Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. カーディガン
  4. ロングカーディガンコーデ
  5. 人気スタイリスト金子 綾さん愛用【GALERIE VIE のロングカーディガン】着こなし3選!

FASHION

2019.10.26

人気スタイリスト金子 綾さん愛用【GALERIE VIE のロングカーディガン】着こなし3選!

スタイリスト金子 綾さんが愛用する「GALERIE VIE のロングカーディガン」の着こなし3選をご紹介します。

スタイリスト金子 綾さんのMy Best Basic!

スタイリングのみならず、キレがある女っぽいアイテム選びにも定評があるスタイリスト金子 綾さん。その審美眼に適った金子さんならではの「My Best Basic」なアイテムとその着こなしをご紹介!

スタイリスト・金子 綾さん

1979年生まれ。Oggiをはじめとする数多くの女性誌で活躍する人気スタイリスト。自身のワードローブ選びの極意を紹介したスタイルブック『a only.』(小学館)が好評発売中。Instagram:@ayaaa0707

変幻自在のでおしゃれの幅が広がる
【GALERIE VIEのロングカーディガン】

▲カーディガン¥28,000(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉)

「季節を問わず『ギャルリー・ヴィー』のリブニットシリーズを愛用中。春夏はコットン、秋冬はウール素材で、ちょっとずつアップデートされるカラーバリエーションやデザインに心ひかれて、毎シーズン買い足しています。

ニットってどうしてもカジュアルになりがちだけど、このリブニットは不思議と色気を醸し出してくれる。ツヤのあるしなやかな素材感がニット特有のほっこり見えを回避。肉感を拾いすぎない細かなリブ編みが、つかず離れずなシルエットを自然と描いてくれる。まさに丸みを帯びつつある大人の女性の体を色っぽく魅せるためにつくられたようなニットなんです。

この秋、真っ先に気になったのが、リブニットシリーズのロングカーディガン。つまった距離感で配置された貝ボタンにもキュンとするかわいさを感じます。今回は展示会で提案されていた着こなしを私なりにアレンジして、スタイリングに取り入れてみました。」(金子さん)

【GALERIE VIEのロングカーディガン】着こなし3選!

1:CASUAL

ライトグレーのロングカーディガンを主役に、デニムとレースパンプスもグレーのワントーンでまとめて。色をそろえることで、それぞれに託した女っぽい要素が引き立てられて、ただのカジュアルに終わらせない。

しなやかなシルエットのカーディガン、女らしいラインを描くハイウエストデニム、ヌーディなレースパンプス…。あからさまではなく程よく色気を感じさせるアイテムを組み合わせるのが、大人のカジュアルスタイルの醍醐味。

カーディガン¥28,000(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉) タンクトップ¥6,500(アングローバル〈イレーヴ〉) パンツ¥18,000(バロックジャパンリミテッド〈ブラックバイマウジー〉) バッグ¥53,000(アマン〈ア ヴァケーション〉) 靴¥21,000(Dhyana.〈ディアナドット〉) イヤリング¥92,000・リング¥48,000(ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店〈ソフィ ブハイ〉)

2:FEMININE

カーディガンを前後逆に着てバックシャンワンピース風にアレンジ。フロントはボートネックのようなストイックな表情、後ろはV開きの大胆な肌のヌケ感で全方位色っぽい。間隔のつまった小さなボタンがアクセントになり、なんともチャーミング♡

「展示会で、前後逆でも着られるようネックラインをデザインしたと聞いて試してみたかった着こなし♡」と金子さん。

背中とストラップサンダルで肌見せしてヌケ感を出すことで、女っぽさが加速。1点投入したメンズライクな大きめのスクエアバッグが、今っぽく媚びない雰囲気を演出。

ワンピース風に着たカーディガン¥28,000(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉) バッグ¥57,000(アマン〈ア ヴァケーション〉) 靴¥78,000(ロンハーマン〈エム パーソンズ〉) ブレスレット¥11,000(デミルクス ビームス 新宿〈ローラロンバルディ〉)

3:VINTAGE-LIKE

ボタンを全部留めて、腰位置で袖をきゅっと結んでスカート風に。深いV開きなので無理なくすっきりと腰巻きできるのも優秀! 流行のニット×ニットもこの秋楽しみたい組み合わせ。

ロングカーディガンの袖をウエストに巻く着こなしは、トップスをコンパクトに仕上げるのがバランスよし。ライトグレー×ベージュのヌーディな配色もポイント。スネーク柄パンプスやフェイクファーのバッグでヴィンテージライクに振り切って。

スカート風に着たカーディガン¥28,000(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉) ニット¥22,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店〈スローン〉) バッグ¥29,000(ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店〈ロペ エターナル〉) 靴¥36,000(ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア〈ピッピシック〉) サングラス¥39,000(アイヴァン PR〈アイヴァン〉) ピアス¥27,000(フラッパーズ〈シンパシー オブ ソウル スタイル〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2019年Oggi10月号「スタイリスト 金子 綾のMy Best Basic」より
撮影/東 京祐(人物)、渡辺修身(静物) スタイリスト/金子 綾 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/鹿沼憂妃 構成/菅 博子
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.25

編集部のおすすめ Recommended

Feature