Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. feature(fashion)
  4. 三尋木奈保
  5. エディター三尋木奈保的・買い足し4アイテム【コート下を春に】チェンジ!

FASHION

2019.03.30

エディター三尋木奈保的・買い足し4アイテム【コート下を春に】チェンジ!

エディター三尋木奈保さんが【コート下を春にする】4アイテムを教えてくれました。手持ちの冬服と合わせて春を先駆けて!

きれいめシンプル派の憧れの存在、エディターの三尋木奈保さん。おしゃれが停滞しがちな真冬、三尋木さんは何を着ているか気になって――手持ちの冬服を生かしながら、無理なく春っぽさを取り入れたリアルな着こなしを取材しました!

【コート下を春にしたい!】
エディター三尋木さん的・買い足しアイテム

手持ちの冬服となじみやすい淡色やコットン素材を見極めて

「冬服から春服へシフトするとき、私の場合『白っぽいもの』『ハリのあるもの』が基準です。コートは冬物のままでも、中に着る服どれか1点でもこれらに更新できたら、春に向けてのさわやかさやしゃきっと感が出せるんですよね。本音を言えば、全身ぬくぬくの冬服のほうがもちろん暖かい。けれど、去年から同じ服を着続けていると、どうにも気分が落ちるから…そこは防寒インナー&タイツを駆使しつつ(笑)、吟味した春物を上手に取り入れて、自分が納得するペースで冬の終わりを気分よく過ごしたいと思っています」(三尋木奈保さん)

買い足しアイテム コットン素材

【A】(右上)「アクアスキュータム」のチェック柄スカート

「大人っぽくはけるチェックスカートが欲しくて、コラボでつくらせていただいた春の新作です。白×キャメルのリッチなさわやかさが、直球で私好み。地厚なウール×ポリエステル素材なので、今の時季から無理なく着られます」 ふくらはぎにかかる長め丈。スカート¥32,000(レナウン プレスポート〈アクアスキュータム〉)

【B】(右下)「THIRD MAGAZINE」の白ブラウス

「手持ちの冬カーディガンのインに差すことを想定したセレクト。パリッとした白ブラウスは、首の詰まったギャザーデザインであることが大事。ふだんから胸開きの深いものはあまり着ない私ですが、この時季は寒そうに見えないという点でも、レイヤード映えの視点でも、ブラウスはこのタイプに一票!」 ブラウス¥25,000(THIRD MAGAZINE)

【C】(左上)「martinique」のショート丈ニット

「今からニットを買うなら、冬のシルエットとは趣の異なるショート丈にトライしたい。昔から大好きなサンドベージュ&ボートネックで、自分にとって着慣れたポイントも残したセレクトで」 イタリアの老舗ニットメーカー、PINORI社の上質なカラーブレンド糸を使用。ニット¥24,000(martinique Le Conteルミネ横浜店〈martinique〉)

【D】(左下)「ZINS×DES PRÉS」のセミワイドパンツ

「今の時季は、足首がのぞくクロップドパンツは現実的に難しいので、フルレングスを選ぶのが基本です。こちらは、展示会でシルエットの美しさに惚れ込んだフランスのパンツ専門ブランドのもの。密に織られたしっかりした生地感のコットンは、春ニュアンスがありながら寒々しく見えない点が優秀」 パンツ¥30,000(DES PRÉS 丸の内店〈ZINS × DES PRÉS〉)

Oggi3月号「エディター三尋木さん、『本当のところ、2月は何を着てますか?』」より
撮影/中田陽子(MAETTICO/人物)、坂根綾子(静物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリング協力/田澤美香 デザイン/hoop. 構成/三尋木奈保
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.08.25

編集部のおすすめ Recommended

Oggi9月号のP.181に掲載しておりますポメラートのリング名は、正しくは「NUDO」です。お詫びして訂正いたします。

Feature