Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. バストアップ
  4. 女性が下着を選ぶときの気持ちを花に託して~ワコールのアートイベント開催

BEAUTY バストアップ

2017.11.07

女性が下着を選ぶときの気持ちを花に託して~ワコールのアートイベント開催

ワコールが11月7日(火)から11月12日(日)に展覧会を開催します。下着を選ぶときの気持ちをさまざまなジャンルで活躍する5人の女性アーティストが花をテーマに表現。

ワコールが、展覧会「one fine day ~素敵な下着からはじまる私の一日~」を青山で開催

ワコールが11月7日(火)〜11月12日(日)の期間、青山にて展覧会「one fine day~素敵な下着からはじまる私の一日〜」を開催します。

展覧会では、目覚めの朝、女性が下着をえらぶときの気持ちを、フラワーショップでたくさんの花々に囲まれたときのときめきや、一輪の花をえらぶときの丁寧な所作になぞらえ、さまざまなジャンルで活躍する5人の女性アーティストの方が表現。下着のもつ新たな価値を提案します。

展覧会会場で使用する生花は、参加アーティストの“edenworks”篠崎恵美さんが考案されたドライフラワーショップ“EW.Pharmacy”により、ドライフラワーへと生まれ変わり、会期後、来場者の中から抽選でプレゼントされます。

■「one fine day~素敵な下着からはじまる私の一日~」開催概要
会場:スパイラルガーデン(東京都港区南青山5-6-23スパイラル1F)
会期:2017年11月7日(火)~11月12日(日)
時間:11:00~20:00 入場無料
イベントサイト

■期間中イベント アーティストによるトークセッション
篠崎恵美(edenworks・フラワーアーティスト)×Loveli(モデル・アーティスト)
日時:11月11日(土) 17:00~18:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
※当日11:00より、展覧会会場受付にて、整理券を配布(先着順60名限定)

■参加アーティスト(五十音順、敬省略)

参加アーティスト

・KUNIKA(スイーツアーティスト)
日本菓子専門学校卒業。マンダリンオリエンタル東京でパティシエとして修行し、スイーツアーティストとして独立。独自の感性でスイーツとアートを融合した世界観を表現し、新たなジャンルを広げている。現在は拠点をロンドンに移して活動中。

・篠崎恵美(edenworks・フラワーアーティスト)
独自の感性で花の可能性を見つけ、植物と様々なアイテムを使って店内装飾からウインドウ、雑誌、広告、CM、ミュージックビデオなど、花にまつわる様々な創作を行っている。また、2015年にフラワーショップ「edenworks bedroom」を代々木上原にオープン。さらに今年は紙の花のプロジェクト“PAPEREDEN”をミラノで発表。また、ドライフラワーショップ「EW.Pharmacy」も奥渋谷にオープンさせた。

・多田明日香(アーティスト)
1986年生まれ。2010年武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。2012年押し花で女性の骸骨を形づくった作品『flora』を自費出版。2015年飛鳥新社より『flora』を一般発売。現在、広告代理店で働きながらセルフワークとしてブランド「La」を立ちあげ、オリジナルのグラフィックをプリントしたスカーフを展開している。

・maegamimami(イラストレーター)
群馬県出身。女性誌・広告・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動するイラストレーター。また、クッションをはじめとする刺繍作品を展開するアーティスト。女性をモチーフにした作品が主。TVドラマ「カルテット」のポスタービジュアルのイラスト制作や、TVドラマ「セシルのもくろみ」のイメージビジュアル全般を担当するなど幅広く活躍。作品集「maegamimami Grab The Heart」(宝島社)が発売中。

・Loveli(モデル・アーティスト)
モデルとしてメディアで活躍する一方で自身の世界観を綴った詩や写真、絵などの発表を行うなどしてアーティストとして活躍の幅を広げている。近年ではフィリピン観光省と共にフィリピンのPR事業への活動など。自身の詩集「愛は愛に愛で愛を」(宝島社)が発売中。そして自身が編集長を務めるWEBマガジン『KILIG』を配信。

ワコール


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.11.20

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

●Oggi12月号で値段の間違いがありました。236ページ掲載の”パーカー”のボールペン(下)の値段は、正しくは¥20,000です。訂正いたします。

Feature