Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. feature(lifestyle)
  4. ライフスタイルニュース
  5. 新世代のコンビニ【アーバン・ファミマ!!】虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーにオープン!

LIFESTYLE

2020.02.12

新世代のコンビニ【アーバン・ファミマ!!】虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーにオープン!

人気のアーバンリサーチとご存じファミリーマートのコラボレーションが実現! 虎ノ門ヒルズビジネスタワーに、ライフスタイル提案型「アーバン・ファミマ!!」をオープンします!

新ライフスタイル提案型リアル店舗「アーバン・ファミマ!!」が開店!

株式会社アーバンリサーチと株式会社ファミリーマートのコラボレーション店舗として「アーバン・ファミマ!! 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー店」が、虎ノ門ヒルズエリアに新たに誕生する「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」2階に、本日2月12日(水)7時00分からオープンします!

◆新たなライフスタイル提案、環境に配慮したサスティナブルデザインの店舗

「アーバン・ファミマ!! 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー店」は、「サスティナビリティ」をキーワードに都市型ワーカーへ持続可能なライフスタイルを提案する新世代のコンビニエンスストアがコンセプト。新たなライフスタイルを提案する店舗です。

株式会社生活スタイル研究所が店舗プロデュース(企画支援・店舗及びグラフィックデザイン)を手掛けており、店内什器などに再生、再利用素材を使うなど、環境に配慮した素材を用いた“サスティナブルデザイン”が特徴的。

例えば、余分な湿気を吸収する卵の殻を再利用したエッグウォール(壁紙)やエッグペイント(塗料)、火力発電所で発生する石炭灰の他、使用済みのコーヒー豆など多岐にわたる廃棄物を利用したリサイクル内装ボードなどサスティナビリティが軸になっています。なんと… 全体の70%にサスティナビリティな要素(仕上げ・什器)を取り入れているんですって!

◆大型イートインを境に、「アーバンリサーチエリア」と「ファミマ!! エリア」を設置

店内は、大型イートインスペースを境に「アーバンリサーチエリア」と「ファミマ!! エリア」に分かれています。

「アーバンリサーチエリア」では、サスティナブルなライフスタイルとファッション(廃棄衣料をアップサイクルするサスティナブルマテリアル・プロダクト「commpost/コンポスト」やトラックのタープ幌をリサイクルしたスイス発ブランド「FREITAG/フライターグ」のバッグ、エシカルなファッションを推進する「かぐれ」のオーガニックコスメ、別注や人気商品を中心としたアパレルラインなど)、リラックス&レジャー(インナーウエア、ソックス、アウトドア用品など)、そしてレスキュー需要やギフト、日用品(ハンカチ、タオル、食料品など)をコンセプトとした売場になっています。

目玉として、第七回環境省グッドライフアワードにて「環境と福祉賞」を受賞した廃棄衣料をアップサイクルするサスティナブルマテリアル・プロダクト「commpost/コンポスト」の全商品と「アーバン・ファミマ!!」コラボ商材のオーガニックコットンとリサイクルポリエステルを混紡した肌触りの良いタオルハンカチもご用意。

「ファミマ!! エリア」では、食の充実(中食の充実)、利便性の向上(導入サービスの拡張)、憩いの時(イートイン・café・Book)、お土産(オフィスワーカーに向けて多様なビジネスシーンに対応できる商品選定)をコンセプトとした売場になっています。

また、アイランドカウンターでは昼はスムージー、夜はクラフトビールや、ファミマ!! の食材を使ったアレンジメニューを提供いたします。大型イートインスペースでは、大型のサイネージを配置し、“アーバンリサーチ” “ファミマ!! ”のコンテンツが提供されます。ヨガのワークショップやオフィスワーカー同士のネットワーキングを目的とした各種イベントなど、都心のワーカーコミュニティの拠点としても活躍します。

デートや仕事の場として選んだりと、普段利用しているコンビニとはまた違った視点で楽しめそうですよね! ぜひ、みなさんも訪れてみてください♪

アーバン・ファミマ!! 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー店
開店日:2020年2月12日(水)7時00分
住所:東京都港区虎ノ門1丁目17番1号
営業時間:アーバンリサーチエリア 10時~21時/ファミマ!! エリア 7時~23時
イートイン:38席


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.24

編集部のおすすめ Recommended

Feature