冬のマンネリへ【ピンク小物】のカンフル剤を! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. カラーコーディネート
  4. ピンクコーデ
  5. 冬のマンネリへ【ピンク小物】のカンフル剤を!

FASHION

2020.02.15

冬のマンネリへ【ピンク小物】のカンフル剤を!

一足先に春色をお迎え。近年は冬のくすみピンクに夢中! Oggiの美容専属モデル・ビューティアイコンの吉田なぎ沙さんがお届けする【海外移住生活】ブログです。

Oggiビューティーアイコン 吉田なぎ沙

冬のマンネリに春色のカンフル剤を!

ツーンと刺すような寒さに、冴えないグレーの空、布団からも家から出たくない日々。

外に出る理由も、“仕事・買い物だから仕方なく”。冬のおしゃれも、コートを着ちゃうから中身なんてどうだっていいって思いがち。すぐ黒タイツや黒パン、ロングスカートに手を伸ばす。私の場合さらにひどく、お高めのダウンの下はジャージやパジャマという日もあります(笑)

そんな中でふと目も心も奪われるショーウィンドウの春色の洋服。黒子の主人とは裏腹に、寒くてカサカサの心はどうやらおしゃれをしたいらしい。一年を通して一番買い物したくなる季節を言い訳に、数年前から「この時期にこそ春色を!」と意識して色選びをするようになりました。冬の買い物は、色選びが大事です。

少し前まではくすみブルーに夢中でしたが、ここ数年は冬のピンクが大好き。ピンクがどうも似合わない性分なので、優しいくすみピンクからトライ。

ニット/ギャルリー ヴィー
パンツ/Frame
ダウン/タトラス

今年はピンクスニーカー、ピンクストールもゲット。やっぱり根は女子なのか、ピンクを着た日がなんとなく気分がいい。気分も色も暗くなりがちな真冬にこそ、明るい色を取り入れて自ら気分を上げていきたいものです。

Oggiビューティーアイコン 吉田なぎ沙

2014年からOggi専属美容読者モデルとして活躍。2017年9月に米国ポートランドに移住。海と愛犬とコーヒーをこよなく愛する、双子boysの新米ママ。シンプルな暮らしを目指す彼女のライフスタイルについてはInstagram:nagi711にてチェック出来ます。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.06.21

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.155に掲載しているパンツのブランド名に誤りがありました。正しくは、エイチ ビューティー&ユース〈トランスファレンス〉になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature