Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 春ファッション
  5. この春、プリーツ愛が止まらない!|おすすめコーデ6選 feat.矢野未希子

FASHION

2019.05.19

この春、プリーツ愛が止まらない!|おすすめコーデ6選 feat.矢野未希子

この春トレンドの【プリーツ】コーデ6選をお届け。デザインや素材のバリエも豊富に登場してます♪

春を楽しむ♪【プリーツ】コーデ6選

いつの時代も心ときめく存在として支持されてきたプリーツが、ここへ来てトレンドの主役に! ブランドからデザインや素材のバリエも豊富に登場。いろんな表情のプリーツに魅了される季節到来です。

1.白とベージュの世界に溶け込む雄弁なプリーツ

プリーツコーデ 白とベージュの世界に溶け込む雄弁なプリーツ

リネン混のスカートとアウターを軸に、白とベージュでまとめたリラクシングな雰囲気は、まさに今シーズンの代表的トレンド。陰影でそれと気づくくらいのさりげないプリーツは、ふんわりとしたリネンの風合いを最大限に活かしてくれるとともに、淡いトーンの着こなしにメリハリを与えてくれる。リネンにひっぱられてほっこりしないためにも、シャツや着流し風トレンチなど、旬のアイテムを合わせて。

スカート¥54,000・コート¥120,000(ebure) シャツ¥33,000(マディソンブルー) 靴¥13,800(ジャーナル スタンダード 表参道店〈レメ〉) ピアス¥35,000(シティショップ〈アニカイネズ〉)

2.まとうたび、ひらり、ゆらり。目指したい女性像がそこにある

プリーツコーデ まとうたび、ひらり、ゆらり。目指したい女性像がそこにある

優しげで、たおやかで、どこか儚げで。ピッチの異なるひだと、シアーなやわらかい生地が、動くたびにふんわりと揺れるスカートは、大人の女性の魅力を体現した一枚。透け感と抑揚のあるプリーツのおかげで、ベージュオンリーの着こなしも地味にならない。仕上げに、パイソン柄のサンダルや、スカーフを巻いた白バッグのアクセントで女っぽいキレをひとさじ。

「ゲミニー」のスカート¥29,000・プルオーバー¥21,000・「マルコ マージ」のバッグ¥30,000・「シトラス」のバッグに巻いたスカーフ¥18,000・「ペリーコ」の靴¥55,000(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) ピアス¥11,000(デミルクス ビームス 新宿〈ベベ〉) バングル¥10,000(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈マージョリー・ベア〉)

3.折り目正しいからこそ選びは半歩先を狙って

プリーツコーデ 折り目正しいからこそ選びは半歩先を狙って

スカートに限らず、この春のプリーツは、さまざまなアイテムで展開中。キャミソール×ワイドパンツの着映えするこんなセットアップも登場! もともと持っているきちんとした印象のおかげで、モードに振っても、取り入れやすいのがプリーツの魅力。直線的なデザインは、赤みのあるブラウンをよりあか抜けた印象に、そしてスタイルUPも叶えてくれる。

キャミソール¥27,000・パンツ¥43,000・ボディスーツ¥18,000(クルーズ〈ELIN〉) バッグ¥47,000(GALERIE VIE 丸の内店〈MARIA LA ROSA〉) 靴¥35,000(シティショップ〈エリン フォー シティショップ〉) 帽子¥10,000(H BEAUTY&YOUTH〈ラ メゾン ド リリス〉) ピアス¥75,000(プラージュ 代官山店〈ソフィー ブハイ〉)

4.シルエット美が際立つ、漆黒のプリーツには冒険心を

プリーツコーデ シルエット美が際立つ、漆黒のプリーツには冒険心を

徐々に春へシフトしていくこの時期にぴったりなのが、軽快な黒のプリーツ。ハリのある立体的な折り目で、ソリッドな黒の魅力を引き出して。定番の頼れる色だからこそ、背抜きしてゆるりと着こなすスポーティなアノラックパーカや、スカートの下に仕込んだ透け感のあるレギンスなど、トレンドアイテムを投入! ブラッシュアップした黒を楽しみたい。

スカート¥38,000・レギンス¥18,000(ボウルズ〈ハイク〉) パーカ¥57,000(アマン〈アンスクリア〉) バッグ¥102,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) 靴¥18,000(DES PRÉS〈DES PRÉS JM〉)

5.ドットが躍るプリーツは可憐で大胆で、永遠

プリーツコーデ ドットが躍るプリーツは可憐で大胆で、永遠

スタンダードな存在でもあるプリーツは、長く愛せるアイテム。だからこそ、とっておきを見つけて投資するのもあり。細かいひだの、たっぷりとした繊細なプリーツに、ドットを配した透け感のある生地。そんな女子の憧れを詰め込んだような逸品は、白Tシャツとネイビーのトレンチコートでさっぱりと爽やかに着こなして。ちらりと見えるコートの裏地のドットは茶目っ気のある隠し味!

スカート¥166,000(エストネーション〈ケイト〉) Tシャツ¥25,000(マディソンブルー) コート¥48,000(ベイクルーズ カスタマーサポート〈バウム フェルド ガーテン〉)

6.予定調和を裏切る味付けで大人の余裕を漂わせて

プリーツコーデ 予定調和を裏切る味付けで大人の余裕を漂わせて

プリーツスカートに合わせるはおりで、間違いないのは、品のよいかっちりとしたテーラードジャケット。でも好相性な組み合わせに甘んじて、普通に着こなしてしまうのは少々退屈。さりげない柄on柄や、遊び心のある小物やアクセサリーをちりばめて抜け感を出すほうが、断然こなれた雰囲気に。色はブラウンと白の落ち着いた色をベースにすれば、大人っぽく仕上がる。

スカート¥28,000(TOMORROWLAND〈Ballsey〉) 「イエナ」のジャケット¥29,000・「BEN AMUN」のネックレス[コイン]¥8,500(メゾンイエナ) 「カレンテージ」のボディスーツ¥22,000・「ペリーコ」の靴¥54,000(プラージュ 代官山店) バッグ¥90,000(SUPER A MARKET〈WAIWAI〉) ネックレス[ハート]¥31,000(シティショップ〈モンドモンド〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

Oggi4月号「矢野未希子 シンプル&ベーシックのその先へ!」より
撮影/土屋文護(TRON) スタイリスト/加藤かすみ(TRON) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) モデル/矢野未希子(Oggi専属) 構成/堀 由佳
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.12.08

編集部のおすすめ Recommended

Oggi1月号 P.158に掲載の常盤薬品工業の商品について誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)ニューボーン WブロウEX N 01 ¥1,200 →(正)ニューボーン パウダリーペンシルブロウEX 01 ¥850

Feature