【時短ブラシ】ファンデをブラシで塗るなら【ポーラ】の凄さを実感すべし | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. feature(beauty)
  4. 時短ビューティ
  5. 【時短ブラシ】ファンデをブラシで塗るなら【ポーラ】の凄さを実感すべし

BEAUTY

2017.07.25

【時短ブラシ】ファンデをブラシで塗るなら【ポーラ】の凄さを実感すべし

パウダーもリキッドもクリームも! どんなファンデもOKの万能ブラシをご存じですか?

今ファンデーションの“ブラシ塗り”が熱い! 各メーカから、工夫を凝らしたブラシが続々と発売されていますが、特に拍手ものなのがポーラの化粧筆。広島県熊野筆を使用しているだけあって、ベルベットで肌を撫でられているような滑らかさは逸品。しかもその毛1本1本は、何と毛穴よりも細いそう! そんな繊細を極めた上質毛が隙間なくぎゅーっと密集しているから、もちろん筋ムラとは無縁。ちなみにパウダーもリキッドもクリームもOKとアイテムを問わないから、誰でも今すぐに使えます。

まずは軽ーくファンデーションをなでとってから、全顔にスルスルと滑らせ、カバーを強化したい部分はポンポンと叩き込んで。「あれ、ファンデーションってこんなに少量で大丈夫なんだ!」と気付かされる驚愕の伸びの良さです。

形はドロップ型だから、広い面をささっと塗るなら丸い部分を、キワを塗るなら先端部分をと、使い分ければ尚効率的。

どこまでも薄膜で、本当に素肌に近い美しさをメークする職人の手業が、ここに宿っています!

ポーラ 熊野化粧筆(肌) B.A プレミアムM ¥6,800(9月1日発売)


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.05

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi1月号P.120に掲載のUNIQLO and White Mountaineeringのニットに誤りがありました。正しくはUNIQLOのニットで、カシミア100%になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature