【ニッポン美肌県グランプリ】2位が「秋田県」、果たして1位に輝いたのは!? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. feature(beauty)
  4. ビューティニュース
  5. 【ニッポン美肌県グランプリ】2位が「秋田県」、果たして1位に輝いたのは!?

BEAUTY

2018.11.17

【ニッポン美肌県グランプリ】2位が「秋田県」、果たして1位に輝いたのは!?

株式会社ポーラが「ニッポン美肌県グランプリ2018」を開催。日本で最も美しい肌を持つ都道府県が決まりました。

47都道府県が対象!「ニッポン美肌県グランプリ2018」

ニッポン美肌県グランプリ2018」は、全国47都道府県を対象に、1年間(2017年9月1日~2018年8月31日)集めた女性の肌データ(564,608件※1)を分析し県別に集計。全8部門(肌がうるおっている、キメが整っている、毛穴が目立たない、シワができにくい、くすみがない、シミができにくい、ニキビができにくい、マイクロダスト※2に強い)の合計値から偏差値を算出し、総合順位を決定。

※1 アペックススキンチェック実施件数(2017年9月1日~2018年8月31日)
※2 ポーラが付けた名称(排気ガス・工場の煙・チリホコリ等のPM2.5、黄砂、タバコの煙、花粉等)


第3位:石川県

昨年2位から1ランクダウンした「石川県」ですが、北陸美肌は健在です。

「キメが整っている」部門7位、「シミができにくい」部門6位と好成績で、「シワができにくい」「くすみがない」部門でも上位に。

石川県

全般的にどの項目もランキングが良く、美しくバランスの整った肌の女性が多いことが分かります。ストレスや睡眠不足、疲れを訴える人が減っているほか、紫外線に当たる機会が減った人も増え、生活習慣が改善された方が増えたということが、昨年よりも8項目の総合点を上げたことにつながっていると考えられます。

第2位:秋田県

秋田県は昨年3位から1ランクアップし、堂々の2位に。

「シミができにくい」部門で昨年に引き続き堂々の1位を獲得、色白の秋田美人は健在。「毛穴が目立たない」部門4位、「キメが整っている」部門5位と、色白とあわせて美しい肌の持ち主であることが分かります。

秋田県

日照時間※3の少なさにおいても1位で、1年を通して紫外線の影響を受けにくかったことも、色白な肌を保ちやすくした要因のひとつでしょう。

第1位:島根県

島根県は、昨年6位から5ランクアップし、3年ぶりに首位奪還を達成。

「肌がうるおっている」「ニキビができにくい」「マイクロダストに強い」部門が1位、「毛穴が目立たない部門」11位と、肌の保湿や保護において重要な役割を果たしている角層の状態が良いことが判明。

島根県

「キメが整っている」「シワができにくい」「くすみがない」部門では20位台でしたが、昨年より多くの部門でランキングを上げています。

環境面では、夏場の日照時間※3の少なさが47都道府県中30位と、紫外線の影響を他県より多く受けていた可能性があるものの、生活面において、ストレス軽減や食習慣の改善など美肌によい習慣が増えたことが、首位奪還の要因と言えるようです。

※3 日照時間:気象庁HPより(2017年9月1日~2018年8月31日)


「ニッポン美肌県グランプリ2018」1位は島根県なのですね! 3部門で1位なんて素晴らしい。やはり、ストレスの軽減と食生活の改善が美肌に繋がるようです。

調査/株式会社ポーラ

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.06.16

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.155に掲載しているパンツのブランド名に誤りがありました。正しくは、エイチ ビューティー&ユース〈トランスファレンス〉になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature