Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. スイーツ
  5. 愛おしい富士山チョコ♡ 大手町駅直結「ハインツ・ベック」で!

LIFESTYLE

2019.08.21

愛おしい富士山チョコ♡ 大手町駅直結「ハインツ・ベック」で!

ショコラコーディネーター®の市川歩美さんがおすすめする、富士山のかたちをしたチョコレート。この秋、特別に9種類の富士山が登場します。大手町駅直結の「ハインツ・ベック」へ駆けつけて♡

ショコラコーディネーター® 市川歩美

ラブリー・美味しい本格派「ハインツ・ベック」で富士山チョコが秋限定販売

こんにちは。ショコラコーディネーターの市川歩美です。すごくラブリーなチョコレートがあるんです。もう、みなさんにシェアせずにはいられません!

このチョコレートは、大手町駅直結の高級イタリアレストラン「ハインツ・ベック」にあります。

イタリアレストラン「ハインツ・ベック」

私はこちらのお料理が大好き。

イタリアで“モダンキュイジーヌの革命児”と呼ばれ、世界のトップシェフとして知られる、ハインツ・ベックシェフ。その医食同源に基づく、美しくて美味しい料理が私は大好きなのです。

さらに。このレストランが好きな理由がもうひとつ。それがまさに、今日ご紹介するこの富士山のチョコレートたち。

◆ハインツベックのアイコンチョコ「富士山のチョコレート」

ハインツベックのアイコンチョコ「富士山のチョコレート」

レストランのエントランスを入ると左手にすぐ、チョコレートのショーケースがあります。

チョコレートのショーケース

ここは、お食事をする方以外も入れますから安心してくださいね。

アップにすると・・・

富士 クラシック

▲右上が定番「富士 クラシック」

富士桜/富士柚子

▲ピンクの「富士桜」、黄色の「富士柚子」など

かわいい、を超えて、もはや愛おしい♡♡

このチョコレートは、日本だけのオリジナル。イタリアのハインツ・ベックシェフのレストラン「ラ・ペルゴラ 」にもありません。

日本を愛するペストリーシェフが、富士山へ登ったときの感動が原動力となって生まれたチョコレートです。

9種の富士山のチョコレート入りボックス

▲9種の富士山のチョコレート入りボックスは3000円(税別)、9月末まで販売予定ですが。大好評のようなので延長の可能性あり!

いまや、富士山のチョコレートはハインツベックのアイコン。

富士山のチョコレート

左上から右に
富士桜」(ピンク)パイナップルとフラワーティの華やかなガナッシュ
富士柚子」(きいろ)高知県産の柚子の香りがあふれ出します
富士クラシック」は定番。カットするとチェリーのやわらかなガナッシュが

真ん中の段左から
赤富士」高級なマンゴーを使った黄色いなめらかなガナッシュ
富士日の出」(赤と青)カカオ分の多いミルクチョコ使用。いちごとカボスの果肉の香り
富士金閣寺」(キラキラ〜)シェフが金閣寺に出かけたときの印象がこの一粒に

下の段左から
雪富士」(まさに雪景色)梅と梅酒を使ったガナッシュ
富士日の丸」(赤と白)ライチの香りが高く、カボスの香りがほのかに
富士抹茶」(グリーン)宇治抹茶を使用。

すべての香りは、フレッシュフルーツを仕入れ、キッチンでピューレやコンフィチュール、ジュースにするところから生まれています。すばらしい。完全な手作りです。

ハインツ・ベックのヘッドペストリーシェフ、フランチェスコ・タリアラテッラさん

▲ハインツ・ベックのヘッドペストリーシェフ、フランチェスコ・タリアラテッラさん

フランチェスコシェフによると、ペストリーシェフの緑富士と黄色富士は葛飾北斎の「富嶽三十六景」からインスピレーションを受けたそう。

富士山は、幸運をもたすとされる縁起物ですから、プレゼントに最適。

1粒から買えるので、自分用にも。

高級レストランならではの、選ばれた素材から「美味」を生み出すスピリットと技術が現れています。よいものを知る、グルメな方のための、手作りチョコレートです。

ハインツ・ベック

富士クラシック

▲「富士クラシック」は定番ですが、ここまで富士山チョコレートが揃うのは初!

ショコラコーディネーター® 市川歩美

チョコレートのジャーナリストとして最新のチョコレート情報に精通。

おすすめ・注目のチョコレートの紹介ほか、関連情報を雑誌、テレビ、ラジオ、Webなどのメディアに提供しながら、メディア・チョコレートブランド・消費者をつなぐ、日本唯一のショコラコーディネーター®として活動。

チョコレート愛好家歴は、5才頃から。本格的なチョコレート愛好家歴約30年。フランスの上質なショコラに1990年代前半に出会って以来、「ショコラのある生活」を豊かにするべく、チョコレート関連イベント、トークショーへの出演、テレビ番組、記事の監修、商品企画なども行う。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.09.19

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号でブランド名の表記に間違いがありました。60ページに掲載のCORSOの靴の問い合わせ先は正しくは“ROPE mademoiselle”です。0120-298-133 になります。お詫びして訂正致します。

Feature