Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. feature(lifestyle)
  4. 筋肉キッチン
  5. 肉ゴッロゴロの黒酢酢豚で男のハートを真正面から射抜け!【レスラーYAMATOの筋肉キッチンvol.36】

LIFESTYLE

2016.09.23

肉ゴッロゴロの黒酢酢豚で男のハートを真正面から射抜け!【レスラーYAMATOの筋肉キッチンvol.36】

DRAGON GATEのYAMATOが今日もとっておきのレシピを引っ提げてやってきたぞ。
_HD_1087

今日作るのは【酢豚】だ。
中華店で食べる酢豚ももちろん旨いんだが、酢豚好きの俺としてはこだわりがあるぶん、自分で作ったほうが満足できるんだな。
ちなみに俺のこだわりは肉がゴッロゴロの大きめサイズで、酢はまろやかでコクも香りも抜群な黒酢を使用したレシピ!
ツンとこないまろやかな黒酢酢豚は、酢が苦手な男が大好きな一品だから、ぜひともマスターしてみてくれ。

では材料から紹介しよう。

■材料(2~3人分)
豚バラブロック肉……300g
ピーマン……3個
にんじん……1本
玉ねぎ……1/2個
干ししいたけ……2個
(豚バラ下味用)
しょうゆ、みりん、料理酒、こしょう、卵黄……各適量
揚げ油……適量
薄力粉……適量
黒酢……100cc
砂糖……大さじ4
オイスターソース……40cc
はちみつ……数滴
片栗粉……大さじ1
ごま油……一垂らし
強靭な肉体……随時

実際に作ってみるぞ。

■作り方
1/常日頃からトレーニングし、強靭な肉体をキープしておく。

料理に必要なのは愛情と強靭な肉体だ!!
料理に必要なのは愛情と強靭な肉体だ!!

2/豚バラブロック肉はひと口大に切り、しょうゆ、みりん、料理酒、卵黄、こしょうを混ぜたもので下味を付け、30分程度置いておく。
上腕二頭筋ならびに三頭筋を使ってフルパワーで挑め
上腕二頭筋ならびに三頭筋を使ってフルパワーで挑め
「大きめに切った肉には下味をつけることを忘れずに」

3/干ししいたけは砂糖少々(分量外)を加えたぬるま湯で戻し、斜め切りにする。
「干ししいたけをゆっくり戻す時間がないときは、ぬるま湯+砂糖で戻せばすばやく戻すことができるぞ」

4/ピーマンは種を取って乱切り、玉ねぎはくし形切り、にんじんは乱切りの後、下ゆでする。
「火の通りにくいにんじんは必ず下ゆでしておくこと!」

5/鍋に黒酢、砂糖、オイスターソースを合わせて火に掛け、ひと煮立ちさせておく。

6/豚バラ肉(2)に薄力粉をまぶし、180度の油で揚げる。野菜類もサッと油にとおす。
_HD_0948

油VS俺
油VS俺

このままでも旨そうだ
このままでも旨そうだ

_HD_0926
「このとき野菜類も素揚げしておくこと!これをするとしないとで食感は大きく変化するぞ」

7/フライパンで合わせ酢(5)を強火に掛け、豚バラ肉、野菜類を加えてひと煮立ちさせたらはちみつを垂らし、水溶き片栗粉で止め、ごま油を垂らしてフライパンを振り、お皿に盛る。

この1滴が旨さの秘密!
この1滴が旨さの秘密!

この数滴垂らしたはちみつのほのかな甘みが隠し味なんだが、わかるか?

さぁ完成だ。
_HD_0960

_HD_0958

酢豚は揚げ物だからと面倒がる人もいるかと思うが、彼女に酢豚を手作りされた男はほぼ間違いなく感動するはずだから、男を落とす勝負メシとしてぜひともレシピをストックしておいてほしい。

次回も男が喜ぶYAMATO飯をお届けするので楽しみに待っていてくれ。

(撮影/廣江雅美 取材/吉田奈美)

【YAMATO】
1981年9月10日生まれ。B型。調理師学校を経て、和術慧舟會で総合格闘家となる。2006年、プロレス団体DRAGON GATE所属のプロレスラーに転向し、人気実力とも兼ね備えた選手として活躍中。試合予定はDRAGON GATE公式ホームページを参照。調理師免許、フードコーディネーター3級を持ち、料理のできるプロレスラーとしても注目が集まっている。
ブログ→http://ameblo.jp/yamato-oldtype/
料理ブログ→http://ameblo.jp/dragon-gate-deli/
ツイッター→@yamato_oldtype


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.16

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature