山添復活! 消滅するかもしれない文化"行列"でのクズ紳士的行動とは?|第21回【本日も、クズ紳士なり】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 山添寛
  5. 山添復活! 消滅するかもしれない文化“行列”でのクズ紳士的行動とは?|第21回【本日も、クズ紳士なり】

LIFESTYLE

2020.06.13

山添復活! 消滅するかもしれない文化“行列”でのクズ紳士的行動とは?|第21回【本日も、クズ紳士なり】

紳士なのにクズ、クズなのに紳士という、今までになかったキメラタイプの芸人・山添寛さん。両極な個性を持ち合わせているからこそ分析できる、真の男の解体新書、ここに見参! 今回はファンへの思いと、山添のクズ紳士ぶりを呟かせていただきます!

山添 寛(相席スタート)

コロナ自粛も明け、ようやく山添、始動いたします

みなさん、こんにちは。大変長らくご無沙汰しておりました「クズ紳士」こと相席スタートの山添寛(やまぞえ・かん)です。

<What’s about「クズ紳士」?→レディーファーストでスマートな立ち振る舞いをする一方、酒・女・ギャンブルにも精通するクズと紳士のハーフ。これぞ山添 寛最大のオリジナリティ!? クズと紳士の両面に精通するために、あらゆる男心を分析できるという特殊能力も完備している>

記事が更新も止まっていたということで、ご心配のお声もちょうだいすることもありました。

申し訳ございません。

もちろん本来であればこの自粛期間中こそ、みなさまと記事を通じて「絆」を深めるべき時期でありました。しかしながらその思いはさらに深いところ、「みなさんとこうして同じ夜空を見ている」という状況に僕は酔いしれてしまっていたのです。

ですがこんな女性のお声をちょうだいしました(妄想の中で)。

「山添くん、女の子は思いを言葉にしてくれなきゃわかんないんだから!」と。

そこで僕は長らく眠らせていた筆を取り、今回みなさんと改めて「絆」を深めるべく復帰したのです。そんなわけで今後ともよろしくお願いいたします。

さて、コロナ禍生活のお話はまた近いうちにお話させていただくとして…

行列文化消滅!? と、その前に…

(c)Shutterstock.com

今日は「三密を避けよう」というご時世の中、ふと思い出したことがあったんです。ご時世になると、「行列」がなくなることがあるんだなと。そうなると「行列中に起こるあの憤りの感情も消えてしまうのかな」と思ったわけです。

そんなわけで今回は、コロナ禍により消えるかもしれない悪しき(!?)文化でもある「行列」についてお話したいと思います。

みなさんは並んでいる列に割り込まれたことはありませんか?

(c)Shutterstock.com

電車のホームやスーパーのレジ、レストランでも、並んでいる列に「割り込んでくる輩」っているでしょう? いや輩に限らずごくごく一般的なOLさんだったり真面目そうなサラリーマンだったりも、時に割り込んでくることがありますので油断なりません。

さてここで、みなさんならどうしますか? もしも電車を待っている際、並んでいるあなたの目の前に誰かが割り込んできたら…

まずここで「紳士」であればどうするでしょうか。おそらく割り込みぐらいなんてことないでしょう。だってやつらは「寛容」です。器大きめです。たかがひとり割り込んだところでイライラすることもなく、笑顔で受け入れるでしょう。

そして「クズ」であればどうでしょうか。間違いなく喧嘩が勃発するでしょう。これは当然ですよね。あいつらクズが目の前に侵入され、黙っていられるはずもありません。クズのいるところに諍いありき、これは不変の真理であります。

さぁ、ここで「クズ紳士」である僕がどうするか。これはみなさん予想がつくでしょうか?

行列の割り込み、さて「クズ紳士」の行動は?

(c)Shutterstock.com

さて、僕の目の前に「割り込み人」が現れたらさぁどうするか。

正直言いますと、もともと僕は比較的温厚な紳士的な思考回路をもってはいますので、ちょっと「いややな」と思っても、それぐらいで怒ったりイライラすることはありません。ですので紳士のみなさまのように「なかったことにする」ことはできるんです。

しかし、しません。それはなぜなのか。紳士のみなさんに言いたいんですよ。

「あなたはひとりで並んでいるのですか」

と。

「1人ですけど何か?」

いえ、違うんです。あなたの後ろに並んでいる人はすべてあなたのチームメイトなんですよ! そしてそう、あなたはリーダーなんです!

僕ひとりでしたらもちろん我慢しますよ。

でもね、後ろに並んでいるチームメイトの気持ちも背負っているんです。僕が引き下がれば彼らの溜飲が下がらないんです。だから僕はこうつぶやきます。ちょっと大きめの、割り込む人にもチームメイトにも聞こえる絶妙なトーンで。

「あー割り込まれてしまった。僕の不甲斐なさゆえです。僕の後ろのみなさま、申し訳ない!」

と。

もちろんこんなことで喧嘩なんかしたくないんです。しかしチームメイトのためには立ち上がらなければならない。そんな折衷案としてクズ紳士である僕ができることは、「血を流さずして溜飲を下げる」このつぶやきなんです。

そしてこのつぶやきは溜飲を下げるだけでなく、時に状況を変えることだってありえますよ。一度本当にこんなことがあったんです。割り込もうとしてた人が恥ずかしそうにそそくさと違う列の最後尾に回ったのです。顔を赤らめながら…。

このときは気持ちよかったですね。喧嘩ではなくつぶやきでみなを守ったぞ! …リーダーとして! と。

つぶやくことで世界を変える男、それが漢・山添なのであります。またこれで、クズ紳士が紳士を超える所が垣間見えてしまいましたね。

行列に限らず、このようなことは他の場面でも起こり得るかもしれません。今回のこのコロナに伴い、みなイライラも溜まっていますよね。そんなとき、みなさんもどうか「溜飲だけ下げ諍いは起こさない」というこのクズ紳士スタイルをぜひ取り入れていただきたいと思うのです。

そう、あなたはひとりじゃない。いつだってあなたの側で、山添は見守っていますよ(ソーシャルディスタンスを保ちながら…)

撮影:菊竹規 構成:吉田奈美

山添 寛(相席スタート)

お笑いコンビ・相席スタートのツッコミ(ネタによってはボケも)、ネタ作り担当。男女の微妙な関係性やすれ違いを描くコント・漫才に定評あり。2016年M-1グランプリでは決勝進出も。令和に時代が代わったことをきっかけに「クズ紳士」な自分と向き合うように。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature