Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 海外
  4. OL旅に欠かせない香港SNSスポットはこちら!【インスタ映え香港旅】

LIFESTYLE 海外

2017.12.07

OL旅に欠かせない香港SNSスポットはこちら!【インスタ映え香港旅】

もはや海外旅行はインスタ映えで選ぶ時代。今回は香港で話題のノスタルジックなスポットをご紹介。まるで映画みたいな場所をご案内します。100万ドルの夜景だけじゃない、ガイドブックには載っていない香港がこちらに。

門司紀子

高層ビルが建ち並び、きらびやかな夜景のイメージが強い香港ですが、実は今、若者たちの間で意外なスポットが〝インスタ映え〟すると話題に! 今回は旅行ついでにわざわざ撮りに行きたくなるユニークスポットを巡ります。

公団住宅までもがインスタ映え!

彩虹邨(Choi Hung Estate)

壁が虹色に塗られた公団住宅。1965年香港建築師学会で賞を受賞したという古い建物でレトロな雰囲気がありながらも、バスケットコートやヤシの木がユニークなアクセントに。取材班が訪れた際には、香港の若いカップルが多数写真を撮る横で、おじさま&おばさまが体操していたり、みかんの皮を干していたり…そのギャップがまた楽しいスポットでした。

住所:Choi Hung Estate,Choi Hung
アクセス:MRT彩虹(Choi Hung)駅から徒歩約5分

南山邨(Nam Shan Estate)

公団住宅の中にある生鮮市場の屋上へ上がると、昔懐かしい古い遊具があってノスタルジック。鮮やかなグリーンに塗られた壁をバックに、香港の若いインスタグラマーを真似て記念撮影を。活気のある生鮮市場は吹き抜けの2階から撮影すると楽しい写真に。

住所:Nam Shan Chuen Rd,Shek Kip Mei

アクセス:MRT石硤尾から徒歩約5分

レトロモダンなローカルマーケットで1960年代の香港にタイムスリップ!

逸東邨(ヤットン)の香港街市

香港には各エリアに地元の人たちも足繁く通う街市(ガイシー)と呼ばれるローカルマーケットが。ローカルマーケットというと薄暗くて雑多なイメージがありますが、昨年リニューアルした香港空港近くにある「香港街市」は清潔感あふれる明るい雰囲気で大賑わい!

1960年代の香港をイメージしたテーマパークのようなつくり。九龍シティを低空で飛行機が飛んでいるような展示があったり、レトロなポストが並んでいたり…見ているだけでも楽しい空間!

野菜果物から精肉、鮮魚まで、豊富な品ぞろえで、各店ディスプレーがダイナミック。なんと生きている鶏もそのまま売られています。パンや惣菜、麺・粥などちょっとした軽食を食べられるお店もあるので、朝イチで訪れるのもおすすめ。

トイレの手洗い場もレトロでかわいい!

住所:G/F,Yat Tung Shopping Centre,Tung Chung
営業時間:7:00~20:00
アクセス:MRT東涌(Tung Cung)駅から38番バスで終点下車

協力/香港政府観光局香港航空

門司紀子

大学在学中に女性ファッション誌の編集アシスタントを経て独立。フリーランスエディター&ライターとして、『Oggi』や『美的』などで企画・撮影ディレクション・執筆までを担当。担当する記事はビューティ関連をメインに、食、料理、旅、ファアッション、ゴルフまで多岐にわたる。また、ヘルシーなケータリングサービス〝mon deli〟も手掛ける。キレイを意識したメニューは撮影現場でモデルやエディターからも好評。強靭な胃腸をもつ食いしん坊がゆえ、趣味は弾丸食い倒れ旅。
Instagramアカウントは@norikomonji


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.12.13

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

Oggi1月号で値段の間違いがありました。133 ページ”J&M デヴィッドソン”のバッグの値段は、正しくは¥210,000(本体価格)です。お詫びして訂正いたします。

Feature