【ZARA】白シャツにないものが白ブラウスにはある|小林文の賢いプチプラ買い | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. エディター
  4. 小林文
  5. 【ZARA】白シャツにないものが白ブラウスにはある|小林文の賢いプチプラ買い

FASHION

2018.01.25

【ZARA】白シャツにないものが白ブラウスにはある|小林文の賢いプチプラ買い

清潔感はキープしつつ、白シャツよりも今の自分に寄り添う白ブラウスをZARAで発見。Oggiのエディター小林 文がリアルに使えるプチプラアイテムをおすすめする連載です。

小林 文

【ZARA】今の私に似合うのは、メッセージ性少なめの白ブラウスでした

体力と気力だけで(笑)いろんなことを乗り越えてきた私の20代は、自信がないときこそ、仕事もプライベートも辛口な白シャツを着ていたような気がします。「知的でかっこいい大人に見られたい!」という当時の私の戦闘服であり、心の支えでもありました。

でも現在32歳。20代で背伸びしたりもがいたりした結果、自分というものがだいたいわかって、明らかに生きることがラクになりました。今はもう白シャツの力を借りなくても、それなりに戦える気がしています(笑)。

そんな今の私が「これだ!」と手に取ったのはZARAの白ブラウス。ハリのあるシャツ生地で、そでがボフッと膨らんだノーカラーブラウス。前身ごろのボタンは比翼仕立てで主張少なめなのに対して、そで口には大きなボタンがあったり、ところどころ黒のステッチであったりで、豊かな表情です。

襟のついた辛口の白シャツよりも「かっこいい」とか「知的」とか「大人っぽい」とかという、強いメッセージ性は含んでいません。そのかわり、辛さも甘さも超越した白ブラウスには、おおらかさがあります。それがなんだか30代にはしっくりくるんです。

仕事も人付き合いも新しくなる春。今まではガチガチに戦闘モードだったけど、今年からはもっと軽やかに。ギアチェンジします(笑)!

ブラウス/ZARA(¥5,990)
デニム/Mila Owen

エディター 小林 文

5年半の間営業職として勤めた会社を退職後、Oggi編集部へ。編集アシスタントを経て、Oggiのファッションエディターとして独立。リアル読者だったOL経験をいかして、日々楽しみながら邁進中。1985年生まれ、名古屋出身の32歳。インスタグラムは@kobayashi_bun


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.11.01

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「すみません、先輩もわかりません!」P210に掲載のTBS山本里菜アナ着用のワンピースの価格に誤りがありました。正しくは¥29,000(税抜)になります。お詫びして訂正いたします。

Feature