Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. 女子欲ハワイ
  5. アラモアナの「しゃぶ屋」プチプラ食べ放題をレビュー♡【女子欲ハワイ88】

LIFESTYLE

2019.06.06

アラモアナの「しゃぶ屋」プチプラ食べ放題をレビュー♡【女子欲ハワイ88】

ハワイ(オアフ島ワイキキ)と東京に自宅をもち、旦那さんとデュアルライフをエンジョイするエディター武田麻衣子のハワイライフから。今回はアラモアナショッピングセンターに新しくオープンした、しゃぶしゃぶ屋さんについてお届けします。

武田麻衣子

LAで大人気のプチプラ食べ放題お鍋♡

アラモアナセンターでひときわ長蛇の列が目立つニューオープンのお店を発見。ここは、ロスで大人気のしゃぶしゃぶ屋さんで、ずらりと並んだビュッフェ台から好きな食材や薬味、つけダレを取って頂くという大箱店でした。

アラモアナセンター SHABUYA

たまたま遅いランチをした日の夜。なかなかお腹が空かなかったのですが、とりあえず歩き回ってお買い物でもしようかと、夜の20時にアラモアナセンターへ。端から端まで歩いて21時頃このお店の前を通ったら、

「あ、意外に並んでいない! 人気店ならちょっとのぞいてみる? 野菜メインなら遅いご飯でも重たくないかも」

と、いうことで、二日酔いの旦那さんと入ってみました。

入口からしてLAっぽさ全開です。ギラッとした黒いインテリアがクラブ風。大きな店内にワイワイガヤガヤ。盛り上がっています。落ち着くお店ではないけれど、新しいだけあって店内は清潔。大人数で来た方が盛り上がるかも。

SHABUYA店内

ここって以前マグノリアベーカリーと液体窒素のアイスクリーム屋さんがあった場所ですね。最近のハワイは飲食店の移り変わりの早さにびっくりします。

◆メニューも充実、フレキシブルにオーダーできる♪

ディナーのお値段はひとり$27,99(4〜10歳のキッズは$14,99)。4種の前菜、5種類のスープからひとりひとつを選び、8種類あるお肉はテーブルで自由にオーダー。一度に持ってきてくれるお肉は4種類で、食べ終わったらまた追加するシステムです。それ以外の魚介類や野菜、薬味、つけダレなどはビュッフェ台からセルフでピックアップします。

ひとりが専用のお鍋で頂けるのが外国人仕様ですね。私たちは、オリジナルハウスブロススパイシー味噌ブロスの2種類のスープを両方頂くという日本人シェア型でいただきました。

アペタイザーは餃子とオリジナルチキン唐揚げをチョイス。

餃子とオリジナルチキン唐揚げ

お肉は、US和牛ビーフROUNDブラックアンガスビーフTOROなど、5種類のビーフと2種類の豚肉、チキンから選びます。お肉がきれい。店内キッチンで大きなブロックからスライス仕立てのお肉を持ってきてくれるし、種類が多いのがいいですね。

お肉

◆衛生面もバッチリ!

ビュッフェ台のお野菜もフレッシュ。人の息がかからないよう、カバーされているので安心だし、人気店だけに回転も早く、常に新しいものが並んでいるようです。

シーフードはエビやカニ、ムール貝、白身魚、タコ、つみれなどかなり豊富。豆腐やこんにゃく麺、春雨、うどん、トッポギなどもいろいろ。ポン酢やゴマだれ、アジアンチリソースなど漬けダレは10種類も。薬味もたっぷり使いつつ、お野菜がしっかり頂けるのが嬉しい。

シーフード

ハワイは相変わらずお鍋ブームが続いています。お鍋屋さんはどこも大繁盛。確かに、冷房が強いハワイでは、意外と体が冷えているし、滞在中、胃が疲れてさっぱりしたものやお野菜を食べたいモードになることも多いもの。

お鍋ブーム

うちの旦那さんは、連日の飲み会により旅の後半は内臓疲れで食が細くなることが多々。お腹に優しく、体が温まるお鍋はとっても助かります。ヘビーなご飯が続いた私もダイエットモードになれるし。この夜、私は炭水化物抜きを決行したのでした。

野菜

スープはあまりコクがないけれど、パクチーやニンニクなど薬味やつけダレがあるのでOK。

タレ

◆お酒もデザートもいろいろ♪

ビールタワーなど、お酒の種類も量もいろいろあるので、大勢で居酒屋さん代わりにワイワイしたり、早い時間ならお子様連れのファミリーにもおすすめ。ランチは$17,99とぐっとお得。デザートにはマカロンアイスを♡

デザート

場所はアラモアナセンター2F。ノードストロームそばの山側に面した駐車場の通り沿い。ディオールやエルメス、ZARAの近くです。通し営業なので海帰りの遅いランチでもいいですね。

あわせて読みたい!

武田麻衣子/Maiko Takeda ファッションエディター

大学在学中よりファッション雑誌の編集者としてキャリアをスタート。以降、Oggi、Domani、Precious、和楽などで活躍。ゴルフ、歌舞伎鑑賞、ドライブ、クッキングなど、趣味を生かしたカルチャーなページづくりにも定評あり。遊びや仕事で訪れるたびにハワイ愛が膨れ上がり、2012年ついにオアフにコンドミニアムを購入。行ったり来たりのデュアルライフをエンジョイ中。
instagram→@maikotakedaogawa


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.12.16

編集部のおすすめ Recommended

Oggi1月号 P.158に掲載の常盤薬品工業の商品について誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)ニューボーン WブロウEX N 01 ¥1,200 →(正)ニューボーン パウダリーペンシルブロウEX 01 ¥850

Feature