〟のクリーンな華やかさ

タイを後ろで結べばさらにシンプルでそぎ落とされたキレのある着こなしに。コンテンポラリーな大きめイヤーカフが都会的なアクセントになり、着こなしの精度を高める。

ブラウス¥27,000(フレーム ワーク ルミネ新宿店〈ロエフ〉) 中に着たニットタンクトップ¥14,000(styling/ 新宿ルミネ1店〈kei shirahata〉) パンツ ¥16,000(ジャック・オブ・オール・トレー ズ プレスルーム〈オスカー〉) バッグ¥ 28,000 (THIRD MAGAZIN〈EPALOMA WOOL〉) イヤーカフ¥20,000(ボウルズ〈ハイク〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2020年Oggi9月号「2020 A/W 先取りトレンドリサーチ」より
撮影/倉本ゴリ(人物/Pygmy Company)、渡辺修身(静物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) モデル/泉 里香(Oggi専属) スタイリスト/兵藤千尋 構成/旧井菜月、村上花名
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.18

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature