Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 東京の天気に合わせた服装|季節別で最適なレディースのお手本コーデをご提案

FASHION

2020.05.16

東京の天気に合わせた服装|季節別で最適なレディースのお手本コーデをご提案

東京のでの天気や気温、季節に応じたおすすめの服装をまとめました。いまいちどんな服装がベストなのかわからない女性は、ぜひ服選びやコーディネートの参考にしてみてくださいね♪

【目次】
3〜4月の東京での服装は薄手のアウターが必要
5〜6月の東京での服装は変わりやすい天気に備えて
7〜9月の東京での服装は涼しい格好で
10〜11月の東京での服装は重ね着をして温度調整
12〜2月の東京での服装はしっかり寒さ対策を

3〜4月の東京での服装は薄手のアウターが必要

日差しは暖かいけどまだ肌寒い

東京の4〜5月は徐々に日差しがあたたかく感じる日が増え、重いアウターを脱いで春気分を楽しみたい時期。それでもまだ朝晩の気温差がある時期でもあるので、薄手のアウターをうまく使って温度調整するのがおすすめです。

グレージャケット×ドット柄スカート×Tシャツ

グレージャケット×ドット柄スカート×Tシャツ

オーバーサイズジャケットや黒小物を合わせた一見端正なコーデも、スイートなドット柄スカートを合わせれば、途端に女らしく。サテン素材の光沢感が、タフな着こなしに華を添える。

今季注目サテン調ナローフレアスカートで華やかジャケットコーデ

トレンチコート×ベージュニット×デニムパンツ

トレンチコート×ベージュニット×デニムパンツ

アクティブな日に着こなしたいカジュアルコーデも、ベージュトーンでまとめれば大人っぽい装いに早変わり!

カジュアルコーデをベージュトーンで品よくまとめて

キレイ色カーディガン×デニムパンツ

ミントグリーンのリブカーディガンと、デニムパンツのこなれスタイルに、黒の斜めがけトートバッグでスパイスを一味。

休日のデニムスタイルに、斜めがけトートでスパイスを効かせて♡

5〜6月の東京での服装は変わりやすい天気に備えて

天気や気温が変わりやすい

5月は割と過ごしやすくても、6月に入ると一気に梅雨の天気に突入する東京。ジメジメしやすく、晴れていたのに急に雨が降り出すなど、天気が変わりやすい時期だと言えます。スニーカーを履いたり、カーディガンを持ったり、天気や気温が急に変わっても慌てないで済む服装をチョイスすると良いでしょう。

白パンツ×イエローニット

白パンツ×イエローニット

イエローとホワイトの愛らしい配色の着こなし。バッグはキャメルでシックに、靴はシルバーでシャープに仕上げるのが、大人っぽくまとめるポイント。

イエロー×ホワイトの愛らしい配色をシックな小物でクラスアップ!

ベージュシャツワンピース×黒デニムパンツ

優しげなベージュのシャツワンピースは、黒デニムや黒小物を使ってレイヤードするとモードに仕上がる。かごバッグがリラックスムードを高めるアクセントに。

黒をポイントにちょっぴりモードなレイヤードスタイル♪

レインコート×カットソー×タイトスカート

レインコートとレインブーツの最強コンビで、雨にも風にも負けないコーデ。長めのレインコートなので、キレイめなタイトスカートも雨から守ってくれる。

【雨模様の日はレインコート×ブーツで完全防備♪

7〜9月の東京での服装は涼しい格好で

暑いけど羽織れるものがあると便利

この時期の東京は最も気温が上がり、薄着や肌出しを楽しめる季節になります。ただし日焼けや室内の冷房対策も同時に行うのが大切です。

ニット×レオパード柄ブルゾン×デニムパンツ

レオパード柄のブルゾンを肩掛けし、冷房や日中の日焼け対策に。まだまだ暑いけど、秋の気配を少しだけまとった着こなしに。

キャミ×デニムがベースのヘルシーな大人カジュアル

プリントブラウス×ベージュパンツ

首元がギャザーになったフェミニンなプリントブラウスには、ラフなパンツを合わせるのが正解。レディな雰囲気を残しつつ、ヘルシーにまとめてくれる。

レディなブラウスはラフなボトムでハズして♪

赤ロングスカート×白ニット

赤ロングスカート×白ニット

華やかなスカートには、かぎ針編みのニットを合わせてヘルシーにまとめて。タックのないスカートなら、腰回りももたつくことなくスッキリキマる。

上品トップスと華やかスカートをラフに着こなして

10〜11月の東京での服装は重ね着をして温度調整

気温が下がりはじめる時期

秋になると日照時間も短くなり、徐々に気温も下がってきます。少し厚手のセーターや、軽く羽織れるアウターでレイヤードして、温度調整するのがおすすめ。

ブラウンニット×ロングスカート

ブラウンニット×ロングスカート

今のトレンドは、カーディガンではなくニットをレイヤードすること。着ているニットはコンパクト、肩に巻いたニットはボリューム重視で奥行きを出すのが成功の鍵。同系色で重ねれば、失敗のリスクも少ないはず。

ニットの肩巻きでボリュームを演出して♪

キレイ色アウター×ワンピース

パッと目を引くキレイ色のアウターコーデ。ワンピースを合わせるときは、丈が長い方が今っぽくてバランスもGOOD。コントラストの強い色合いで、アイラインを強調して。

サックスブルーアウターでコーデの色合いにメリハリを♡

オレンジニット×ベージュワイドパンツ

ニュアンスカラーで仕上げた秋コーデ。あえて黒は使わずに、ドライなトーンでまとめれば今どきのかっこよさが叶う。足元にはレオパードを持ってきて、アクセントをつけて。

ニュアンスカラーをドライな雰囲気で着こなして♪

12〜2月の東京での服装はしっかり寒さ対策を

しっかりした防寒対策が必須

東京でも冬のこの時期は、厳しい寒さが待っています。かなり冷え込むので天気の良い悪いに関わらず、厚手のアウターで防寒対策が必須です。

フリース×黒パンツ×ネックウォーマー

フリース×黒パンツ×ネックウォーマー

冬のあったかコーデには、フリースが大活躍! ノーカラーだからキレイめにも着られ、ネックウォーマーを合わせてももたつかない。足元にはレオパード柄のシューズを投入して、アクセントをプラス。

外回りの日はあったか防寒スタイルで

ピンクコート×グレーデニムパンツ×ストール

ピンクコート×グレーデニムパンツ×ストール

女性らしさと大人っぽさを兼ね備えるピンクのコートには、白のプルオーバー、グレーのデニムパンツと淡色でグラデーションにすると、表情がパッと明るくなります! 小物はブラウン系を効かせると、全体がキュッとまとまる。

上品な淡色コーデが表情を明るく導いて♪

白コート×ブラウンカットソー×ピンクスカート

白コート×ブラウンカットソー×ピンクスカート

寒い時期だからこそ、ハッとするようなカラーミックスでおしゃれを楽しみたい! ビビッドなピンクのボトムを主役に、ブラウンで甘さを少し抑えて。直線的でスッキリしたシルエットのコートで、冒険しつつ大人の上品さも醸し出します。

女子会の日はスイーツのようなきれい色ミックスに挑戦♡


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.06.03

編集部のおすすめ Recommended

Feature